【太陽電池】シリコンでエネ変換効率45%超の太陽電池作る技術開発 東北大


 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1308659907/ 
 
1 名前:一般人φ ★[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:38:27.14 ID:??? 
   東北大学流体科学研究所の寒川誠二教授らの研究チームは、シリコンを材料に使い、エネルギー変換効率  
  45%以上が見込める次世代太陽電池を作る基本技術を開発した。  
   「量子ドット型」と呼ばれる微細な結晶が内部に並ぶ太陽電池で、現在実用化されている薄膜シリコン  
  太陽電池と同じ材料を使いながら、変換効率は薄膜シリコンの理論上の限界値である30%を超える。  
  従来シリコンは均一な量子ドットの作製が難しく、材料コストがシリコンの10倍以上の化合物半導体を  
  使う研究開発が主流だった。  
     
   寒川教授らは均一な構造を作るたんぱく質を利用。たんぱく質に鉄の微粒子を含ませて規則正しい構造を  
  作る。たんぱく質を除去して残った鉄が等間隔に並ぶプレートを型にして、シリコン基板上に円盤状の  
  量子ドットを形成する手法を開発した。球形である一般的な量子ドットに比べて円盤形状は厚さを  
  調整しやすい利点がある。  
   
  ▽記事引用元 日刊工業新聞(2011年06月21日)  
  http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720110621aaaq.html  
 

  
3 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:44:50.82 ID:YN+RcgmC 
  先月太陽光発電入れたオレに謝れ!  
   
 
134 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 11:10:27.27 ID:zGF98bz8 
  >>3  
  スペインで何が起きたか、調べてから導入すべきだったな。  
  現在42円の買取価格も、半分以下になるぜ。きっと。  
   
   
 
8 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:56:28.71 ID:Onu8szhA 
  『エネルギー変換効率 45%以上』  
  今の太陽光パネルだと何%か?書かないと、  
  どのくらい効率が上がったか分からんじゃん  
   
 
47 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/06/22(水) 00:46:09.19 ID:CYdZ68Nr 
  >>8  
  普及帯は15%程度だから通常の三倍  
 
9 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:56:58.37 ID:7GZ7hK/F 
  必要性が増せば開発って進むからな  
  まさに必要は発明の母  
  なぜか2chでは今だけ見て無理だできっこないと言う奴が多いけど  
 
58 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 16:43:18.43 ID:jNI4+myI 
  >>9  
  無理、出来っこ無いw  
   
  本当に実用化に目処が付いたなら学会で大騒ぎ。  
 
11 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:59:57.15 ID:4ApW86om 
  そもそも100%になっても発電能力が低いだろw  
 
13 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/21(火) 22:02:46.11 ID:FqdVXLqK 
  量子ドットは最終70%のエネルギー効率とかかかげてるやつ?  
   
  これ国家が支援してガチガチの機密技術にすべきだと思う。  
   
 
15 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:06:04.71 ID:4ApW86om 
  >>13  
  今のパネルで12500枚並べて年間で原発の一日分だぞ。。。  
  それ以前に蓄電技術の技術停滞が酷いけどな。。。  
   
 
44 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/06/22(水) 00:17:04.76 ID:jsYdXuqC 
  >>15  
  根拠は?  
   
 
101 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 15:07:37.23 ID:FQ+JQ05i 
  >>15  
  蓄電池は難しいんだよ  
  今もイオン性溶媒とか、いろいろ研究してるがな・・・  
   
  何より、蓄電できるのは直流だけだが、  
  送電しているのは交流・・・  
  そこか大変・・・  
 
32 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/21(火) 22:54:55.92 ID:yY7kHhJm 
  >>13  
  機密にしてもいいけど  
  研究者は秘密主義嫌いなのが多いし  
  特許法も変えないといけなくなるな。  
 
18 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/21(火) 22:17:21.47 ID:aL0J1huv 
  どらえもんの時代だとエネルギーはなんだっけ?  
  太陽をどこでもドアで直結してそのままタービン回してそうだけどw  
   
  地下マグマ直結でタービン発電と。  
   
 
67 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 18:11:37.09 ID:8Q0Za/YV 
  >>18  
   
  ドラえもんは核融合で動いてるンだぜ?  
   
   
 
177 名前:J('A& ◆XayDDWbew2 [sage] 投稿日:2011/06/26(日) 02:11:14.00 ID:Srr5UY3J 
  >>18  
  22世紀でも湯沸かし器で発電してるのか。  
 
19 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:18:04.09 ID:4ApW86om 
  日本はマンションのベランダに収まるパネル一枚で十分稼働可能なエアコンを出して欲しい  
 
45 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 00:22:19.29 ID:zqJdIgFv 
  >>19  
  っUSB扇風機  
 
20 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/21(火) 22:18:16.47 ID:oz4ma6Q5 
  ドイツがPBMRの技術を捨てるのだとしたらもったいない  
 
84 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 00:16:50.05 ID:s0JtbY2U 
  >>20  
  ドイツ本国で原発建設しないだけで海外へ売り込むのは  
  続けるんじゃないのかな  
 
34 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/21(火) 22:56:07.00 ID:6MWaBsMi 
  > 寒川教授らは均一な構造を作るたんぱく質を利用。たんぱく質に鉄の微粒子を含ませて規則正しい構造を  
  >作る。たんぱく質を除去して残った鉄が等間隔に並ぶプレートを型にして、シリコン基板上に円盤状の  
  >量子ドットを形成する手法を開発した。  
   
  こんなもん量産なんて無理ゲーだろ・・・  
 
37 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/21(火) 23:13:55.56 ID:MG2KBwZS 
  >>34  
  有機ELも同程度の無理ゲーだったのを思い出してください。  
  これは鉄コンタミが厳しいんでAlあたりで出きんのか?  
   
