【原子力】朝日新聞社・山岸一生「日本の原発は導入から偽装・隠蔽体質」


 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1311188767/ 
 
1 名前:なうなう@うんこなうρ ★[] 投稿日:2011/07/21(木) 04:06:07.08 ID:??? 
  政府が1955年、原発を導入するために初めて派遣した海外調査団の報告書が、  
  原子力委員会の設置を推進する内容に偽装されていたことがわかった。  
  作成に関与した旧通商産業省の初代原子力課長(故人)の偽装を認める証言が、  
  文部科学省の内部文書に記録されていた。  
   
  文書は85~94年、日本の原子力行政の重鎮で、原子力局長や原子力委員を務めた  
  故・島村武久氏が、原子力政策にかかわった政治家や官僚、学者など33人を講師として招いた  
  「島村研究会」の録音記録。A4判620ページにわたって文書化され、  
  文科省が製本したものを朝日新聞が入手した。  
   
  政府は54年12月、初めての原子力予算で、物理学者を団長とする15人の「原子力平和的利用  
  海外調査団」を派遣。4班に分かれて米英仏やインド、スウェーデン、デンマークなど14カ国を巡り、  
  原子力行政の組織体制を調べた。  
   
  調査団は帰国後、原子力を推進・開発する政府の機関について「各国の統括機関はほとんどすべて  
  委員会の形をとり多頭。各方面の意見を十分に入れるためと思われる」と報告書に明記して、  
  集団指導体制による委員会の設置を日本でも急ぐよう提言した。  
   
  事務局として作成にかかわった旧通産省工業技術院原子力課の初代課長の故・堀純郎氏は88年、  
  「島村研究会」に招かれ、「(トップに)委員会をつくっているのは米国だけで、ほかにはどこもない」と指摘。  
  フランスは「役所」、イギリスは「公社」だったにもかかわらず、「(諸外国は)どこでも委員会だ。  
  だから日本でも委員会を作らなくちゃいかんと強調した」と偽装を証言した。  
   
  さらに「若い事務官がこんなうそ書けるかと憤慨した」とも証言し、のちに資源エネルギー庁次長となる豊永恵哉氏が  
  偽装に抵抗したことを明らかにした。  
   
  豊永氏は朝日新聞の取材に「委員会は米国にしかなく、責任があいまいになり、日本になじまないと思った。  
  むしろしっかりした行政組織を作るべきだと上司に進言した」と話す。  
   
  政府は報告書をもとに原子力委員会を56年に発足させ、初代委員長に正力松太郎国務相、  
  委員にノーベル物理学賞の湯川秀樹氏、経団連会長の石川一郎氏らを起用。著名人を集めた委員会を設け、  
  米国の水爆実験で「第五福竜丸」が被曝した事件による原子力への世論の逆風を弱める狙いがあったとみられる。  
  政府が公表した報告書の偽装は、原発導入期からの隠蔽体質を示すものだ。  
   
  山岸一生  
   
  http://www.asahi.com/politics/update/0717/TKY201107160721.html  
  http://www.asahi.com/politics/update/0717/images/TKY201107160729.jpg
 
 

  
2 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/21(木) 04:11:03.49 ID:S7OCjjNt 
  で、そんな昔のことが問題なの?  
 
3 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 04:17:25.16 ID:hmqCHFR2 
  >>1  
  板違い。死ね  
 
135 名前:名無しのひみつ[age] 投稿日:2011/07/28(木) 21:44:45.19 ID:Cl6sX+1c 
  ★追跡 原発利益共同体  
  ・毎年税金60億円/電通・博報堂・産経新聞社など事業請け負い/「安全神話」刷り込み  
   
  原子力発電を推進するために税金から出されている原子力広報・教育予算は毎年、60億円規模に  
  のぼります。シンポジウムの開催や説明会、新聞や雑誌の広告など多種多様な取り組みを行っています。  
  事業を請け負っているのは、日本原子力文化振興財団などに加え、大手広告代理店の電通、博報堂や  
  産経新聞社などです。税金を使った原発「安全神話」の刷り込みです。(清水渡)  
   
