【宇宙開発】NASAのSLS計画 2025年までに小惑星への有人探査を実施、2030年代には火星へ人類を運ぶ


 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1316094285/ 
 
1 名前:星降るφ ★[] 投稿日:2011/09/15(木) 22:44:45.61 ID:??? 
  2030年代に火星へ、SLS計画  
  National Geographic News  
  September 15, 2011  
   
   NASAが14日に発表したSLS(Space Launch System)は、開発費用100億ドル  
  (約7660億円)の巨大プロジェクトだ。画像は発射されるSLSロケットの想像図。  
   
   バラク・オバマ大統領は就任当初から、前政権で進めていた月探査計画を打ち切り、  
  火星や小惑星など、より遠方の宇宙空間への有人飛行を目指す新しい方針を示していた。  
   
   スペースシャトルの積載量は約25トンだったが、新型ロケットは70トンの物資を  
  搭載でき、将来的にはその2倍近い物資の輸送を可能にする予定だ。 SLSのロケットには、  
  これまで実績があるスペースシャトルのメインエンジンや外部燃料タンクなど多くの技術が  
  再利用され、開発・運用コストの削減を実現させる。また、ロケットの燃料にはシャトルと  
  同じ液体水素や液体酸素が使用される予定となっているが、改良型の固体燃料の活用も  
  検討している。  
   
   新型ロケットの完成予定は2017年で、まずは無人での試験飛行を実施する。オバマ  
  大統領は、2025年までに小惑星への有人探査を実施し、2030年代には火星へ人類を運ぶ  
  ことを目標に掲げている。  
   
  ▽記事引用元  ナショナルジオグラフィック ニュース  
  http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011091507&expand#title  
   
  ▽画像  NASA公式サイトから  
  http://www.nasa.gov/images/content/587939main_BLOCK_1_LAUNCHING_HIGH_2_946-710.JPG
 
   
  ▽関連  NASAのSLSページ(最新ニュースや画像ギャラリー)  
  http://www.nasa.gov/exploration/systems/sls/index.html  
 

  
2 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/15(木) 22:50:03.19 ID:hhpWoUTG 
  そういえばずいぶん前に  
  「2005年までに大林組が火星に資材置き場を作る」  
  という計画があったんだけど  
  いつ頃立ち消えたんだろ?  
 
7 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/15(木) 22:55:24.08 ID:knzkuZPU 
  >>2  
  火星に資材置き場作ってどーすんだよ?ボゾンジャンプでも使えれば実用になるが…  
 
10 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/15(木) 23:00:07.01 ID:hhpWoUTG 
  >>7  
  俺に言うな  
  ネタじゃなくてガチなんだぜw  
  1990年代だと思ったけど  
   
 
5 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/15(木) 22:53:33.34 ID:ZndNSOCJ 
  火星に執着しているが  
   
  火星はやっぱり住める可能性が月より高いのかな  
 
80 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/17(土) 23:11:17.69 ID:Eab0bJFZ 
  >>5  
  火星なんて遠いし、磁場ねーし、つかえません。  
  金星のほうがなんぼかマシ。  
 
87 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 01:24:26.62 ID:rfwzKzuL 
  >>80  
  金星の自転周期:116.7506日  
  仮に平均気温を下げることが出来たとしても、昼は灼熱、夜は極寒  
  生物が生息するのには適しません  
  自転周期を変える何らかのアイデアをお持ちなんでしょうか  
 
90 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/18(日) 02:58:08.45 ID:q1rR7W67 
  >>87  
  火星の自転周期はほぼ地球と同じだと思うが・・・  
 
94 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 03:09:30.00 ID:3bh/lTqy 
  >>87  
  金星は大気がまず問題だろ。  
  大気の保温があるから夜でも極寒にはならない。  
 
98 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 08:32:29.65 ID:pknklpkh 
  >>80  
  金星は水がないんでしょ?  
   
 
6 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/15(木) 22:55:08.68 ID:7Zfq9Qcn 
  まだ火星かよショボすぎる  
 
48 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/16(金) 09:10:31.97 ID:gjFh+ZIh 
  >>6  
  火星行きがショボく感じるところまで進歩したんだと思うと胸熱。  
  昔は月に行くのでスゲーだったから。  
   
 
8 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/15(木) 22:56:08.66 ID:h4MlUslz 
  日本のはやぶさへのライバル意識&嫉妬ですかな?wwww  
 
9 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/15(木) 22:59:39.56 ID:9XKslRiw 
  >>8  
  チョンみたいなものの見方やめれ  
 
13 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/15(木) 23:09:02.55 ID:7SaB3JLV 
  人類で初めて火星に行くのは、多分中国人。  
  間違いないな。  
   
  でも、初めて火星から生還するのはアメリカ人か日本人だろう。  
 
25 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/16(金) 00:06:02.47 ID:c5PKZyhY 
  >>13  
  ちょっとワロタ  
  でも行って帰ってこなきゃ誰も認めてくれないのでは  
 
19 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/15(木) 23:34:15.96 ID:uO6UKB+t 
  >>1  
  アレスと、Direct/jupiterを合わせたようなロケットだな  
   
 
21 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/15(木) 23:47:46.66 ID:89paz5YG 
  こんなのより  
  エウロパやタイタンに無人探査機送れよ  
 
155 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/20(火) 00:27:56.21 ID:5vZHN5o2 
  >>21  
  全く同意。  
  死ぬまでに地球は孤独ではなかった事実を確認したい。  
  火星に人行くなんざ後回しや。  
   
 
29 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/16(金) 00:34:19.69 ID:c4JHlVAC 
  ペイロード140トンか。すごいな。  
 
30 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/16(金) 00:42:35.35 ID:NPYFuc2X 
  近年のSF映画で火星にまともに行けたのってないような気がするわ。  
  たいてい太陽フレアか小惑星群、デブリで船体を損傷して。。、。っていうパターンがほとんど。  
  それとAIの暴走。  
   
  やっぱ宇宙ってネタがないなwオーソンウェルズの時から5パターンくらいを使いまわしてるだけw  
 
108 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/18(日) 13:38:54.62 ID:h+GE4yTQ 
  >>30  
  宇宙って言っても、狭い穴倉みたいな所で長期間引き篭もってるだけだからなぁ・・・  
 
33 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/16(金) 01:21:55.41 ID:c4JHlVAC 
  宇宙エレベーターって地上の付け根をぶち切れば宇宙に向かってすっ飛んでいきそうな気がする  
 
35 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/16(金) 01:30:24.41 ID:c4JHlVAC 
  こんなシミュレーションみつけた  
   
  ttp://gassend.net/spaceelevator/breaks/index.html  
 
45 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/16(金) 08:03:51.03 ID:bKGvEypM 
  デフォルトしようという国が余裕だな。  
  公務員の年金を回すとか言う話はどうなった?  
  核兵器を持っているとこんなことが出来るのか。  
  そこにそんなお金があるのか。余裕があるなら米国債を押しつけるな。  
 
49 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/16(金) 09:16:52.33 ID:kIyzu1ez 
  >>45  
  アメロを発行して、新ドルに切り替える  
 
47 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/16(金) 09:01:58.35 ID:KaVmhFaY 
  火星のお空キレイ(*゚ー゚)  
  ttp://mars-news.de/color/12B069.jpg
 
 
60 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/16(金) 12:47:55.42 ID:Ze/4wlaP 
  >>47  
  ランダーから眺めたクリュセ平原の景色。  
  クリュセ平原は、火星の北緯22度、西経50度に位置している。  
  この平原は巨大な岩石やさらさらした砂や塵で覆われた広大な低地である。  
  http://www.planetary.or.jp/Library01/library19.html  
 
52 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/16(金) 10:27:02.30 ID:AFwSAZDF 
  シャトルが無ければとっくの昔に  
  有人火星、有人木星軌道は達成出来てたな  
 
81 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 23:15:55.99 ID:tKdQd4q2 
  >>52  
  ただし片道キップ  
   
 
62 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/16(金) 19:30:33.14 ID:FMjlB6jo 
  >>1  
  70tて何を運ぶんだろ?  
   