 
38 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/21(火) 23:15:12.14 ID:Oy1IUbF3 
  >>34  
  いや、今までに比べりゃ画期的と言っていいくらい生産性高い  
 
39 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/21(火) 23:19:56.74 ID:6MWaBsMi 
  >>37-38  
  そんなもん?  
  たんぱく使ってる時点で論外だと思ったんだよね  
  マイクロチップを活かせばなんとかなるのかな  
 
41 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/21(火) 23:50:37.10 ID:Oy1IUbF3 
  >>39  
  今までは職人さんが一個一個手で米粒に文字書いてたのが  
  米粒に直接押せるスタンプが出来たくらいすごい  
  ただ、そのスタンプ作るのがちょっと難しそう、ってのが現時点  
  でもそれはすぐ良くなるんじゃないかな  
 
35 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:09:29.49 ID:+nKF4+an 
  東北大って日本の国立大なのに、かの国に半導体技術を流出させてるんだよな...  
   
 
36 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/21(火) 23:11:51.82 ID:6MWaBsMi 
  >>35  
  気に入らないなら技術ごと買い取ればぁ?  
 
42 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 00:07:14.48 ID:nVxnasE6 
  タンパク自体を完成品の構造に使うわけじゃないから、有機材料によくある寿命の問題は関係ないな  
  ウイルスのコートタンパクみたいに自己組織化するやつを使えば結晶化もそんなに難しくないし  
  あとはコストか  
 
48 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 03:00:37.28 ID:8fpDtfi2 
  >>42  
  このニュースの寒川研はフェリチン使ってたと思うんだが、フェリチンの二次元結晶作成は既に確立されてる  
  コストや純度の問題もあるけど、量子ドットのサイズ、間隔の制御が一番の課題になるんじゃないか  
 
55 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 11:02:50.82 ID:wwqNOJR9 
  太陽光発電で発電した電気をストコンで 直流→交流に変換  
  でも家電製品の多くはコンセントの交流→直流で使用してるでしょ?  
  これってすごい無駄だよね。コンバーターで6~10%は効率落ちてるからWで下手すると15%以上捨ててることになる。  
  太陽光発電→家電製品へ直で流せればここの損失が無くなるんじゃないの?  
 
56 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 11:29:08.20 ID:G5sX8roS 
  >>55  
   
  データセンターの内部とかを想定した近距離送電用途向けに直流電源で駆動する  
  製品の規格ってのを業界団体が検討中だよ。  
 
85 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 00:21:35.40 ID:s0JtbY2U 
  >>55  
  パナホームだったかな 家庭向け直流配線の研究やってるよ  
 
61 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 16:58:45.97 ID:jNI4+myI 
  誰も無駄とは言ってないけどな。  
 
62 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 17:03:24.01 ID:jNI4+myI 
  そもそも量子ドット構造で通常構造より変換効率の高い太陽電池が試作された事は無かったと思うが?  
  だから、学会でも批判する人は多いけど、大学の先生は次のネタが無いと研究を続けられないからね。  
   
  そのうち、瓢箪からコマって事も有り得るからが大学で細々と研究を続けるのは悪くないとは思うけどね。  
 
63 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 17:34:49.42 ID:5dBQ8Tvm 
  >>62  
  今まで発電の実験に使えるほど大きなセルが作れなかっただけじゃないの  
  それが作れる道筋を見つけたのが、この記事でしょ  
 
64 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 17:55:47.87 ID:jNI4+myI 
  >>63  
  別に作られてないわけじゃない。  
  ttp://www.jsap.or.jp/pressrelease/pdf/JSAP100310-2-4.pdf  
  データ見ると分かるけど(Vocが0.5V位で世界最高とか)、量子ドットはキャリアの界面再結合とか色々問題が有る。  
  この方法ならもっと良い物が出来るって言うならセル作ってから発表すべき。  
  太陽電池やってる人ならi層が出来ればセル作るのなんかわけ無いからそのデータが無いとすると、  
  セルではマトモな効率が出て無いと推測するのが妥当。  
  まあ、どっかの学会で正式な発表するんだろうからそれを聞いてみたいものだけど。  
 
66 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 18:00:33.60 ID:5dBQ8Tvm 
  >>64  
  自分で答え書いてるじゃん  
  >量子ドットはキャリアの界面再結合とか色々問題が有る  
  それを解決するのはこの人たちの仕事じゃないでしょ、普通に考えれば  
  量子ドットなんて量産できるわけねーだろ、って状態から、ひょっとしたら出来るんじゃねーの、に進歩させた  
  それ以上でもそれ以下でもないでしょ、この研究は  
 
69 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 18:43:30.13 ID:jNI4+myI 
  >>66  
  >それを解決するのはこの人たちの仕事じゃないでしょ、普通に考えれば  
  ???形が出来ればOKとか思ってるの¿¿¿  
 
70 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 19:19:40.00 ID:X1p6QIGS 
  >>69  
  長い道のりのうちの一歩を進んだ、ということがわからんかなあ。  
   
  それともゴールしてから発表しろって言いたいのか?  
 