  ■エネ庁と共催の小学生原発見学 記事を見開きで特集  
  ・参加費無料の訪問イベント  
   
  「電気はどこで作られて、どう使われているの?」―。2010年10月30日付「産経新聞」(東日本版)は  
  見開き2ページ全部を使って、このような見出しの「事業特集」を掲載しました。記事では原発立地と  
  首都圏の小学生が相互の生活地域を訪問・交流し、原子力発電や環境問題について学んだという  
  イベントが紹介されています。  
   
  「わくわくエネルギー学校 子どもエネルギー探検隊」と題したこのイベントを主催したのは資源  
  エネルギー庁と産経新聞、福島テレビ、新潟総合テレビです。その実態は「電力生産地・消費地  
  交流事業」という資源エネルギー庁の委託事業です。  
   
  募集要項によると、参加対象は小学校4~6年生で、「電力消費地」である首都圏の子ども60人と  
  大阪市周辺の子ども30人を集めて、「電力生産地探検」(1泊2日)と「電力消費地探検」(同)を  
  それぞれ行います。4日間の参加費は無料です。  
   
  10年は、「電力生産地」として東京電力福島第1原子力発電所などを見学。「首都圏で使う電気の約4分の1は  
  福島県内にある原子力発電所で作っている」「地震に強い建物を建てるためにしっかりした地盤が必要である」  
  などと教えています。(>>2以降に続く)  
  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-07-16/2011071603_02_1.html  
 
5 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/21(木) 04:19:46.76 ID:ZcvINubW 
           ,.、,、,..,、、.,、,、、..,_,.、,、,..,、、.,、,、、..,_  
         ´゙:..`.゙:‐'゙`.゙ヾ:゚`.゙:`.゙:`.゙:`.゙:`.ヾ゙: ゚`.゙: ゚''.`.゙:..`.゙:;゚.`.゙:`  
      ´.: ,.゚ `.゙::、`___:;.:.:.:゚..____゙:`.゙::゚゙:::_ ヾ''. ''. ヾ''.`:.;:.;:..゙ヾ:゚.゚`.゙:.゙゙:`  
     ´,..`.゙::: '゙.`::.゚| |゚、. / /.゙:.゙::く\゙::_ `.゙.゙/^>'゙:'.`.゙;.;;゚.;.;;゚.;.;;゚..゙:`  
    ´: ゚..: ''.`゚.,:. :.、| |:/ /`.゙`.゙`.゙:..\ \:/ /'゚ ''.`.゙:_;. ''..:.;.;;゚..:`  
   ´;: .゚.: ,:. :、.',: '゙ .|   く''.`.゙::_`.゙:`.゙:;.`.\ /`..゙:`.ヾ゙:`.゙:;.`.:.:.゙:`  
   ´;: ゚...: ,:. ゚ ''.: '゙゙|  |.\ \.、.:',.'..゙.:.゙.:゙ :.|  |`.゚゙:'.ヾ`.゙:;.゚`.゙:.`.゙`  
   `;: ...: ヾ'.`.゙,:. ''|____|.゙..゚\/''.`.゙.:゙.: :.゚、.:|____|' :.゚ヾ、.,:. :゚.、:,:..、゚ .;`  
   `: .゚..: ,゚: '゙. ゚゚ ''.`.゙:.:.、゚`゙:`.ヾ ゙:`.'.`.゙.:',.: .::_.:''`゙゚ .::_''゚`゙.: ''.`.: .`  
   `: ゚''.`.゙:゚`.゙:..`.゙:‐'ヾ゙`.゙:゚`.゙:`(-@∀@).゙:`.゙: ゚`.゙: ゚''.`.゙:゚`.゙`.:`  
     `゙:゚`.゙:..`.゙:‐'゙Copyright 1989.4.20 AsahiShimbun.`  
 