 
66 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/16(金) 21:08:26.13 ID:kIyzu1ez 
  >>62  
  居住棟  
 
63 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/16(金) 19:32:44.32 ID:FMjlB6jo 
  宇宙ステーションならこれ一回で運べるんじゃね?と思ったが  
  あれは420tもあるんだな  
  このロケットでも6回かかる  
 
69 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/16(金) 22:25:15.22 ID:nV+xPB3+ 
  >>63  
  アポロ計画のサターンVロケットがあれば  
  スカイラブモードで三回打ち上げれば、ISSのアメリカ担当部分が完成してた。  
 
67 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/16(金) 21:12:14.88 ID:gjFh+ZIh 
  2050年に先送りになることはあっても「目標は火星」というのは変わらないだろうな。  
   
 
68 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/16(金) 22:12:39.74 ID:nV+xPB3+ 
  >>67  
  2040年になったら目標が2100年になるな  
 
73 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/17(土) 05:48:52.65 ID:MLAOLsEF 
  シャトルはどんだけ貴重な宇宙資産を食いつぶしたことか  
 
77 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 19:25:48.86 ID:j6cl1h4p 
  >>73  
  一回の打ち上げにつきH2Bの8倍以上の予算がかかります・・・・・円高だからH2Bもドル換算だと  
  馬鹿みたいに高いのにその8倍以上です  
 
79 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 22:41:49.66 ID:XuE0rNSV 
  アレスとはいったいなんだったのか?  
 
82 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/17(土) 23:24:34.86 ID:8XLAeFCx 
  >>79  
  シャトル関連企業の救済事業  
 
86 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/18(日) 00:18:39.22 ID:2xKA4/c5 
  はやぶさがギリだったから有人探査は危ないんじゃない?  
 
109 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 14:30:55.68 ID:YgKKbcbv 
  >>86  
  はやぶさと同じことを有人機でやろうとしたら  
  どんだけのテクノロジーが必要なんだろう  
   
  まず人間+生命維持環境がすげえ総重量のはずだ。  
  そんなもんイトカワに接触させたら  
  ボールをフルパワーで蹴ったも同然に吹き飛ばしてしまうから、  
  生活環境込みの大型宇宙船から  
  小型の無人機を放出するのかね  
   
  人間が明らかにお荷物  
 
112 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/18(日) 15:11:10.79 ID:6TEtP68U 
  >>109  
  >まず人間+生命維持環境がすげえ総重量のはずだ。  
   
  その代り、微小小惑星の探査、開発なら、着陸・離脱の装備や燃料が不要。  
  着陸のための膨大な燃料、パラシュート、ランディングギア、  
  離陸のためのエンジンや燃料、それらの装備が全く要らない。  
   
 
113 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 15:48:14.24 ID:1nX9KOLQ 
  >>109  
  探査活動という意味では有人の方が楽じゃないかなあ  
  人間ほど融通の効くプローブはない  
 
114 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 16:00:26.38 ID:eC1naTJK 
  >>113  
  その通りだと思うけど、とんでもなく邪魔なのも事実だと思う  
  だから、機械で有人と同じくらいの調査を出来るようにする開発と  
  有人で遠くまで行く開発、両方必要だと思います  
   
 
88 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 02:40:58.37 ID:SWdV8ScN 
  それを言うなら火星だって自転周期は24日で  
  どっちもどっち  
  宇宙植民はどうみても絶望的だなw  
 
89 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/18(日) 02:42:47.55 ID:6TEtP68U 
  とりあえず、重力1/3の火星の方が着陸も離脱も楽。  
   
 
91 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 03:02:33.75 ID:rfwzKzuL 
  火星の自転周期:24.6229 時間  
  どうしよう0.6時間も差があるよ  
 
92 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/18(日) 03:04:21.69 ID:6TEtP68U 
  >>91  
  大丈夫。人間の生体リズムは約25時間。  
  火星ならジャストフィットだ。  
   
 
93 名前:88[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 03:05:36.32 ID:SWdV8ScN 
  取り消す、イラン恥かいた  
 
95 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 03:14:13.92 ID:6TEtP68U 
  >>93  
  過ちを素直に認める姿勢カコイイ  
   
 
96 名前:88[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 03:30:05.35 ID:SWdV8ScN 
  >>95  
  こんな凡ミスで意地はってもしょうがねぇ  
 
97 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 04:23:53.38 ID:rfwzKzuL 
  >>96  
  それができない奴が多いんだよ、ここ  
  だからカッコ良いよあんた  
 
100 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/18(日) 10:38:19.74 ID:WHbSWALC 
  NASA まとめ  
   
  アポロ→ 無人システム  
  ジェミニ → 無人システム  
  シャトル → 有人システム(廃棄済み)  
   
  現在 → 有人システム未稼働  
   
   
  (´・ω・`) ショボーン  
 
101 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/18(日) 10:44:59.26 ID:WHbSWALC 
  NASAがISS無人化計画に着手、露貨物船打ち上げ失敗で  
  http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-23065020110907  
   
   
 
102 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/18(日) 10:50:10.17 ID:WHbSWALC 
  宇宙服のレントゲン写真(スミソニアン航空宇宙博物館)  
  http://karapaia.livedoor.biz/archives/52029379.html  
   
  X線を通過、スカスカ  
 
103 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 10:50:44.58 ID:+fnI9byd 
  NASAがこのところ急激に小惑星への関心を増大させているのは  
  それがゆくゆく実益につながると考えているから、ということになるが  
  何だろう  
  資源探査? それとも隕石迎撃計画の一環?  
 
105 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/18(日) 12:04:21.99 ID:DlTKxVGn 
  >>103  
  「地球に二十分の一の確率で衝突する小惑星がある。アメリカが軌道を変えてやるから金よこせ」と  
  諸外国に金を要求するビジネスを始めるつもり。ただし巨大すぎる隕石はどうしようもない。  
  適当な大きさで都市を壊滅させる程度の大きさのものだけを相手にする。  
   
  それから放置しても衝突しないかもしれないという当て物な性質もあったりする。  
  しかしNASAより正確な軌道計算ができる国もなかったりして、衝突しないことを知った上で  
  話をもってくる可能性もある。  
   
 
106 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 12:17:38.71 ID:DlTKxVGn 
  火星有人探査となると、国際宇宙ステーションよりでかい船になるよね。多分。  
  燃料だのロケットエンジンだの2年分の食料だの空気だの、火星での居住施設だの、  
  何度も地球から物資を打ち上げて地球の軌道上で組み立てて、それから火星に出発。  
  かなり大変。  
 
107 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/18(日) 12:30:08.79 ID:WHbSWALC 
  >>106  
   
  NASA 将来の目標 ~火星旅行するお、人類の夢が叶うお~    
   
  NASA 今の現実 ~ISSに、カロリーメイト1個すら届けられません・・  
   
   
   
  (´・ω・`) ショボーン  
   
 
115 名前:ココ電球 _/::o-ν ◆tIS/.aX84. [] 投稿日:2011/09/18(日) 16:20:15.28 ID:UVu6gycd 
  残念だが今のアメリカにはそんな技術力などない。  
  新自由主義で技術者を大量にスポイルしたからな。  
  今アメリカにいるのは技術者ではなく技術者を演じている人だ。  
  この計画は頓挫するだろう。  
  そしてアメリカの威信を見せるつもりが、構造的凋落を確認することになるだろう。  
 