71 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 19:57:20.09 ID:jNI4+myI 
  >>70  
  ナガ~イ道のりなのは分かってるよ。  
  だから、研究その物には反対して無い。  
   
  ただ、例えば界面の特性は作成方法と不可分だから、ほんとうにこれがゴールに向けた  
  正しい第一歩なのかは分から無いんだよ。  
  もしそうだと主張するなら45%とは言わないが、従来より効率が良くなっているという  
  データが最低でも欲しい所。  
  この記事を見る限りそれが有る様に見え無いからどうなの?って思うわけ。  
   
  この記事読んでここの住人の多くは45%の変換効率の太陽電池が出来そう\(^o^)/とか思っちゃうでしょ。  
  でも、それは全然違うし。  
 
74 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 20:21:51.09 ID:X1p6QIGS 
  >>71  
  小さな一歩を大きな一歩と勘違いするような記事、勘違いする読み手に問題があるのは分かるけど、  
  データを出していないからダメな結果だったのだろうなんて読み方も変だよ。  
   
  >i層が出来ればセル作るのなんかわけ無いから  
  そんなことはない。  
  作成方法と欠陥に相関があるのは確かだけど、完全に従属なわけでないし。  
  形を作ってから、欠陥を減らすための改良を研究するなんて王道でしょ。  
  そういう意味で、"大きめの一歩"だと思う。  
  あと新構造・新材料によってある程度の効率を実現させることと、  
  その後数10%まで効率を高めることは別の研究で、ギャップがあると思うよ。  
  Siウエハわたして、20%以上の効率の太陽電池を作成できる研究室なんて、  
  そういう結晶Si太陽電池の効率を向上させる研究をやっている研究室ぐらいだと思う。  
  それって各社・各研究室ものすごいノウハウがあって可能だから。  
  (いや、これは太陽電池用の新材料探索をやっていた研究室にいた自分の自虐。  
   比較用にSiにMBEでPNつくっても、10%も出なかったよ……)  
 
80 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 23:15:05.95 ID:5dBQ8Tvm 
  >>69  
  量子ドット使った太陽電池なんて、実際にそれなりの効率で発電するもの作っただけで  
  ttp://www.jsap.or.jp/pressrelease/pdf/JSAP100310-2-4.pdf  
  な発表が去年の3月にできちゃう段階な訳でしょ  
   
  そんな状態なのに、量子ドットの量産の可能性を示した研究して成果出したら、  
  電池そのものに関しては専門外の人たちに実際にモノも作れって要求は酷じゃないの?  
  量子ドット用いた太陽電池がどういう段階にあるかなんて、多分あんたがこのスレで一番か2番目に知ってるんだから、  
  自分の要求がどれだけ厳しいものなのかくらいわかるでしょ  
 
93 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 08:05:26.25 ID:wbNvuPag 
  >>80  
  >電池そのものに関しては専門外の人たちに実際にモノも作れって要求は酷じゃないの?  
   
  太陽電池の世界はそんな物だよ。専門外という言い訳はどうかと思う。  
  「これ、絶対に良いですよ、太陽電池に使える筈です。セルは作った事無いですけどね」  
  なんて普通は相手にされない。  
   
  この研究がどのレベルなのかは記事だけでは分からないけどね。  
 
108 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/24(金) 08:49:43.14 ID:l3hZTBHV 
  >>93  
  話は分かった  
  俺が無知だってのも分かった  
  ごめん  
  でも、これは電池なんて作る暇があったらその前に発表しちゃっていいレベルの発明だとも思う  
   
 
109 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/24(金) 11:39:33.23 ID:jtP5lRIw 
  >>108  
  無知って言うか専門外の人間なら誤解するのも仕方ないとは思う(私もだいぶ前から専門外だけどね)。  
  発表するのも、学会発表とかpaperを雑誌に投稿するとか言うのは問題ないと思うけど、  
  この様な記事には正直疑問を感じざるを得ない。  
   
  学会とかなら普通は分かった人間が聞くから(中にはマスコミ関係者のような素人が学会を取材して  
  トンデモな記事書いたりするけど。もしかするとこの記事もその類かもしれないが)問題ないけど、  
  専門外の人がこういう記事を見ると、画期的な太陽電池を作る技術が出来たんだって  
  誤解するよね(そういう趣旨の記事だから当然だけど)。  
  それで、ヤッパリこれからは太陽電池だって盛り上がっちゃうのが問題。  
   
  実は太陽電池なんて何十年も前から数年後には火力発電のコストを下回りますって  
  ロードマップを作り続けて今日に至ってるんだよ(途中の事情は余り良く知らないけど)。  
  作るコスト自体は余り下がらないから(太陽電池のコストのかなりの部分が材料費とかの  
  変動費)変換効率を上げようって流れなんだと思うけど、それだってここ何十年も  
  色々な努力が重ねられてきて今日が有る。(それなりに進歩はしてるけど、何十年も  
  掛かって未だにコスト競争力は無いと言うのが実態)  
   
  勿論、技術の世界だから明日はどうなるかは分からないし、本当に画期的な技術が  
  突如現れる可能性自体は否定しない。だからこういう研究も必要だと思うけど、  
  この記事を見て、例えば孫さんが最近主張している固定価格買取制度を導入して  
  太陽電池を普及させようとかの流れに繋がって行くのは大問題。  
   