66 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/21(木) 13:17:26.74 ID:ELWPMkfx 
  >>5  
  やっぱり、それを思いつくよね。  
 
13 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/21(木) 04:51:05.45 ID:FHqG8rxx 
  朝日新聞は、昔から虚偽捏造・歪曲・印象操作報道で、売国体質  
   
  裏切り者の新聞  
   
   
 
14 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/21(木) 04:53:08.29 ID:FHqG8rxx 
  吉永みち子 「我々も支持率を下げないで辛抱して支えている」  
   
   
  椿事権  
  1993年6月の衆議院解散後、7月18日に第40回衆議院議員総選挙が行われ、  
  与党自由民主党が解散前の議席数を維持したものの過半数を割り、  
  非自民で構成される細川連立政権が誕生。自民党は結党以来初めて野党に転落した。  
   
  9月21日、日本民間放送連盟の第6回放送番組調査会の会合が開かれ、その中で  
  テレビ朝日報道局長の椿貞良は選挙時の局の報道姿勢に関して、  
  「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、  
  なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではないか」  
  「共産党に意見表明の機会を与えることは、かえってフェアネスではない」  
  との方針で局内をまとめた、という趣旨の発言を行った。  
  また、会合メンバーの一人はこの際に「梶山静六幹事長、佐藤孝行総務会長のツーショットを報道するだけで  
  視聴者に悪代官の印象を与え自民党のイメージダウンになった」「羽田外相=誠実、細川首相=ノーブル、  
  武村官房長官=ムーミンパパのキャラクター」(なので視聴者に良い印象を与えられた)という  
  趣旨を発言するのを聞いた、としている(肩書きはいずれも当時)。  
   
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%BF%E4%BA%8B%E4%BB%B6  
   
 
17 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/21(木) 04:59:29.40 ID:FHqG8rxx 
  白石凡【朝日新聞社企画部顧問】 「『造反』は、ただ相手をたたき倒すのではなく、思想闘争によって、  
  新しい形を生み出すためである。文化大革命は、革命ではあるが血は流されない。批判されて、  
  これまでの地位から去ることはあっても、生活の手だてを失うことはない。」  
   
   人肉食はまた、復讐の手段でもあり、孔子に奨励された。親が殺されたとき、喪に服するだけでは十分ではない、  
  と孔子は言う。復讐をすれば天は褒めてくれるだろうと言う。しかし、殺すだけでは、まだ不十分だ。  
  敵をすべて食べつくさなければならない。骨も肉も、心臓も肝臓も。  
  歴代の王や皇帝が敵を食べたという記録も、枚挙にいとまがない。中国を最初に統一した秦の始皇帝もその一人だった。  
  次の漢を創設した劉邦は、臣下に敵の肉片を食べるように命じて、その忠誠心をはかった。  
  反逆者は、こま切れにされて塩漬けにされた。戦いの勝者が敗者に、その息子や父親の肉や骨が入ったスープを  
  食べるように命じることもあった。死んで埋められた敵さえ、安心して眠ってはいられなかった。  
   十九世紀まで、状況はほとんど変わらなかった。ジェイムズ・D・ボールは、『中国の事物』(Things Chinese )で、  
  一八九五年に広東省の村で起こった水争いを描いている。武力衝突の後、捕虜が殺された。そして死体の心臓や肝臓が配られ、  
  食べられた。子供も一緒になって食べた。  
  中国共産党と国民党との内戦でも、捕虜を殺し、復讐として食べた記録がある。  
   共産党政権下でも、復讐のための人肉食は続いた。とくに中国最南部の広西自治区では、文化大革命中に顕著だった。  
  中国人作家鄭義が入手した公式記録によれば、学生たちが校庭で校長を殺害し、料理して食べ、反革命主義者にたいする  
  勝利を祝ったという。公営食堂では、死体を肉かけフックにつるして、人肉を料理して出したと言われている。  
   