119 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 17:24:07.38 ID:h+GE4yTQ 
  そもそも人が小惑星や火星に行く理由ってのがロマン以外ないからなぁ。  
  巨大隕石群が地球襲来で人類滅亡の危機!な状況でないと難しいだろう。  
   
  >>115  
  宇宙開発は量産技術いらないから天才が何人かいれば回りますがな。  
  それに軍事技術の転用もできるし。  
  冷蔵庫も作れないソ連があれだけの実績を残してるしね。  
 
121 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 18:49:56.29 ID:YgKKbcbv 
  >>119  
  逆に言うと、技術的になんらかの壁にぶち当たったら  
  どれだけ金をつぎ込んでも出来ないものは出来ない  
   
  これが出来る人は外国のどこそこのチームにしか居ません、ということになったら  
  そこと組めない限り  
  自前ではどうやっても出来ない  
   
  普通の産業は  
  金と時間をかけて精度を下げれば基本なんでも作れる(兵器とか)のに対して  
  宇宙開発は精度を下げる  
  イコール  
  目標達成が不可能になる  
  シビアなもんだなー  
 
117 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 17:19:47.83 ID:WHbSWALC 
  >>  
   
  NASA 将来の目標 ~火星旅行するお、人類の夢が叶うお~    
   
  NASA 今の現実 ~ISSに、カロリーメイト1個すら届けられません・・  
   
   
   
  (´・ω・`) ショボーン  
   
 
122 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/18(日) 19:03:08.07 ID:2fFp38xZ 
  >>1  
  お約束のアポロ捏造スレになるかと思いきや、ぜんぜんならない。  
   
   
  2ちゃんねるに何がおきたんだ?  
 
123 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 19:16:35.19 ID:2TfQGEIx 
  ブッシュ時代の奴の焼き直しじゃねーかw  
  月探査を中止したのはまあいいけど、スペースシャトル関連企業の利権は切れなかった感じ。  
 
125 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 19:22:48.34 ID:IkmacoSF 
  >>123  
  上院が予算出す条件として液酸/液水+固体の構成でやれって異例の決議を出してたからな  
  NASAは密かに…でもないが将来的にSRBをケロシンブースタに変えようと企んでる  
 
127 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/18(日) 19:48:54.01 ID:2fFp38xZ 
  >>123  
  >焼き直し  
  後学のため、くやしく  
 
126 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 19:29:53.37 ID:2TfQGEIx 
  米国にはデルタもアトラスもあるのに、こんなん作らんでもええと思うんだけどなあ・・・。  
  どうせ打ち上げ回数は少ないのだから、分割して打ち上げれば、ロケットは今のでもできるんちゃうか。  
 
128 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 19:55:14.62 ID:IkmacoSF 
  >>126  
  現用のEELVの分割打ち上げだと大型ロケットを新規開発して使うよりコストがかかるという試算が出てる  
 
130 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 22:08:07.81 ID:iIuP6Dhs 
  火星まで行くのに片道半年、往復するだけで1年間以上。  
  そんな長期間今想定しているような小さな探査船の中に閉じ込められて、宇宙飛行士は  
  精神的に耐えられるのか。  
  また病気になったらどうする? 探査船が故障したら・・・・助けにも行けない。  
  もっと強力なエンジンを積んだ大型の探査船、次世代の宇宙船を開発してからでないと  
  火星は無理では。  
 
131 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 22:30:30.23 ID:6TEtP68U 
  >>130  
  半年の宇宙滞在はISSで実績を積んでいる。  
   
  水耕栽培の世話や観察による癒し効果、  
  常に課題を与えてモチベーション維持、  
  定期的な通信等、閉鎖生活の研究も進んでいる。  
   
  19世紀の南極と同様、科学的探究や  
  国家の利害を背景にした「探検」「冒険」は、  
  人類の英知の限界を見極める意味がある。  
   
 
132 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/18(日) 22:31:52.91 ID:Yuu0vMVV 
  >>130  
  MARS 500 でググれ  
 
161 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/20(火) 04:53:31.65 ID:J8AI6IB7 
  >>130  
  そういう話なら時間の差を考慮しても  
  多分に火星行きの飛行士よりガガーリンのほうがきつかったと思うよ  
   
 
134 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/19(月) 00:20:36.00 ID:9VL1nBx+ 
   
   
         宇宙  
   
   
         ○   月 (350000km)  
   
   
   
   
   
   
         気象衛星他  (35000km)  
   
   
  10000km - - - - - - - - - - - - - - - -     ← 100年後?  
     
         (ヴァン・アレン帯)  
   
         外気圏  
   
  800km - - - - - - - - - - - - - - - - -  
   
         熱圏 (ISS 350km)          ← 現在ここ ◆  
  80km - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
         中間圏  
  50km - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
         成層圏  
  10km - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
         対流圏  
  地表 - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
   
 
135 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/19(月) 00:21:54.96 ID:9VL1nBx+ 
   
  Q5 人工衛星やスペースシャトルの軌道はどうやって決めるのだろうか?  
  A5 人工衛星などの使用目的や、宇宙の環境によって決める。(JAXA)  
   
  地球のまわりには、太陽や銀河系から「宇宙線」と呼ばれる人体に危険な放射線が  
  飛び交っている。でも地上から1000~5000km付近の上空には、「ヴァン・アレン帯」  
  という地球の磁場で放射線を閉じ込める場所があって、そこから下の高度へふりそそぐ  
  放射線は かなりさえぎられる。だから、人が生活したり宇宙実験をするには、  
  人体に安全な、500km以下の軌道高度が選ばれるのだ  
  http://iss.jaxa.jp/iss_faq/go_space/step_1.html#q5  
   
   
  宇宙服の役割に放射線防御はない・・JAXA  
   
  Q:国際宇宙ステーション(ISS)や宇宙服には放射線から防護する目的の  
  シールドはあるのでしょうか?  
   
  A:打上げ可能な重量などの関係から、現在のところISSや宇宙服には、  
  放射線の遮へいのみを目的とするシールドのようなものは設けられていません。  
  http://iss.jaxa.jp/iss_faq/faq_env_03.html  
  http://iss.jaxa.jp/iss_faq/faq_env_06.html  
   
 
136 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/19(月) 00:22:50.90 ID:9VL1nBx+ 
   
  JAXA 宇宙放射線データ  
  http://airex.tksc.jaxa.jp/dr/prc/japan/contents/AA0063585008/63585008.pdf  
   
  Mクラスのフレア(年 280回発生) ≒ 0.1Sv  
  Xクラスのフレア(年 20回発生)  ≒  1Sv (準致死量)  
  X10クラスのフレア(年 1回発生)  ≒ 10Sv (致死量)  
   
   
  ○太陽観測衛星『ひので』(SOLAR-B)が観測した巨大フレア   
  自然科学研究機構 国立天文台  
  http://hinode.nao.ac.jp/news/070321Flare  
   
  太陽フレアは、太陽系内最大の爆発現象である。太陽フレアが発生すると、エックス線(X線)  
  ガンマ線から紫外線や可視光線、電波にいたるまでのさまざまな波長域で増光が見られる。  
  また、フレアに伴い莫大なプラズマが惑星間空間に放出されることがある(中略)  
  また太陽フレアにより磁気嵐やオーロラ現象が発生したり、地球近傍の衛星や無線通信に悪影響  
  を与えることがしばしばあり、地球磁気圏外では、放射線や高エネルギー粒子が宇宙飛行士の  
  ◆致死量を超えることもある。  
   