  当たり前だけど固定価格とか、そうでなくても高い価格で買い取ると言うのは市場原理に  
  反してるから、需給関係を歪めるんだよね。結局、金をドブに捨てるのと同じ。  
  昔、問題になった、必要も無いのに道路を掘り返しては埋め戻す無意味な公共工事と一緒。  
  ヨーロッパの太陽電池バブルも既に殆どの国で崩壊しているはず。先日、イギリスで  
  方針転換が有って、工場を作っちゃったシャープが困ってるって記事が有った。  
   
  それと、上で誰かが書いてるけど、フェリチンを使って周期構造を作るってのも  
  別に新しいアイデアでは無くて、私も数年前に全く別の研究室が学会発表してたのを  
  覚えている。用途はメモリーだった様な気がしたけど、自己整合的に周期構造が作れる事、  
  今まではSiと言う無機物質だけの世界に有機物質を持ち込んだって言うことで面白いと  
  考えている人は結構居るみたい。未だ実用的なものは出来てないと思うけど。  
   
  勿論、この記事だけからこの研究の成果に関して論評は出来ないけど、そんなこんなで、  
  これが本当に画期的だと言うなら作ったセルの変換効率を見てみたいと思う次第。  
   
  今朝、ちょっと時間が有ったんで長くなってしまって失礼。  
 
65 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 18:00:17.75 ID:jNI4+myI 
  誤解されるといけないから断っとくけど、私は今は太陽電池はやってないから(やれって言われた事も有るけど拒否った)  
  この人のライバルとかそういう利害関係は無いよ。  
 
73 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/22(水) 20:16:14.81 ID:jNI4+myI 
  まあ、そうだね。  
 
83 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 00:13:40.51 ID:s0JtbY2U 
  太陽電池の開発の話題で、流体科学研究所とかたんぱく質とか  
  古い感覚のままではついていけない様相になってるな  
 
86 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 00:21:39.99 ID:FrY7vWh0 
  シリコンとシリコンカーバイドの薄膜を交互積層した上に酸化鉄ナノ粒子並べてエッチング。  
  この構想は数年前からあったはずだが何で今記事にしたんだろ。研究が飛躍的に進んだわけでも無いようだし。  
   
  原発問題が騒がれてる時節柄かな  
 
87 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 00:34:49.58 ID:vF3d+Lyj 
  >>86  
  並べる技術じゃないの  
 
88 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/06/23(木) 00:49:36.57 ID:ERyyP2eT 
  電子部品を生物由来のもので作成する、それも量産できる可能性もありと言うことかな。  
  植物系なのか、動物系なのか、ガン系なのか?  
 
89 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 01:26:32.10 ID:FrY7vWh0 
  >>88  
  ウマ由来のフェリチンを遺伝子工学的にいじくりまわしたのを大腸菌に作らせてるよ。  
  フェリチンは細菌から動植物まで普遍的に見られる鉄保存タンパク質。カゴ状で、中に金属を析出させる機能があるでよ。  
 
90 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 02:38:31.00 ID:ZlIcFtH3 
  フェリチンはここ数年話題になってるね。  
  迅速なろ過膜とか、酸化鉄ナノ粒子の配列制御とか。  
  >>89のように生産が容易になったのが大きいのかな?  
  タンパク屋だけでなく、BSAのように材料屋も普通に使えるようになったってことで。  
   
 
94 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/06/23(木) 09:22:31.55 ID:ERyyP2eT 
  >>89  
  フエリチンと言うの。  
  ありがとう、第三国の人も見ているようだから、質問はここまでにしておくね。  
  余談ですが、バー油は何時も愛用しています。  
 
95 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 10:35:54.90 ID:2MQhVgRh 
  >>94  
  >ありがとう、第三国の人も見ているようだから、質問はここまでにしておくね。  
  何を心配してんだ?w  
 
91 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 03:59:03.45 ID:s0JtbY2U 
  学際にはいくらでもネタがあるという話は本当だったのかな  
 
99 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 14:33:58.32 ID:4f7ZVr6k 
  応用物理学会2010年秋大会  
  http://secure1.gakkai-web.net/gakkai/jsap_pro/  
  http://secure1.gakkai-web.net/gakkai/jsap_pro/html/field/14/14_6.html  
  http://secure1.gakkai-web.net/gakkai/jsap_pro/html/field/16/16_3.html  
  内容は見れないけど、題目だけでも  
  「薄膜の形成」「物性評価」「欠陥評価」  
  こんなん多いでしょ。  
 
102 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 15:14:28.47 ID:qXraP5tk 
  >>99  
  確かにそういう発表も有るが「ばかり」は言い過ぎ。  
  それと、例えば東工大の小長井先生とか、阪大基礎工の岡本先生とかは太陽電池の  
  大御所で実績は誰もが認める所。  
  上で誰かが書いてた、太陽電池の素人だから云々という言い訳は余程の成果でなければ有り得無い。  
   
  あと、応物学会は審査無いからなんでも有りだし。  
 
103 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 15:15:06.88 ID:FQ+JQ05i 
  化学の人間としては、  
  二段励起太陽電池(人工光合成)  
  に期待をかけたい・・・  
  光学禁制が終状態と始状態の間におきるので  
  曇りでもいくらかマシな発電ができると思うのさ・・  
   