 
19 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/21(木) 05:03:44.65 ID:FHqG8rxx 
  文化大革命当時の殺戮と人肉食について調査士記録した 『食人宴席』 p26-27     
  夫の遺体に泣き崩れることは、犯罪である  
   八月三日、鄒墟同徳公社。批判された人物は十八名。各人は一本の縄を持って、公社前に集合させられ、  
  罪状宣告のあと、各自が持ってきた縄で縛られ、棍棒で殴り殺された。死体は、独占江に投げ捨てられた。  
   ある生産隊の幹部は、畑仕事の最中に通知を受け、すぐ家へ帰り、着がえもせずでそのまま、  
  『毛沢東語録』と縄一本を持って出席し、その場で縛られて殺害された。彼は公社の幹部に対して  
  「私は何の罪もない、私の命を助けてほしい、頑張って仕事をやり、子どもを養育するから許してくれ」、と懇願したが、  
  殴殺された。   
   人々は、絶望の中でつぎからつぎへと自殺した。そのなかでもっとも悲しいのはおそらく黄応基ではなかろうか。  
  彼は弟が絞殺され、もう一人の弟が殴殺され、妻が批判闘争にひっぱり出され、糾弾され、首吊りさせられた。  
  黄応基は絶望のなかで、壁に頭をぶつけ、自殺しようとしたが、死ぬことができず、また斧で自分の首を切りつけ、  
  それでもまた死ねなかったので、最後に首吊り自殺して、やっと目的を達成したのである。  
   当時の雰囲気はまさに恐怖のどん底で、人々の死体を収集する人間がいないだけではなく、あえて泣く人もいなかった。  
  ある女性が、夫の死に泣きくずれると、彼女が背負っている幼児も引きおろされ、二人とも鉄の鍬で殴り殺されたのだった。  
  彼女は夫の死を泣いたのだが、それは階級の敵に同情するということで、殺害されたのである。  
   
   
  白石凡【朝日新聞社企画部顧問】 「『造反』は、ただ相手をたたき倒すのではなく、思想闘争によって、  
  新しい形を生み出すためである。文化大革命は、革命ではあるが血は流されない。批判されて、  
  これまでの地位から去ることはあっても、生活の手だてを失うことはない。」  
   
  嘘ばっかり。  天安門広場の壁新聞には、殺戮と人肉食についても書かれたていたそうだから、  
  知ってて嘘を付いたということですね。  
 
20 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/21(木) 05:05:24.30 ID:FHqG8rxx 
   
  事実を知りながら、嘘まで付いて人食い土人にこびへつらう朝日新聞  
   
 
30 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 06:33:30.55 ID:CVxXP/eV 
  >>1  
  これのどこが科学ニュースだよ  
  剥奪だな  
   
 
34 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/21(木) 07:25:53.25 ID:12hSAe7o 
  日本の発電原価(カッコ内は国の財政含む金額)  
  一般水力 3.88円/kWh (3.98円/kWh)  
  石油火力 9.80円/kWh (9.90円/kWh)  
  原子力  8.64円/kWh (10.68円/kWh)  
  出典:原子炉設置許可申請書、電力会社の有価証券報告書  
   
   
  補助金入れると原子力が一番高い。  
 
36 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/21(木) 07:31:30.95 ID:12hSAe7o 
  海流発電  
   
   
  100万kWプラントで建設費4000億円。原発1基の建設費5000億円より安い。  
  燃料費なし、昼夜変動なし、気候変動なし、ベース電源向き。  
  黒潮の流量は、全世界の河川流量×30倍。  
  発案者は日本人で大型船船長を10年経験した海流と船舶のプロ。  
 
50 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/21(木) 10:38:27.62 ID:12hSAe7o 
  御用学者、原発関係者を東京地検に一斉告発  
  http://news.livedoor.com/article/detail/5719806/  
 