 
262 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/25(日) 11:18:43.78 ID:GZLovGX7 
  >>136  
  大丈夫、バケツの作業員も10Sv喰らっても即死しなかった。  
  数日は活動できる。  
  そのあと死ぬけどな…  
 
137 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/19(月) 00:24:54.89 ID:9VL1nBx+ 
   
  ■ ISAS/JAXA 2007   
  生体組織等価位置有感比例計数管による宇宙放射線線量当量計測器の開発III  
  http://surc.isas.ac.jp/SpaceUtilizRes/SUR23_Proceedings/093_Terasawa.pdf  
   
  JAXA/早大  寺沢和洋、道家忠義  
  早稲田大学  永吉勉、藤田康信、石田幸司、菊池順  
  京都大学  身内賢太朗、高田淳史、西村広展、窪秀利、谷森達  
  KEK  佐々木慎一、俵裕子、齋藤究  
  JAXA  松本晴久、込山立人  
  放医研  内堀幸夫、北村尚  
   
  (引用)  
  安全性の確保といった場合に、最も問題になることの一つは、宇宙放射線による定常的な被曝である。  
  大気の存在しない月面もしくは大気が希薄な天体(火星の大気は地球の1 %)においては、宇宙放射線  
  による被曝から決して逃れることができない。従って、月、火星の表面での滞在時は宇宙船内での  
  滞在時と同程度かそれ以上の宇宙放射線被曝を絶えず受けることになるであろう。更に、十分な遮蔽体  
  のないまま超大型の太陽フレアに遭遇した際には、たちまち◆致死量に至る被曝を受けることになろう。  
   
 
139 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/19(月) 00:58:11.01 ID:HNUL7Sm7 
  >>136-137  
  つまりアポロの乗組員は、宇宙船が完全だったとしても太陽の気まぐれで、  
  バケツ臨界の作業員と同じ末路になる可能性もあったわけか。  
 
141 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/19(月) 03:19:44.79 ID:SggFU16L 
  俺は有人宇宙開発の否定派なんだよなあ。  
  「人類が宇宙に行く」ということを、なにも物理的な身体移動でやる必要はねえよ。  
   
  宇宙を先進的な論理や思考で捕らえて挑戦する人は心で宇宙に行ってるんだからな。  
  逆に、言われたままにカプセルの中で耐えてるだけのガガーリンは宇宙に行ってない。  
  宇宙と言う場をリアルに考えられることが大事なんだからな。  
  身体的な移動なんてどーでもいいよ。宇宙時代ってそういう思考だよ。  
   
  実際問題、火星に降り立ったら、目の前に広がる光景はすげー暗いんだよ?  
  探査機の写真みたいな光景が見えると思ったら大間違いだ、あれはカメラが火星表面の明るさや波長に  
  適したカメラであるだけだ。人間の目は地球用にできていて、せいぜい月までしか合わないよ。  
  火星だと、宇宙飛行士が歩くには昼でもライトが必要かもね。遠くを見るにはカメラが要るね。  
  それって、、、有人の意味ねえw  
   
  火星に行っても、飛行士は無人探査機よりも役に立たないw  
  そういうこと、NASAの科学者もよく判ってるはずなんだが、、、まあ政治的な問題なんだろうな。  
   
  無人探査はどんどんやるべきだが。  
 
142 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/19(月) 08:40:30.02 ID:HNUL7Sm7 
  >>141  
  実用本位で考えるとそうなるね。  
  黒船でも来ないかぎり宇宙開拓はモチベーションが維持できないわな。  
  月や火星に人工的な建造物が見つかるとか。  
  小惑星が衝突して地球が住めなくなるとか。  
   
 
144 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/19(月) 15:14:01.95 ID:NtBkOrCz 
  >>141  
  地球並の大気レベルにすれば、晴れで地球の曇り以上には明るくなるよ  
  ストップしてしまって技術継承が無くなれば、戦後日本の航空産業みたいになるよ  
  一昔前までは日本でロケット打ち上げ失敗のニュースが流れるたびに「あーま た か」だったから  
  その数段下のレベルに回復するまで延々半世紀以上かかってるんだよね  
   
  >>142  
  「長期的リスク分散のためにスペアは必要」とはかのセーガン博士のお言葉  
   
  破局的事態なんて隕石や戦争以外にも様々なリスクがある  
  7万年前は大規模火山噴火による寒冷化で人類そのものが絶滅の危機  
  億年単位だとシベリアのブルームで温暖化スパイラル、その前は超絶フレアで生命自体が絶滅寸前  
  更にカンブリア以前に遡れば全球凍結  
  12000年前だって人類にしてみりゃ深刻な事態で、5~10世紀は寒冷化で長期的な人口停滞  
  18世紀初頭だって火山噴火で「夏の来ない北半球」で食糧危機で餓死者多数で穀物相場は10倍以上  
  1994年だって規模の割と大きな火山噴火で夏の気温と日射量がほんの少し落ちただけで凶作  
  相場が暴騰してタイ米を輸入していた状態  
  現代は国際的に相互依存のシステムだから、千年に一度クラスなら全世界的な黒船クラスの脅威になる  
 
145 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/19(月) 17:09:24.08 ID:HNUL7Sm7 
  >>144  
  そういう危機って地球の外に出たところで解決しないのでは。  
  そういう状態になっても、火星や金星、地球以外の太陽系天体の自然環境とくらべれば地球は極楽。  
   
  農業やバイオ、エネルギー開発に力をそそいだほうが解決できる可能性は高い。  
  地球近傍をうろちょろしたところで解決しない。  
   
  黒船というあからさまな外敵だと燃えるよね w  
  躊躇無くやっつけても良心もとがめないような人間ばなれした敵だとなおさら。  
  黒船もってるような相手だと返り討ちという可能性も高そうだけど。  
   
 
147 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/19(月) 18:58:50.34 ID:B16D8u8y 
  >>145  
  宇宙人だと光速以上の移動手段を持ってる可能性が高いからフルボッコだな。  
  適度な相手ということで隕石でお願いしたいw  
 
148 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/19(月) 21:01:26.75 ID:9ESGzukG 
  >>141  
  太陽―火星間は、太陽―地球間の1.5倍くらいの距離で  
  光度は地球の1/2に落ちるくらい  
   
  斜めから光が差し込んで昼間の1/10ぐらいの  
  明るさになっている地球の夕暮れでも明るいのに  
  火星の昼間は十分な明るさがあるとは思わないのか  
 
151 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/19(月) 21:47:39.10 ID:YW3otBFq 
  >>148  
  アポロで月まで行って旗立てて石ころ拾ってきたのがなんだって?  
  サンプルリターンも月面車での調査もソ連は無人でヤッてる  
  日本の誇るはやぶさも無人だそれで充分。  
 
146 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/19(月) 17:44:16.49 ID:YW3otBFq 
  黒船クラスの危機  
  蒸気船4隻文化どう見ても大した事無いなw  
 
149 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/19(月) 21:35:57.61 ID:1YrjntZl 
   
  最近のガキはここの動画でコメントしてるような奴ばっかなのかな  
  だとしたら強引にでもアメリカに成功してもらいたい  
  アポロの話はすごくわくわくしたし  
  火星に人類がたったら今の日本の子どももわくわくしてもっと宇宙というか科学に興味を持つはず  
 
152 名前:151[sage] 投稿日:2011/09/19(月) 21:49:56.21 ID:YW3otBFq 
  アンカー訂正  
  >>149  
  アポロなんてアメリカ自身がカネかかりすぎって17号で打ち切っちゃったやん  
 
154 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/20(火) 00:23:33.03 ID:kKNNgujZ 
   