 
104 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 19:08:03.40 ID:nHg1FYiO 
  「シリコンで」って従来シリコン製じゃん  
  「従来製の性能を上げる技術」でいいじゃん  
   
  >>1だとシリコンが安いみたいに書かれてるけど  
  シリコン製は材料費が高いから消費者にとってはマイナス面が大きいから  
  安価な材料を使った新型をどこも研究中だっていうのに  
  何か変じゃまいか  
 
105 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 19:27:08.50 ID:FrY7vWh0 
  >>104  
  量子ドット型太陽電池はシリコンじゃなくて化合物半導体使って研究してた。理由は>>1の通り。  
  シリコン安くないとは言え化合物半導体よりは安いし安全て事だと思う。  
  従来のシリコン製太陽電池は単結晶とか多結晶とかあるけど量子ドットとは根本的に違うものだ  
 
106 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 22:22:45.95 ID:vF3d+Lyj 
  >>103  
  有機でいいじゃん  
 
110 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/24(金) 12:00:55.15 ID:l3hZTBHV 
  いろいろありがとう  
  でも、太陽電池関連のコストでいつまで経っても全く下がらないのは、設置の大工仕事って話なので、  
  なら、同じ大きさのパネルで効率高める方向に期待持っちゃうんですよ  
  誰でもいいからこれでパネル作ってみてくれ! って思いは一緒です  
 
111 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/24(金) 15:00:39.52 ID:0umI2dMm 
  思いがあったらカネよこせ、それで石油使って試作セルを作るぜってのが今までの流れで、  
  オイルショック以来やり続けてるけど、あんま下がらんね。  
  これが現状。  
   
  あとパネルの値段もこの10年ほとんど下がってないし、  
  懸架台がなきゃ使えないのは確かでそれにはCO2を大量に排出する鉄を使う必要もある。  
  まあ薄型軽量安価、低効率短寿命な技術から実用化へアプローチをかけている人たちもいるがね。  
   
   
  しかしエネルギー関連は昔からこればっかだよね。  
  「この技術で万事解決」(実用化どころか試作もされてないんですが)  
  「誰かなんとかしてくれ」(誰がやるんだよ)  
 
112 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/24(金) 15:20:44.07 ID:R7eZBtTv 
  >>110  
  >でも、太陽電池関連のコストでいつまで経っても全く下がらないのは、設置の大工仕事って話なので、  
   
  確かにそういう話は時々聞くね。だから、日本の太陽電池は高いんだって。  
  でも、それじゃあアメリカやヨーロッパでは太陽電池が安くて石油に対抗出来てるのかって言うとそんな事は無い。  
  もしかすると日本は特に高いのかもしれないけど、本質はそこじゃないんだよね。  
   
  >>111が言う様にパネル(太陽電池のセル)自体よりも周りのコストが大きくて、スケールメリットが出にくい  
  (既に織り込まれている)という側面が大きい。(まあ、それを大工仕事って読んでるのかもしれないが)  
  だから変換効率を追求すると言うのは正しいけど、現実にはそんな魔法の様な新技術が出てくる事は期待薄。  
  コツコツやってるうちに出来ましたってなるのかもしれないが、一足飛びは難しいよ。  
   
  後、太陽光に限らず自然エネルギーは総量は大きくても密度が低いからそれもかなりネックだと思う。  
 
115 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/24(金) 20:56:21.04 ID:7EHIqZYj 
  >>111  
  >あとパネルの値段もこの10年ほとんど下がってないし、  
   
  パネルの値段じゃなく、システム全体の値段だが・・・  
  http://www.ienogu.jp/qa/2011/0214_000536.html  
  ・・・10年前の半値になっているよ。  
 
116 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/24(金) 21:02:51.32 ID:0umI2dMm 
  >>115  
  それは補助金込みの価格だってのと、  
  あとH15から全然下がってないでしょ。  
 
114 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/24(金) 17:47:13.19 ID:UM6uvfhy 
  欧州の反原発国は、フランスから原発の電力買ってるんだよな…  
 
120 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/24(金) 23:14:34.76 ID:Uby9Vbt8 
  >>114  
  そして何故かフランスは電力輸入超過という不思議。  
 
126 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 00:06:12.77 ID:uX5ZVnvM 
  >>120  
  フランスが輸入超過? どこの資料でだ  
   
  【第223-1-6】欧州の電力輸出入の状況(2007年)  
  http://www.enecho.meti.go.jp/topics/hakusho/2010energyhtml/2-2-3.html  
 
128 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 00:17:48.24 ID:aVUFeQYQ 
  >>126  
  ごめん。  
  ドイツに対して輸入超過なだけだった。  
  輸入超過でぐぐったらドイツもフランスも輸出大国という記事があった。  
  http://blog.goo.ne.jp/diamonds8888x/e/ce69b79f6ff99424840b244c7a508ae6  
 
129 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 00:38:41.95 ID:x8P1u3YT 
  >>128  
  ただドイツの電力輸出は石炭に支えられている  
  (ドイツの電源構成は2010年時点で日本と変わらず火力6原子力3再生可能1)  
  ってのが現状。  
   
  で、原子力を止めるからしばらく輸入国になる。  
 
119 名前: 忍法帖【Lv=21,xxxPT】 [] 投稿日:2011/06/24(金) 22:55:23.90 ID:hWDi2FSp 
  補助金漬けだった原発から太陽光へシフトするだけでいいだろ  
  市場原理もクソも無かった糞電力会社の糞虎の子原発ちゃんは事故さえ起きなきゃ今でも低コスト!低コスト!叫んでたかと思うと寒気がするなw  
 
121 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/24(金) 23:28:58.77 ID:VpM2kW1h 
  >>119  
  補助金漬けの原子力から補助金漬けの太陽光発電か?  
  役人天国はもう沢山だよ。  
   
  LNG火力発電で良いだろうが?  
 