52 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/21(木) 10:43:15.91 ID:12hSAe7o 
  「ただちに」「事象」原発事故で政府・TVが便利な言葉開発  
  http://news.livedoor.com/article/detail/5723506/  
 
74 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 18:26:57.24 ID:Y4UYqbqB 
  ★渡辺誠毅  
   
  朝日新聞が「<親>原発」に転向した日-経済部OBが内幕バクロ  
  誌名: 週刊文春 [2011年6月30日号]  
  ページ: 31 発売日: 2011年6月23日  
  カテゴリ: 社会  
  キーワード: 朝日新聞社 東京電力 志村嘉一郎(著書「東電帝国」)  
  キーワード2: 渡辺誠毅 木川田一隆 福島原発  
  記事の扱い: 2頁前後の記事  
   
   
  ★岸田純之助  
   
  「原発推進は朝日新聞の社是です。この方針にしたがって記事を書くように」という趣旨の  
  論説主幹岸田純之助の通達が社内に配布されていた朝日をはじめ、  
  各新聞やその系列雑誌などすべてから書く場を拒否された。  
   
   
  ★大熊由紀子  
   
  1976年に朝日新聞が連載した大熊由紀子の原発推進記事「核燃料―探査から廃棄物処理まで」  
  http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20110618/1308375425  
  原発推進は、大熊由紀子記者(朝日科学部員)だけでなく、上司・木村繁科学部部長をはじめ、朝日新聞社を  
  あげての方針だったに違いない。そうでなければ、朝日新聞紙上で48回もの連載をし、その後、朝日新聞社から  
  単行本の出版という大キャンペーンが行われるはずもない。  
  原発推進の世論形成に、当時の朝日がどれだけ大きく寄与したか、は言うまでもないだろう。  
  小出裕章さんは、40年間も原発の危険性を主張してきた。しかし原発増設を止められなかった。そのことに、  
  「ごめんなさい」と謝った。  
  一方、発行部数800万部の力で「原発の安全性」を繰り返し公言してきた朝日新聞方面から、そうした声は  
  聞こえてこない。  
   
   東電原発事故後、徐々に「脱原発」へと傾斜し始め、若宮啓文が主筆に就任してからは「脱原発」色をさらに  
  強めている朝日新聞だが、自社の過去の記事を検証し、自己批判した記事は見たことがない。おそらく毎日新聞  
  をはじめとする他紙*2も同じだろう。  
   朝日新聞社も大熊由紀子元記者も、まさか35年前の記事を批判されるとは思っていなかったかもしれないが、  
  自らの過去を検証も総括もせず、黙って「脱原発」に転向するのではあまりにも無責任と言わざるを得ない。  
 
76 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 18:28:33.66 ID:Y4UYqbqB 
  池田信夫「原発最大の戦犯は朝日新聞記者」  
  http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1309317576/  
  http://news.livedoor.com/article/detail/5669715/  
   
  朝日新聞は社論として「原発賛成」に転向していた  
  http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20110621/1308664790  
  1970年代から80年代にかけての彼女の原発報道はたんに一記者の〈熱血〉によるものではなく、〈社の方針〉に  
  従ったものだったのでは?   
   
    東電帝国―その失敗の本質 (文春新書)  
   