   
  ◆NASA 2000年以降・・  
   
   
  2003年  スペースシャトル大爆発2回目  
  2004年  スペースシャトル廃止決定、月有人計画再開  
  2009年  月有人計画廃止  
  2011年  ISS一時無人化  
  2020年  ISS廃止  
  2023年頃 ISS大気圏突入、消滅  
  2030年頃 新型ロケット&カプセル完成、再び高度 350kmへ  
  2040年頃 新型宇宙服完成、高度 1000km超へ  
  2050年頃 米国政府財政破綻で、有人計画廃止  
       
   
  NASAがISS無人化計画に着手、露貨物船打ち上げ失敗で  
  http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-23065020110907  
  宇宙服のレントゲン写真(スミソニアン航空宇宙博物館)  
  http://karapaia.livedoor.biz/archives/52029379.html  
  X線を透過、スカスカ  
   
 
156 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/20(火) 00:29:02.84 ID:kKNNgujZ 
   
  2011年 NASA  
   
  有人カプセル  未完成  
  無人カプセル  未完成  
  誘導システム  未完成  
  宇宙服     未完成  
   
   
 
157 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/20(火) 00:31:56.15 ID:kKNNgujZ 
   
  あやめ……米国製アポジモータ点火後行方不明  
  あやめ2…米国製アポジモータ点火後行方不明  
  ひまわり6(米国製)…姿勢制御コンピュータ故障で一時交信途絶、RW故障で一時欠測  
  だいち……米国製トランジスタ不良発覚で打ち上げ1ヶ月延期  
  みちびき…米国製RW不良発覚で打ち上げ1ヶ月延期、米国製原子時計故障  
  はやぶさ…米国製RW故障  
  のぞみ……米国製燃料バルブ故障、火星周回軌道投入断念  
  あかつき…米国製燃料バルブ故障、金星周回軌道投入断念(再挑戦?)  
   
 
160 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/20(火) 02:30:22.61 ID:cof3izUP 
  実現性で言えばガンダムよりもスコープドック  
   
 
162 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/20(火) 16:41:32.21 ID:u1HcmWfc 
  >>160  
  たしかに。  
  ATってのはユンボの親戚だよな。  
 
163 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/20(火) 17:03:23.00 ID:FGoXS5nf 
  >>162  
  IBMのパソコンだよ。  
 
164 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/20(火) 18:52:30.18 ID:KFyFH6Xr 
  コロニーなんか作ろうとしたら、>>1の新型ロケットでも何万発も打ち上げる必要があるな。  
  ちなみに原油輸送につかわれる大型タンカーで30万トンくらい。  
  このサイズのコロニーを作るとしたとき、新型ロケットのペイロードは70トンだから、  
  部品2486回にわけて打ち上げ、軌道上で組み立てることになる。  
  しかしコロニーというからには、タンカーよりはるかに大きいはず。  
   
   
 
165 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/20(火) 19:51:40.05 ID:APsizjPY 
  >>164  
  今はまだ無理でも、月でコロニーの部材を作るのはどうだろう  
   
  リアルタイムで人間の動きをトレースする遠隔操作ロボットを開発して、月に送り込み基地を作る。  
  その後、掘削機械や月でも製鉄加工の出来る機械を地球から送り徐々に工場を広げていく。  
   
  月だと遠隔操作のタイムラグはどれくらいなのだろうか。技術的にはまだ先の話だけど、人が常駐するよりはコストと設備がかなり簡略化出来て現実的だと思う  
   
 
166 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/20(火) 20:35:44.19 ID:zXjHJfEx 
  >>165  
  確か、ガンダムシリーズのスペースコロニーも、  
  宇宙の鉱物資源で作ってたしな。  
   
  そのせいで、初期の宇宙開拓民は  
  まともな生活空間さえ与えられないまま  
  地獄の労働生活を強いられたわけだが  
 
168 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/20(火) 23:53:28.05 ID:KiNiXXXw 
  >>165  
  あるいは 小惑星 移動中に精錬すれば 効率的  
  もちろん このぐらい無人で行う  
   
 
169 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 00:15:04.82 ID:qR2u2Rwa 
  >>165  
  月に都市建設→主成分が鉄の小惑星を地球圏へ運ぶの順番じゃない  
  月の砂だと岩とかコンクリみたいなものだからコロニーの部材には適してないはず  
   
 
174 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/21(水) 03:27:31.04 ID:+FJhgdOd 
  >>169  
  月の都市建設はむしろ最後。  
  月面を往復するエネルギーが丸々無駄。  
   
 
177 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/21(水) 06:54:53.95 ID:qdv57keU 
  >>165  
  月は空気がないから、石油エネルギーを有効には使えない。  
  鉱物掘削の重機もぜんぶ電気式のものを開発しなきゃいけないし、  
  精錬には莫大なエネルギーがいるから原子炉か、気が遠くなるほどの太陽電池パネルが必要。  
  それらを全部遠隔操作で作るなんてまず不可能だから、人も多数おくりこまなきゃいけない。  
  だからやっぱり何千何万といった回数、ロケット打ち上げる必要はあるだろうね。  
   
  ロケットの大型化ってどこらへんまで可能なのかな。  
  今でもかなり巨大だと思うけど。  
 
179 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 08:13:47.64 ID:i1x2aESQ 
  >>177  
  ヘリウム3が大量にあるので…やっぱり核融合ないと厳しいな。  
 
180 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 11:08:26.48 ID:QMtrVJ1p 
  >>177  
  んなことない  
  月の極には思った以上にまとまった水が存在することが確認されているから  
  そこから水素を取り出せばジェット燃料や発電用にも使える  
  無論酸素と水なんで、生活用としても使える  
  問題は窒素の調達  
 
185 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 12:58:13.91 ID:7p9GdRQd 
  >>177  
  月を酸素で充満させて月地表を1気圧にすることは可能  
   
  そんなに難しくないが  
  酸素100%では危ないので酸素:窒素=2:8ぐらいにしたい  
  しかし窒素が太陽系のどこを探しても見つからない(地球を除く)  
  窒素以外の危なくない等核二原子分子はあるだろうか  
   
 
188 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 13:43:58.08 ID:oVl6hCg9 
  >>185  
  大気作ったとしてどうやって維持するの?  
 
191 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 15:29:04.66 ID:7p9GdRQd 
  >>188  
  月の重力は地球の1/6だからちゃんと計算するとわかるけど、  
  月面気圧を1気圧にした場合の圏界面は地球の6倍になる。  
  その66kmよりも上が月の成層圏になり、中間圏は300kmぐらいからになる  
  中間圏圏界面が480kmぐらいになり、そのあたりから大気がイオン化して  
  宇宙空間に逃げて行くけれど、地表の気圧が半分になるのに3万年ぐらいかかる  
   
  なので一度、月面を1気圧にしちゃえば月文明が存続している間は大気は大丈夫  
 
193 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/21(水) 16:33:21.70 ID:Hi9A7cgH 
  >>188  
  維持どころか地球もろくに維持できないよ地球人は。  
 
190 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 14:37:11.33 ID:i1x2aESQ 
  >>185  
  窒素は割りとありふれてる。  
  タイタンの大気の主成分だし金星も二酸化炭素の次に多い。  
  特に金星は大気の総量が多いので地球の大気中の窒素より多いかも。  
 
171 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 01:18:07.35 ID:7JBrJgk7 
  その内全部無人でよくね?  
  とハタと気づくw  
 
172 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 01:49:48.27 ID:qR2u2Rwa 
  >>171  
  イエローストーンが本気出すと人類滅亡らしいから、その前に地球の外に移民しないといけない  
  芦ノ湖でも本気出すと駄目みたいだけど  
 
173 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 02:05:56.97 ID:7JBrJgk7 
  何十億の人間を宇宙に連れてって、それだけの人間が暮らせる宇宙コロニーや  
  火星や金星をテラフォーミング出来るだけの技術や資源があればそんなのどうにでもなるだろw  
 
183 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/21(水) 12:22:59.39 ID:SFE65sOt 
  >>173  
  なに言ってんの?  
 