122 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/24(金) 23:33:53.99 ID:fU8Wsz1c 
  システムが高いと言ってるやつは、ぜひ1kw級の  
  発電、蓄電、配電、保守、点検、修理を10年保証を自分でやってみてくれ。  
  さぞや安い、安全な、壊れにくいものができるだろう。  
   
  また30年使っても元が取れるかどうかわからんものに  
  金を使うのも大変いいことだと思う。  
  冷静にならずどんどんやってくれ。  
  喜んで仕事にさせてもらう。  
 
123 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/24(金) 23:47:11.13 ID:sVlRV6y0 
  >>122  
  配電とか修理とか、電気工事士の資格必要じゃないか?  
  個人的にはとりたい資格の一つではあるが、みんなにそれを要求するのはいかがなものかと思います  
   
 
130 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 01:12:16.00 ID:cgtUtj6R 
  >>123  
  高い高い言ってるやつへの皮肉だよ、言わせんなはずry  
  安いものが欲しい人は遠慮なく中国製のパネル、電池、  
  変換器、ハーネス、コントローラーを買って下さいよ  
  システムダウンした時に回復にかかる長い時間と手間  
  そしてその時に製造元や販売会社が存在しているかも疑わしい製品を是非お勧めします。  
   
  それからパネルの発電効率が2倍になったって住宅用の価格は二分の一にならないからね。  
  ルーフに上げるパネルの大きさが60%になるくらいで、工事費が数千円下がるだけだよ。  
  残りのシステムサイズは変わらないんだから。  
   
 
133 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 06:27:28.52 ID:bwc/W4Zr 
  >>130  
  中国製だからってそんなに安く無いだろ。  
  もし安かったら今頃市場を席巻してる。  
   
  高いってのは何も暴利を貪ってるって意味じゃなくて、そもそもコストを安く出来ないって意味だよ。  
 
141 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 13:56:31.74 ID:cgtUtj6R 
  >>133  
  安いよ  
  ハードだけだと国産の三割りくらいたもん。  
  取り付け工事でぼってんじゃね?  
 
125 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/06/24(金) 23:56:13.64 ID:iZ6N7sDg 
  日本の製鉄会社あたりが一念奮起して、珪砂からコークスや水素で  
  粗製シリコンインゴットを安価に作り、それを電気炉で融解して  
  安価に精製するというような技術を開発してくれんかねぇ。  
 
127 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 00:07:12.69 ID:x8P1u3YT 
  >>125  
  シリコン関係は半導体で20年間ドル箱産業であり続けてるし、  
  そういう粗精錬なら普通にやってるよ。  
  ドープしていろいろな性質が得られるよう純度を上げるのがコストがかかるのであって。  
 
131 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 03:42:55.96 ID:S4M7WK7x 
  具体的に何kw発電でコストいくらいくらって示して欲しい。  
  そのほうがわかりやすいよ。  
 
132 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 03:46:46.64 ID:x8P1u3YT 
  >>131  
  ガス会社に頼む自家発が、大型の効率35~40%くらいのやつで10円/kWhを切る。  
  太陽光は欧州の補助金の設定額40円/kWhが損益分岐点あたり。  
 
135 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 12:25:40.99 ID:CVF9nHOo 
  コストコストいうなら高耐熱、耐負荷なパネル作って  
  光学的に集めればいいだけじゃん、馬鹿なの?  
   
  面で受けた光を光ケーブルサイズに圧縮できれば一箇所に集めて超効率的に発電できるぞ?  
 
137 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 12:41:11.23 ID:mV5BZHcb 
  >>135  
  そりゃまたコストが高そうだな  
 
136 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 12:30:39.67 ID:bwc/W4Zr 
  それ位の事既に考えられてるに決まってるだろ。  
 
138 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 13:01:56.24 ID:CVF9nHOo 
  フィルム素材で集光を横方向にできるようにすればいいだけだしw  
  作る方法確立しとけば後は量産でどんどんコストが下がるぞ  
 
147 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 14:52:02.55 ID:bwc/W4Zr 
  >>138  
  導光板で集めた上で或る場所で下方向に光を放射するのか?  
   
  どんな物の事言ってるのか知らないけど、ガラス基板(最近は青板ガラス?)と同等位で出来るのか?  
   