   著者の志村嘉一郎は元朝日新聞の経済記者。帯に、「なぜ朝日新聞は『原発賛成』に転向したのか?」とある。  
  この帯に惹かれてさっそく購入した。以下、同書からの要約。  
   朝日新聞経済部は、石油危機が勃発する直前の1973年3月、中東情勢の異変から「エネルギーの先行きが  
  おかしくなる」と察知して著者に中東の産油国歴訪を命じた。実際、同年10月には第4次中東戦争をきっかけにして  
  石油危機が起きた。  
   朝日新聞社は、石油に代わる代替エネルギーとして、反原発派の期待する核融合は実用化に21世紀半ばまで  
  かかると見られていることから、当面の間、原発に頼らざるを得ないと判断した。社論を転換させた責任者は  
  編集担当専務(のち社長)の渡辺誠毅だったという  
  朝日は、科学部出身の論説委員・岸田純之助をリーダーとして「原発報道のあり方」の研究会を発足させ、  
  1977年7月に「原子力発電の手引」を社内配布した。これはB6判275ページの分厚いハンドブックで、朝日新聞の  
  社論を "Yes, but" で統一しようとするものだったという。  
   悪名高い大熊由紀子の『核燃料』の朝日新聞連載が1976年、単行本発行が1977年という事実は、朝日新聞が  
  社として「原発賛成」を打ち出したという時期と一致する。だから、確かに大熊由紀子の『核燃料』の筆致は大熊の  
  熱血によるというより、朝日新聞社の社論に沿うものだったといえる。  
   岸田純之助は、のち朝日新聞論説主幹に出世した。そして、科学部記者だった大熊由紀子が論説委員に  
  引き立てられたのは、夫の朝日新聞記者・大熊一夫の引きもあったかもしれないが、何より論説主幹を務めた  
  岸田純之助の引きがあったと見るのが自然だろう。大熊由紀子は、原発礼賛記事の論功行賞で論説委員に  
  なったものと思われる。  
   著者によると、朝日が原発賛成に転じた影響は大きく、地方紙が雪崩を打って原発賛成に転向したという。  
  一方、なかなか「原発賛成」に転向しなかったのが毎日新聞で、同紙は朝日が「原発推進」に転向したあとも、  
  『政治を暮らしへ』という1ページ欄で反原発のキャンペーンを張っていた。しかしその裏では、朝日やもともと  
  原発推進論だった読売に広告を出稿する東電に対し、毎日新聞の広告局が何度も「うちにも広告を出してくれ」  
  と頼みにきていたという。しまいには編集局の幹部まで頼みにきた。そうなったらもう陥落したも同然だ。  
  毎日新聞の編集幹部も東電に「原子力発電の記事も慎重にあつかう」と約束した。かくして毎日新聞も  
  原発推進勢力の仲間入りを果たした。  
 
105 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/22(金) 14:58:16.90 ID:pGvumtiA 
  >>76  
  その「東電帝国」よいう本を書いた志村っていう元朝日の記者は、朝日退社後、  
  電力会社の電力中央研究所の顧問をやった人間だよ。  
  電力業界とズブズブの人間。  
  こういう人間がまず謝罪してからだと思うけどね。  
  信用できない人間だと思う。  
 
77 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 18:29:23.08 ID:Y4UYqbqB 
  再生可能エネルギーを否定し、原発の安全神話をつくった朝日新聞が・・・  
  http://tomisia.blog49.fc2.com/blog-entry-2190.html  
  それより朝日新聞は、かつて原発を推進した「戦争責任」を忘れたのだろうか。志村嘉一郎『東電帝国―その失敗  
  の本質』によれば、1970年代に朝日は、岸田純之助論説委員の指揮の下に原発推進の方針を決め、東電の原発  
  の全面広告を出した。秦正流専務は「朝日としては(原発推進という)コンセンサスがなくてはならない。記者個人  
  が反対するのは自由だが、それをボツにするかどうかの権限は編集局にある」と明言したという。  
   
  その尖兵となった大熊由紀子記者の激しい「原発安全キャンペーン」は、同業者の間でも「朝日は電力会社に  
  買収されたのか」と話題になったものだ。彼女の書いた『核燃料―探査から廃棄物処理まで』(朝日新聞社)は  
  朝日の資料室にあるはずだから、読んだほうがいい。再生可能エネルギーを否定し、原発の安全神話をつくった  
  最大の「戦犯」が誰であるか、わかるはずだ。  
   