204 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 22:38:17.32 ID:7JBrJgk7 
  >>183  
  お前こそ何言ってるんだ?  
  火星のテラフォーミングなんて惑星規模の環境改造ができるなら  
  イエローストーンの地下のマグマだまりなんて  
  地熱発電の熱源に使えてラッキーぐらいになってるだろ。  
 
178 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 07:22:37.92 ID:jsFyoyJg 
  小惑星に精錬所を建設するまでが大変  
  あとはロボットに自動でやらせる  
 
181 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 11:57:11.01 ID:jsFyoyJg 
  窒素がないと肥料がつくれませんか  
 
187 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 13:02:13.41 ID:qdv57keU 
  月開発でさえこのありさまだから、火星行きなんて夢のまた夢だろうな。  
  まあ>>1は言ってみるテストくらいの意味だと思われ。  
   
 
192 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 15:42:16.89 ID:QMtrVJ1p 
  >>187  
  月のプラント作りよりは火星の有人探査のほうが現実的で既に現行技術でも可能  
  復路やエネルギーの現地調達手法についても現行技術ベースで可能  
  NASAが出してる一例を挙げれば、一発目は無人  
  タンクと台座付きの掘削機械を着陸させ、凍土から水素を取り出して蓄える作業を1年半  
  次の接近期に合わせて有人探査機が近くに降り立って  
  復路はその水素を補給して火星の引力圏を脱する  
  月のようにはいかないが、1/3の重力だから地球のような大袈裟な設備は不要  
   
  問題は長期間密閉空間に長期滞在した際のストレスと大規模フレアに宇宙線だけど  
  これについてもある程度の対策案は出来ている  
   
  本当の問題は予算、地球の重力圏を脱出するためにバカデカいロケットを作らないといけないこと  
  キロどころかグラム単位で削ってやってるからね  
  最低2名以上のパイロットやエンジニアを同行させる必要があること(体重+食糧酸素水素その他重量が加算される)  
  科学者兼(電気・機械・通信)エンジニア兼パイロットなんてそう都合のいい専門家はいないってこと  
 
189 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 14:23:57.13 ID:jsFyoyJg 
  普通に地下に基地を作ればいい  
 
194 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 16:55:20.09 ID:jsFyoyJg 
  宇宙エレベーターの細ーいのを作って少しづつ資材を運べばいい  
 
196 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 19:04:32.11 ID:/8qhdBiK 
  >>194  
  問題は それを作るにも大量の資材と予算がかかること  
  なお 有名な小説では 資材は小惑星を捕まえて  
  そいつを利用している  
   
 
201 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/21(水) 21:42:33.12 ID:mA5IZ8ox 
   
  2011年 NASA ◆  
   
  有人カプセル  未完成  
  無人カプセル  未完成  
  誘導システム  未完成  
  宇宙服     未完成  
   
   
   
  (´・ω・`) ショボーン  
 
202 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/21(水) 21:44:37.78 ID:mA5IZ8ox 
   
  NASAがISS無人化計画に着手、露貨物船打ち上げ失敗で  
  http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-23065020110907  
   
  宇宙服のレントゲン写真(スミソニアン航空宇宙博物館)  
  http://karapaia.livedoor.biz/archives/52029379.html  
  X線を透過、スカスカ  
   
 
203 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/21(水) 21:49:01.06 ID:mA5IZ8ox 
  NASA 2000年以降・・  
   
  2003年  スペースシャトル大爆発2回目  
  2004年  スペースシャトル廃止決定、月有人計画再開  
  2009年  月有人計画廃止  
  2011年  ISS一時無人化  
  2020年  ISS廃止  
  2023年頃 ISS大気圏突入、消滅  
  2030年頃 新型ロケット&カプセル完成、再び高度 350km(東京~名古屋に相当)へ  
   
   
 
209 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/22(木) 06:56:23.79 ID:R518XD/3 
  >>203  
  東京~名古屋wwww  
  アンチ必死だな  
 
206 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/22(木) 05:21:23.21 ID:QRsjo4Ow 
  技術はあるが予算がないといういいわけは  
  安く作る技術がないから不可能ってこと。  
   
   
 
210 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/22(木) 12:19:31.89 ID:QRsjo4Ow 
  宇宙開発のロマンは、アポロあたりの時代に比べれば格段に消えたよな。  
  金星には温暖で人の住めるような土地があるかもしれないとか、カールセーガンがいってたくらいだし。  
  火星には水があり運河がある、だから火星人もいるかもとか、コケやシダ類が繁殖しているに違いないとか。  
  で、蓋あけてみると、箸にも棒にもかからない、人間を寄せつけない地獄のような場所ということがわかってしまった。  
  宇宙開発がすすまないのは、こういう現実を前にしてちょっと萎えてしまったんだと思うわ。  
  地球近傍に生命のいる星があれば、各国ももっとがんばって開発しただろうに。  
   
  残る希望はエウロパの海くらいか。  
   
 
211 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/22(木) 12:58:22.51 ID:SxUBn/QZ 
  >>210  
  エンケラドゥスもな  
 
214 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:21:06.70 ID:u9mEhWhe 
  まずはこの地球を完全に快適にコントロールできるようになれ。夢物語はその後だ。  
  他の惑星のテラフォーミングが~なんて夢見るのは大いに結構だ。  
  だが、まずは地球を完全にコントロールしろ!  
   
   
 
215 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/22(木) 20:23:32.38 ID:HEQgYzWT 
  >>214  
  >まずは地球を完全にコントロールしろ!  
   
   
  無理です。  
   
  日本においては、スーパー関東・東海・南海超巨大地震の  
  被害を少なくするのが先決  
   
  米国・国防省の予測では、2000万人死亡の超巨大災害になる見込み。  
   
 
216 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/22(木) 21:38:28.15 ID:FYJH0teY 
  せめて火星が人類が住める最低限の環境を有してれば  
  また状況も違ったんだろうけど・・・  
 
223 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/23(金) 08:46:28.34 ID:sPyUlPyd 
  >>216  
  その場合はその場合で先住民みたいなのがいることになったに違いない  
 
224 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/23(金) 08:54:49.12 ID:Lz+K7wkU 
  >>223  
  そうなりゃアメリカ騎兵隊の出番じゃんw  
  連中が一番得意とすること。  
 
217 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/22(木) 22:29:01.38 ID:QRsjo4Ow 
  スペースコロニーはあきらめて、二百人くらいが居住できる観光用の宇宙ステーションというか  
  宇宙ホテルを作るのがいいかもな。月も火星も遠すぎる。  
 
225 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/23(金) 14:54:07.40 ID:MuuvdM7e 
  >>217  
  >スペースコロニー  
   
  地下1000m位に自立型のコロニーを作れば  
  (低軌道)スペースコロニーの1/1000 のコストで済む。  
   
  スペースコロニーは、1000兆円位のコスト(1000人分)  
   
  軌道エレベーターは空想の産物。  
 
227 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/23(金) 20:58:33.33 ID:KJBN9bJX 
  >>225  
  宇宙開発の話してんのに、どうして地下コロニーの話にもっていくのかわからんw  
  宇宙に行きたい人々の第一の動機は宇宙から地球をながめたいからとちゃうの?  
  地下にいっても六方とも岩盤にかこまれてるだけで、がっかり祭りじゃないかw  
  地球空洞説になってるなら、そういうのも魅力あるリゾートになるかもしれないけど。w  
   