  まあ、画期的な物を思いついたんだったらこんなとこに書き込んで無いで特許取りなよ。  
  確実に大儲け出来るぜ。  
   
  >>141  
  ハードだけってどういう意味?  
  もし設定迄含めて国産の3割で出来るなら確実に日本のメーカーを淘汰できると思うが。  
 
155 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 15:30:50.43 ID:5ZJfvmq2 
  >>130  
  だからって、設置やメンテまでやれってのは筋違いじゃない?  
  >>147  
  パネルの単価が安くても不具合の数が多ければ結局高くつく  
  太陽光パネルがそうなのかは知らないけど、中国で機能性の高い部品つるとそういう結果になることが多い よっぽどちゃんとした体制で作らないとダメ  
 
140 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 13:53:29.21 ID:cgtUtj6R 
  >>138  
  1:光ケーブルサイズ?光ケーブル?どっち?  
  2:光ケーブルだとしてシングル型?バンドル型?どっち?  
  3:光を横方向に集光する(多分光路を曲げるという意味だと思うけど)のはありうる。  
  横方向に曲げると光路が重なるけどいいの?  
  4:横方向に収束したとしてもどんな光ケーブルに入れんの?  
   
 
142 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 14:15:39.89 ID:CVF9nHOo 
  >>140  
  横に集めたら同じ容量で線→点に変換すればいいだろ  
  こんな感じで  
  →↓  
  →↓  
  →↓  
  →↓  
  一点に集めれば光ファイバーにも入るんじゃないか?知らんけど  
 
144 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 14:18:31.80 ID:mV5BZHcb 
  そりゃまたコストが高そうだな  
 
146 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/06/25(土) 14:43:45.57 ID:pmdWZGbV 
  原発推進派は太陽光は非現実的とふれ回っている。  
  しかし、冷静に今の技術水準を見るとそうでもない。  
   
  太陽光を投資として見た場合。  
  補助金や買取制度なしでもPERは20  
  原発は投資回収期間は25年だから原発よりも優れている。  
  これでも十分に安定的な投資先である。  
  因みに今の太陽光の発電コストは40円以上と言われ、原発より高いと言われているが、だまされてはいけない。  
  太陽光の回収期間を十年とした場合で計算しているから、それに原子力を並べて比較する事はそもそもおかしい。  
   
  補助金を使うとPERは10を切ることも可能だ。(全国の実測値を一年でならした数値なので、気象条件や地域が、とかいう推進派の言い訳は通用しない。)  
  これは、投資先として考えた場合、極めて有良である。  
  お金がある人は、こういうところに気付くので、さらに格差を広げる。  
   
  これに気付く人や企業が今後増えていくだろう。  
  そうすればピークは太陽光で抑えられ、原発由来の電気料金は高くなり、相対的に太陽光の投資効果は更に高まる。  
  また、インフレで燃料価格が高くなればさらに投資効果が高まる。  
  また、原発推進派にとって悲しいことにCIGSという、新しい形式の電池の生産設備が稼働し始めている。  
  これは、資源使用量が極端に小さいので、本格的な量産体制に入るとワット当たり100円を切ることができる。  
  しかも耐久性が今のものよりも高い。  
  これが普及したら原発は終わり。  
 
148 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 14:54:36.90 ID:aWEmqv8w 
  >>146  
  補助金をあてにするな  
 
149 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 14:54:54.25 ID:bwc/W4Zr 
  >>146  
  PER?  
  俺は原発反対だが太陽光発電にも反対なのだが?  
 
150 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 15:06:43.15 ID:bwc/W4Zr 
  >>146  
  >これに気付く人や企業が今後増えていくだろう。  
   
  これ、痛いなw  
 
157 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 16:17:02.64 ID:pmdWZGbV 
  >>150  
  気付けない人工無能乙  
  だからお前はいつまでたっても盆暗なんだよ  
   
   
  東電、電力使用率を情報操作 恣意的に数値を高く見せる  
  http://www.mynewsjapan.com/reports/1453  
  Yahooや東電のホームページ、駅の電子掲示板などで表示されている「電力使用状況グラフ」の使用率数値が、水増しされていることが分かった。  
  「ピーク時供給力」を、稼働可能な設備のフルの容量ではなく、そのつど東電が恣意的に決めた「供給目安」の数字とすることで分母を減らすのがその手口で、  
  実際より15%も上乗せされている日もあった。この指摘に対して  
   
  東電は「確かに『本日のピーク時供給力』というのは分かりにくいですね。  
   
  それとは別に本当の『最大供給能力』というのがあるのは事実です」と認めた  
   
  が、「今後7~8月と需給がひっ迫してくればおのずと本当の上限値に近づきます」と、  
   
  恣意的な目安に過ぎない数字をピークだと偽り続けている責任など、知らぬ顔だ。  
   
 
158 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 16:53:53.20 ID:bwc/W4Zr 
  >>155  
  太陽電池は全く機能性の高い部品じゃないよ。  
  同じ面積の液晶テレビと値段比較して見なよ。  
   
  >>157  
  お前、何処迄も痛いなw  
  「殆どの人が気付いてない事を俺様は気付いてる」とか思ってるなら、お前もこんなとこに書き込んでないで  
  早いとこ「投資」してきなよ。  
   
  孫さんも太陽光発電は固定価格買い取り制度が無いと無理って思ってるからお前の「気付いてる事」には気付いてないと思うぜ。  
   
  損しても俺に文句言うなよw  
 
174 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 21:09:55.64 ID:nnKOpM/+ 
  >>158  
  永遠に話が咬み合わないだろうけど、中国生産で成功した実績がある衣料品等と比べての話  
  機能部品は労働者に品質向上って概念が無いから危険  
 
175 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 22:59:41.96 ID:bwc/W4Zr 
  >>174  
  衣料品?機能性が高い部品じゃなかったのか?  
   