  こうした忌まわしい過去に口をぬぐって、原発事故が起こったら、自分は何の責任もないかのように  
  「自然エネルギー派」に転向する朝日の体質は、かつて大本営発表を垂れ流して戦争のお先棒をかついだ  
  責任を封印して「平和憲法」キャンペーンに転向したのと似ている。これから「脱原発」キャンペーンを張る  
  つもりなら、まず過去の自社のキャンペーンが正しかったのかどうか、検証してからにすべきだ。  
 
78 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 18:30:20.02 ID:Y4UYqbqB 
  ある元朝日新聞原発担当記者の回想  
  http://tinymsg.appspot.com/31p1  
  せめてかつて一時ではあるが、”原発記者”だった自分が、なぜ朝日新聞が原発の危険を訴える報道から退いて  
  行ったか、一時期を知っている者として僅かではあるが知るところを記す。  
   今から30年以上前だったか、ちょうど各地で原発ラッシュが始まるころだった。「イエス、バット」で条件付建設  
  を推進しようと社説などで掲げる社に対して、全国の原発候補地では圧倒的に反対の動きを伝える紙面を  
  展開していた。  
   これに業を煮やした社が、有楽町の旧社屋時代に、全国の担当記者を集めた業界としては初めてだった  
  「原発記者研修」を開いた。確か3日間だったか、 当時の木村科学部長が窓口となって、東海村の視察にも行き、  
  自分は独身ということで代表としてただ一人、炉心にも入った。なんの危険性も疑わずに。その後、チェルノブイリ事故  
  の時にも、支局の同僚が特派員として現地に行ったが、その彼も当時、子供が2人だったかいて「もう、いいだろう」  
  と社から念を押されていったものだ。つまりこの頃迄、社も「原発は危険かもしれない」という認識を十分持っていた。  
   研修の初日に、当時の編集担当だった秦 正流・専務が開口一番「記者は社論に従って記事を書けばいい」と発言。  
  出席者騒然となり、「反対運動を報じるなということか」等々、開会早々、研修会が中止になりそうになった。  
   
  また、「反原発」の原稿に力を入れた諸先輩が決して優遇されないのを後輩・新人記者達は目の当たりにみて育った。  
  なんせ「3人集まれば人事の話」というぐらい、人事の好きな社風、下手に者の方針に逆らうよりは、当たり障りの  
  無い発表記事が次第に増えて行った様におもえる。  
   それから約30年近く立った今、ごらんの通りの「大本営報道」のみが繰り返されている。  
 
85 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/21(木) 23:00:19.77 ID:gB465Oeq 
  <原発がらみの不審な事件・逮捕・死亡リスト>  
   
  【逮捕】  
  ・福島県元知事 佐藤栄佐久(汚職冤罪)  
  ・フリージャーナリスト 田代裕治  
   
  【死亡】  
  ・1997年3/19 東電管理職 渡辺泰子 殺害される  
   父娘共に東電社員だったが反原発派になり論文も提出  
   プルサーマルが本格稼動した'97年に死亡  
   参考文献:東電OL殺人事件 [単行本] 佐野 眞一 (著)  
   
  ・都議 樺山卓司 7/1自殺扱いで変死。6/30までブログで放射線量測定結果を発表  
   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110701-00000588-san-soci  
   
  ・2/14頃 もんじゅ燃料環境課の男性課長57歳 敦賀市内の山中で自殺か  
   http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110222/crm11022211260009-n1.htm  
   
  ・1996年1/13 もんじゅ総務部次長 西村成生 宿泊先ホテルから飛び降り自殺  
   
  ・4/13 中国電力緊急対策本部・電源事業本部の男性部長  
   宿泊ホテルから飛び降り自殺  
   http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010041501000372.html  
   
  ・脱原発宣言の城南信金・安田常務が急逝  
   
  ・6月4日 読売社員 宮地正弘さん(28)  
   国会議事堂から数百メートルの道路でひき逃げされ死亡  
   http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110604/crm11060410470001-n1.htm  
 