 
229 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/23(金) 21:14:31.00 ID:Lz+K7wkU 
  >>227  
  225が言いたいのは、同じことするのにコストがベラボウに違うなら  
  やる意味があるのか?ってことでしょ。  
  スペースコロニーに住んでる連中は、殆ど宇宙空間で生活してる  
  って認識が出来ないで生活してるだろうし。  
 
232 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/23(金) 21:31:39.49 ID:KJBN9bJX 
  >>229  
  コストを気にしはじめたら宇宙開発なんてほんとに限られた範囲でしかできないだろうね。  
  有人探査なんてほんと無駄だもん。  
  国が金におもっきり余裕がある景気がいいときのお祭りさわぎか、  
  国家存亡の危機に直面しての国威発揚かどっちかだよ。  
  ロケット打ち上げは国の射精みたいなもん。  
  体力に余裕があるときの射精、命がつきそうなときの射精。  
   
  それからどだい遊びなんだよ。宇宙開発なんて。  
  実利実用のみを求めるなら、人工衛星・無人探査機とばしてれば充分。  
  地下千メートルに行って土の壁みてくるのと、宇宙にいって地球や空気に  
  さえぎられない星々をながめたり、別の天体に降りたつこと、  
  どっちがおもしろいかってことよ。  
   
 
218 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/22(木) 23:09:36.06 ID:6JabvX0F 
  そうそう  
  地球をテラフォーミングするほうが何兆倍も楽  
  火星より  
 
219 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/22(木) 23:14:53.57 ID:uE5tu8fe 
  >>218  
  でも地球で失敗したら誰が責任とるんだ?  
 
221 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/23(金) 00:55:14.57 ID:Pe3E6gZS 
  >>219  
  逃げちゃえば誰も追ってこないよ  
 
220 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/23(金) 00:42:06.57 ID:DDLdQIAE 
  じゃまず試しに南半分を改造してみるw  
 
222 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/23(金) 08:34:33.29 ID:H6ErIUTB 
  >>220  
  半島の南側ですね  
 
228 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/23(金) 21:03:04.30 ID:KJBN9bJX 
  軌道エレベーターとかスペースコロニーとかテラフォーミングって  
  全部スタンフォード大学がいいだしっぺなんだけど、SFオタ大学だよ、ほんと。  
   
 
230 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/23(金) 21:17:03.05 ID:KJBN9bJX 
  火星にいくのは片道切符にすればいいと思うんだよね。  
  それならそんなに金もかからない。  
  火星で天寿を全うしたい人なんてさがせばいくらでもいる。  
  火星にいくまでに宇宙で死んでもいいという人もいる。  
  不治の病で余命が見えてる人とか。  
   
  俺はいきたくないけどw  
   
  片道切符にすれば、水星やタイタン、エウロパにだっていけるかもしれない。  
   
   
 
243 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/24(土) 07:11:49.10 ID:QVSYfXdk 
  >>230  
   
  そこらで勝手に死ぬと生物学的に汚染しちゃうから火星で死ぬ時は  
  密閉されたカプセル内で安楽死、ガラスかなにかで固化して  
  永遠に封印みたいになるのかね  
  死も管理しないとねー  
   
 
249 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/24(土) 16:05:04.01 ID:K/SqzwFb 
  >>243  
  こまけぇことはいいんだよ(AA略  
   
  死体由来の細菌が火星で繁殖しうるなら、それはそれで大きな発見だし。  
  今の火星の常識で考えれば、死体を火星の地表に放置しておけば、  
  フリーズドライ化したミイラになるだろうな。  
  埋めておれば、冷凍マグロみたいに永久保存できるかも。  
   
 
231 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/23(金) 21:31:13.39 ID:TFWxh3HY 
  そんなんでイイなら大気圏でたら空気抜いて真空パックにして送ればイイw  
 
233 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/23(金) 21:35:37.21 ID:KJBN9bJX 
  >>231  
  それじゃおもしろくない。火星にいって石をひっくりかえしてミミズがいるか調べたり、  
  火星の塩をなめてみて、火星の塩はうまいですとか、火星の大気はすっぱい臭いがするとか、  
  昼間でも空の真上をみたら夜みたいに暗いとか、報告してくれる人がいるから  
  見ている方もなにか価値あることをしたと思えるわけ。  
   
 
235 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/23(金) 22:20:14.62 ID:KJBN9bJX 
  火星には片道切符で人を送って、寒さをしのげるラボ兼家と、火星の地表で活動できる宇宙服と、  
  火星を走り回れる車と、惑星間インターネット回線と、当分の食料と水と空気と安楽死薬をもたせて送り出す。  
  火星でずっと調査研究をしていただく。地球への帰還は最初からあきらめていただく。  
  定期的に追加の物資をロケットではこぶ。  
  致命的な病気になったり、国が財政破綻したり、終末戦争が起きたり、  
  やむにやまれぬ理由で追加支援が不可能になったときは、火星の人にはあきらめていただく。  
  これでいいじゃん。w  
   
 
250 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/24(土) 18:26:53.71 ID:WrjsN8TR 
  >>235  
  中国ならやりそうだなw  
 
251 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/24(土) 20:15:04.08 ID:jcKIZ8il 
  >>250  
  中国旅行中に拉致されて糞田舎の嫁にされて鎖でつながれて死ぬまで日本に  
  帰れないとか、無人島に漂着してしまうとか、会社にたてついて世界中の  
  ド僻地の支社を転々とたらいまわしにされるとか、  
  帰れなくなる事態はときどき起きる。  
  まあこれは帰れる見込みがゼロではないけど。  
   
  火星の片道切符というのも一時的なものかもしれない。  
  たとえば火星でみつけた物質や微生物が癌の特効薬になるとか、  
  核以上のエネルギー資源とか、大発見があると話は変わってくる。  
  たくさん人を送り込んでそれをもってかえりたくなるものがあれば、  
  帰還もしくは人員交代の船をよこす運びになるかもしれないね。  
   
  人命軽視で無謀なことができる中国には是非やってもらいたいな。  
  火星に人がいて火星で新発見をして、次々論文だしはじめたらおもしろいよ。  
  アメリカもだまってみているわけにはいかなくなる。  
   
 
236 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/23(金) 22:30:02.10 ID:KJBN9bJX 
  ロケットで運ぶ追加物資には、火星の人の要望品も入れてあげる。  
  つまりアマゾンで買い物もできるってこと。マンガもエロビデオもかえる。  
  女は買えないけど、オリエント工業の超リアルダッチワイフなら可能。  
  もちろん火星に行きたい女性が志願したら、追加で人を送るのもありだ。  
   
  まああれだ。火星に入植した初の人類、つまり火星人になれるわけだよ。  
   
 
238 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/23(金) 23:17:10.29 ID:tSD5SO4o 
  10億円でなんとか火星まで行けんか。  
  これくらいなら蓮舫も許してくれるだろ。  
 
241 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/24(土) 00:33:20.55 ID:K/SqzwFb 
  >>238  
  H2Bの打ち上げ費用は100億円以上かかる。  
  けどまあ、日本が世界にさきがけて、火星に人送るとかいいはじめたら、  
  きっとなにかよからぬことが裏で進行してるに違いない。  
   
 
242 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/24(土) 00:41:08.64 ID:K/SqzwFb 
  日本で原発はもう無理だから、原子力村は核パルスロケットエンジンの開発に進路変更すればいいんだよ。  
  オリオン計画みたいなやつ。  
  平和利用だし、核保有の口実にもなるし、核爆弾にも転用できる。w  
 