  とにかく中国製の太陽電池でもそんなに安く無いと思うけど。  
 
178 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/26(日) 02:34:44.06 ID:OafLEXiT 
  >>175  
  咬み合わないどころか話が通じないか  
  機能部品じゃない衣料品みたいに成功例した例とは違って  
  太陽電池は機能部品だから、安いって言って中国製導入しても結局高くつく場合があるよ  
  と言いたかったんです。  
  中国製は安いっていったのは>>141だから、俺は知らん  
   
  中国製の電球は爆発するって事実知れば、あそこで機能部品作るには相当な覚悟が必要だなってわかると思うけど  
 
151 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 15:09:24.42 ID:mV5BZHcb 
  >>146  
  なんだマルチか  
 
152 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 15:15:24.44 ID:pmdWZGbV 
  原発擁護中  
 
153 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 15:21:26.31 ID:pmdWZGbV 
   
   
  「原発は安全」判決書いた最高裁判事が東芝に天下り 司法にも広がる原発マネー汚染  
  http://www.mynewsjapan.com/reports/1437  
  ◇東芝天下りの最高裁判事・味村治氏は元検事  
  ◇「伊方」「「福島第二」の二大原発訴訟  
  ◇東芝役員の天下り官僚・大学長は20人  
  ◇「伊方訴訟」でバレたデタラメ安全審査  
  ◇「格納容器は絶対に壊れない」と国側きっぱり  
  ◇海外大事故でも「日本の原発安全」と宮本勝美裁判長  
  ◇「GE格納容器、燃料プールは脆弱」証言も裁判官無視  
  ◇福島原発は地震で壊れない? というトンでも判決  
  ◇チェルノブイリの『チ』の字もなかった最高裁判決  
   
   
 
154 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 15:28:02.09 ID:bwc/W4Zr 
  だから「原発反対」=「太陽光推進」じゃないんだよ。  
 
156 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 15:32:38.82 ID:mV5BZHcb 
  材料が安いものになればなるほど、  
  経費の大半が人件費になるからな  
 
159 名前: 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 [] 投稿日:2011/06/25(土) 17:12:28.87 ID:PoQx9t+O 
  太陽電池が原発並に胡散臭い感じになって来たから  
  天然ガス争奪戦争にむしろ頑張って欲しいわ。  
 
161 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 17:27:21.05 ID:lEmDw8mW 
  >>159  
  微生物による油、ガス生産こそ主流に・・・  
  オーランチオキトリウムはどうなんだろう。  
 
162 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 17:34:26.98 ID:bwc/W4Zr 
  俺もLNG火力で良いと思うんだけど何か問題有るのか?  
 
164 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/06/25(土) 18:04:21.91 ID:XEKHX8Ew 
  >>162  
  今はいいけどLNGも有限だし、なによりも資源争奪戦で日本が強いと思うか?  
 
165 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 18:15:44.19 ID:bwc/W4Zr 
  >>164  
  そう言ってしまうと身も蓋もないと思うが。ウランだって殆ど輸入なんだろ。  
 
166 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 18:28:27.29 ID:uX5ZVnvM 
  集光型の太陽光発電は既にビジネスになってるよ  
   
  http://amonix.com/  
  http://journal.mycom.co.jp/news/2011/04/25/071/index.html  
  http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2010/pr20100629/pr20100629.html  
 
168 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 18:51:43.03 ID:bwc/W4Zr 
  >>166  
  これ、III-V族系の化合物太陽電池だろ。未だビジネスにはなってないよ。  
   
  セルが馬鹿高い(具体的には知らないけど)けど変換効率が良いからこういう手法を使うんだよ。  
  システムとしての変換効率は良いだろうけどレンズ系とかのコストがどうなのかな?  
 
172 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 19:39:18.73 ID:bwc/W4Zr 
  >>166  
  ゴメン、記事見ると2011/3から量産工場を稼働って有るから一応ビジネスしてるんだね。  
  太陽光発電は何処も補助金頼りの筈だからそれをビジネスと呼ぶのもどうかと思うけど。  
 
179 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/27(月) 12:09:35.72 ID:PvXkJVBv 
  ふと思ったけど、単結晶シリコン製造の新技術ってまだ登場しないのかなあ。  
  これだけ需要あるのにあんな時間かけてクルクル回してやっと成長させて、  
  カットして磨いてやっと出来上がるなんて原始的で効率悪すぎる。  
  単結晶が今より早く安く作れるようになれば莫大な利益と科学技術の発展に結びつくと思うのだが。  
  蒸着で単結晶作るとか、トンネル電流で並べるとか、理論だけでもいいからなんか別系統の技術ないもんかね。  
  考えたら寝れなくなりそう。知ってる人教えて。  
 
180 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/27(月) 12:45:16.10 ID:9aRe9PY9 
  >>179  
  一般論としては、先入観を取り除いて何度でも検討することは重要なんだけどさ、  
  おまいさんにとっては、名前や雰囲気だけ知っているものが  
  具体的にどういう数値を持つものなのか学ぶ方がずっと有益だよ  
 
181 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/06/27(月) 16:27:30.98 ID:V3v6OOlj 
  >>179  
  太陽電池用の多結晶シリコンはそんな事してない。  
  シリコンの薄膜系(アモルファスや微結晶)はガラス基板上にCVD。  
 



12:31|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

トラックバックURL

コメントする

名前:
 
 
記事検索
最新コメント
プロフィール

とある科学の最新情...

QRコード
QRコード