90 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/22(金) 01:48:45.97 ID:Ucq1zRbM 
  >>85は拡散すべき  
 
87 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 23:35:11.87 ID:dJ2KJOs8 
  >>1  
  そうだ!  
  朝日の捏造・隠蔽体質は今に始まった事じゃない  
   
 
107 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/22(金) 17:04:21.84 ID:TXEc3gGW 
   
  >>1  
   
  朝日新聞は戦前から偽装・隠蔽・捏造体質。  
   
  ついでに日本を悲惨な戦争に導いた悪役中の悪役。  
   
  軍部なんて馬鹿ばかり。本当の悪はこいつら。  
 
117 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/07/23(土) 00:10:37.84 ID:CojunHa4 
  脱原発を声高に叫んでる政党は、民主の中の極左、社民、共産だからな  
  反自民を唱えて嘘八百を喚いて、現実と乖離した妄想妄言しか言って無かった連中が推進する思想  
   
   
 
125 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/23(土) 10:30:34.08 ID:EfoXDh6a 
  >>117  
  いやいや、むしろ左翼は行動が鈍かった  
  口先だけのやつらだと思ったよ  
 
120 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/07/23(土) 00:27:13.07 ID:gMWaRIoS 
  現在の日本では他国に比べて電力供給が非常に安定しており、  
  停電はかなり少なく、その少なさは先進国中でも突出している。  
  2001-2002年における一般家庭の年間平均停電時間は、  
  アメリカ 73分、イギリス 63分、フランス 57分、日本 9分となっている。  
  これは、平成8年(1996年)の改正まで電気事業法により、  
  各電力会社は電力を供給する義務が課せられていた事と、  
  電気に対し非常に高い品質を要求した消費者があり、  
  それに対し設備の設計上の工夫や増強、ならびに停電復旧の迅速化などを  
  絶え間なく行って応えた電力会社の努力の結果に負うところが大きい。  
  このため、社会インフラ・各家庭等でも「停電は無いもの」「あってもすぐに復旧する」として、  
  停電用の備えをしていない場合が多い。  
 
122 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/23(土) 07:16:16.72 ID:9Ha0ChB8 
  >>120  
  無計画停電ですべてがパー  
   
  原発はどうしようもない不安定電源だ。かかわってる人間がアホすぎ。  
 
134 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 18:15:12.98 ID:MQPLtAZA 
  >>122  
  点検終わっても再稼動を承認しなかったからだろ。  
  欧米では運転しながらストレステストしてる点からも、日本の異常さが分かる。  
   
  ロケット打ち上げ失敗→止めろ  
  ポリオワクチン→止めろ  
  原発事故→止めろ  
  日本はこんなのばっかり。冷静な損得勘定が出来ないんだよね。  
  産業が流出して自殺者が増加したら、それは脱原発とか妄言吐いてる奴の責任だからな。  
  認識して発言しろよ。  
 
131 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/26(火) 22:30:56.18 ID:GgrhE+kz 
  朝日新聞に言う資格無し。  
  一度会社を清算して、謝罪してから言え。  
 
132 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/27(水) 04:02:56.26 ID:uvy+ru5w 
  >>131  
  おいおい、過激ぶるなよ。  
  デッチでいちいち謝罪してたら産経グループどうなるんじゃ? 俺は困るぞ!  
   
 
133 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 07:21:18.48 ID:VcrMIgB+ 
  >>132  
  社員乙  
 
139 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/07/28(木) 22:43:26.86 ID:T6/JFvPM 
  日本って国自体が隠ぺいばっかじゃん  
 
141 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/07/28(木) 23:11:05.87 ID:P44P+xxx 
  >139  
  その通り。だからこんな放射能に汚染された土地なんてあきらめて  
  北朝鮮にでも亡命申請した方がいいよ  
 



00:23|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

トラックバックURL

コメントする

名前:
 
 
記事検索
最新コメント
プロフィール

とある科学の最新情...

QRコード
QRコード