252 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/24(土) 20:58:20.41 ID:tCgo3KdI 
  最初に有人で到達した国が国土の全ての領有を宣言出来るんですね  
  よその星にいってもやっぱ戦争やるだけなんだろうなー人間だしそんなもんだよな  
   
 
264 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/25(日) 13:29:23.59 ID:rZAqEeUA 
  >>252  
  最初に行った人間が何でも入手出来ると思ってるなら  
  ポルトガルって国の歴史を見たほうがいい  
 
265 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/25(日) 17:28:32.54 ID:4DgGsjFj 
  >>264  
  原住民がいなかったり弱かったりした場合はその国のものになってるだろ。  
  あとは、その国の入植者が入植地で独立する場合はあるが。  
 
253 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/24(土) 21:24:54.05 ID:nImYrfTg 
  国家による天体の領有は宇宙条約で禁止されている  
 
260 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/25(日) 09:08:49.90 ID:J4JtkWU7 
  >>253  
  国じやなければ制限出来ないだろ?  
  企業や個人の所有を制限する法律も条約もない  
   
 
256 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/25(日) 05:27:55.19 ID:/CnT6Z8x 
  行った人も宇宙服から出られないけどな  
  変わった物見つけたから手袋脱いで触って見るなんてことは出来ない  
  触覚をつけたロボット送った方が良いかもな  
 
257 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/25(日) 07:33:34.65 ID:qNzqeYbQ 
  >>256  
  ロボット探査はすでにやっているだろ。  
 
258 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/25(日) 07:40:39.52 ID:/CnT6Z8x 
  触覚つきってあったっけ?  
 
267 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/25(日) 22:39:59.02 ID:iutNV3pw 
  現時点じゃ行ったとしても南極みたいに国際共同管理になるだろ  
  大陸一つ開発するのすら不可能  
   
  >>258  
  圧力センサーは赤外線、超音波と並んでセンサーとしては基本中の基本だぞ  
 
269 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/27(火) 17:42:23.03 ID:G9ilmmXz 
  >>267  
  圧力センサーを触覚と言い張るのはかなり無理があるな  
 
261 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/25(日) 10:58:57.54 ID:b1vMV8dP 
  月に橋頭堡を築いて順番に到達するより、直接行った方がメリットがあるのかな?  
  一度到達しても、そのあとまた何十年も未踏になるようでは、勿体ない気がしてならないが。  
   
  その前にデブリに阻まれてアウトにならないと良いけど・・・。  
   
   
 
263 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/25(日) 12:50:33.00 ID:svMrNDyY 
  >>261  
  月に降りるのは大変だし、現地で水が補給できるわけでもないから、  
  あんま橋頭堡にならないよ。  
  そういう用途なら、宇宙ステーションで宇宙船合体させた方がよいと思う。  
 
268 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/27(火) 17:39:49.78 ID:/SJN+P5L 
  >>263  
  >現地で水が補給できるわけもないから  
  月にはヘリウム3以外にも極にまとまった量の氷がある  
  だから月を中継基地にって話が単なる机上じゃない訳  
 
270 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/27(火) 19:14:13.54 ID:M+xpIP/v 
  >>268  
  ヘリウム3を使う核融合が実用化になるのは下手したら来世紀だし、  
  極の氷も宇宙船に推進剤や飲み水としてガンガン給水して持ち出せるほど  
  の量ではなさそうじゃない?  
  中継基地としてはちょっと心もとないと思う。  
 
271 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/28(水) 06:01:49.03 ID:WX5L7FEr 
  >>268  
  >まとまった量の氷  
  くやしく。  
 
278 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/28(水) 12:22:57.53 ID:9gFZqgrz 
  >>271  
  米国の月探査機がついに水の氷を発見  
  http://www.planetary.or.jp/HotTopics/topics091125_2.htm  
   
  かぐやの調査で、月の表面には氷は存在しないという結果を得たはずだから、  
  月の永久日陰の表面から数m以上地下に、まとまった量の氷があるんだろう。  
 
284 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/28(水) 20:11:12.28 ID:5++N9P6W 
  >>278  
  wikiには  
  >2010年3月、NASAはチャンドラヤーン1号に搭載したミニSARレーダーで、  
  >月の北極に少なくとも数mの厚さを持つシート状の少なくとも6億トンの比較的純粋な氷の沈殿を発見した[6]。  
  ってあるけどこれは表面って意味じゃないの?  
 
285 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/28(水) 20:59:06.69 ID:guOr5GgL 
  >>278  
  かぐやの出した結果はあくまでもシャックルトンクレーターの永久影領域表面に氷は露出していないってこと  
  他の永久影領域に露出した氷が存在する可能性までは否定していない  
 
273 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/28(水) 08:30:10.15 ID:i2prHITt 
  宇宙と生命は一つのもの  
  本当に人類が宇宙進出を果たすには生命のイノベーションが絶対に必要  
   
  人類が無自覚に、しかし急速に行っている生命や意識のデータ化が  
  いずれそれを実現させる鍵となろう  
   
  生身の身体で何処まで飛ばしたとしてもそれには限度があるし  
  あんまり意味はない  
   
  最近やたらとNHKで宇宙モノやってるけど  
  アレ見ると笑っちゃうよ、  
  無限加速で亜光速とかモルダイバーみたいなシュミレーションしてるけど  
  あんなロケットの直進運航で途中に何かあったらどうするの?  
  避けれないでしょ?  
   
  無理なんだよ、人類が人体を脱ぎ捨てないかぎり  
  宇宙空間での永住は不可能なんだ  
   
  だからそっちの方に予算を振り分けるべきなんだけど  
  NASAもJAXAも前時代的な技術を前提に予算もらってるからそれが言い出せない  
  仕方無いから旧来の延長線上にある技術で  
  それっぽいプロジェクト立ち上げてお茶を濁してるのが現状  
   
  そういう所からは新しい発想も技術も生まれない  
  もうガラっとパラダイムを変えるべきなんだ  
  NASAもJAXAもいらない、民間で自由にやらせるべきだ  
  まあ宇宙開発は国防問題と直結するからそれは難しいんだけど  
 
280 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/28(水) 16:52:59.50 ID:/lBnisN5 
  >>273  
  ×シュミレーション  
  ○シミュレーション  
   
  長文頑張って書いても学が足りてないのが惜しいねw  
 
274 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/28(水) 08:31:36.06 ID:s7/7I+LX 
  月に着陸した人間ってアポロ11号の乗組員だけなの?  
 
277 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/28(水) 10:07:41.99 ID:B1uiRsKi 
  >>274  
  自分で調べろ  
   
 
279 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/28(水) 14:35:10.89 ID:TYHBCLpH 
  >>274  
  いや、キューブリック監督本人も同行してるし、カメラマンや音声さんなどのスタッフも多数行ってるよ。  
  キューブリックがねつ造映像に納得できないので、現地ロケを行ったのは有名だよね?  
 
281 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/09/28(水) 17:45:14.86 ID:i2prHITt 
  日本語ではどっちもアリやがな  
  変換すればどっちも出てくるし  
  そもそもがカタカナでマトモな発音なんて表記出来ひんのやから  
   
  お前も揚げ足取ってドヤ顔するヒマがあったら  
  少しは勉強して自分の見解を述べぇな  
  恥ずかしいでキミィ  
 
288 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/09/29(木) 16:46:02.70 ID:NQY8r/5j 
  >>281  
  IMEは、どんな変換してもカタカナ候補は出るのよ…  
 



04:28|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

トラックバックURL

コメントする

名前:
 
 
記事検索
最新コメント
プロフィール

とある科学の最新情...

QRコード
QRコード