【原発事故】政府関係者「汚染水から放射能と海水を取り除いて冷却水にすればいい」 一石二鳥の名案の実現性は[11/04/14]


 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1302781352/ 
 
1 名前:うんこなうρ ★[] 投稿日:2011/04/14(木) 20:42:32.71 ID:??? 
  一進一退の復旧作業が続く福島第一原発。原子炉建屋の放射線量は非常に高いため、発生から1か月以上  
  たった今も、原子炉内で何が起こっているか、正確に把握できていません。ある政府関係者はこうつぶやきました。  
   
  「山の向こうに何があるのか分からない。今はまだ、山を登る入り口を探している状況だ」(政府関係者)  
   
  「山」を登るため、まず必要なのは放射能に汚染された水を取り除くことです。しかし・・・  
   
  「(2号機の)トレンチの立て坑の状況ですが、昨日からは3.5センチ水位が上昇した」(東京電力の会見、14日)  
   
  2号機のトレンチからは13日までタービン建屋の中にある「復水器」に水を送る作業が行われましたが、  
  その作業を止めたところ、再び水位が上がり、地表に近づいてしまったことが分かりました。  
   
  5万トンから6万トンはあるとみられる「汚染水」。早く移送することが求められるなか、その扱いをめぐって、  
  ある「作戦」が計画されていることが明らかになりました。  
   
  「汚染水から放射能と海水を取り除き、これを冷却に使えないか」(政府関係者)  
   
  政府関係者によると、集めた汚染水の放射性物質の濃度を薄め、冷却水として再利用するための処理施設を  
  新たに建設するというのです。  
   
  特殊なフィルターなどで汚染水から放射性物質と海水の塩分を取り除き、真水の状態にしてから、再び  
  原子炉や使用済み燃料プ-ルの冷却用の水として使うという計画です。  
   
  「例えば、タービン建屋の部分を含めて循環させるようなシステムを作れるかどうかとか、ある程度、  
  水をきれいにする装置を外付けにしてやって(原子炉の水が)煮つまらないようにするとか、ひとつの  
  例として、そういうことも考えられる」(原子力安全・保安院の会見、14日)  
   
  海水を真水に替える装置は、すでに柏崎刈羽原発などにもあります。一方、高濃度の放射性物質の処理  
  には過去に実績があるフランスの原子力大手「アレバ社」に依頼することを検討しているといいます。  
   
  「我々は今、3つの分野の専門家を日本に送っています。第一は汚染水の処理のための専門家です。」  
  (アレバ社の会見、先月31日)  
   
  政府が「汚染水の循環施設」の建設に着手するのは、大量の汚染水の処分場所が見つからないことに加え、  
  原子炉や使用済み燃料の冷却には大量の水が必要になるためです。汚染水を冷却水に。まさに「一石二鳥」  
  の名案にも見えますが、建設には少なくとも数か月はかかる見通しです。山の頂につながるルートは  
  見つかるのか、手探りが続いています。  
   
  http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4700342.html  
 

  
5 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/14(木) 20:49:08.81 ID:G2iCvhCM 
  http://gxc.google.com/gwt/x?client=ms-kddi_blended-jp&u=http%3A%2F%2Fwww.teraokaseiko.com/news/topics/11_4_7/index.html&wsi=6d7ba32e2aa9b068&ei=nPikTc3iGYXEkgWhy8ydDw&wsc=tb  
   
  寺岡精巧の浄水器  
   
  これとイオン交換膜の純水器をセットで使用っていうのはどうかな?  
 
245 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/19(火) 20:29:50.21 ID:1hijfAqw 
  >>5  
  あの会社は自社で作ってなくて全て中国まかせ  
 
14 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/14(木) 21:01:36.72 ID:RA6IYgPs 
  あとはポセイドンインダストリーに委託しておけ  
 
81 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 01:51:59.63 ID:Sdevtpv+ 
  >>14  
  大日本技研がるかよ  
 
27 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/14(木) 21:21:06.41 ID:TTNe5bZ/ 
  武田先生のホームページに載ってるよ。  
  技術的にも費用的にもハードルは低い。  
 
48 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/14(木) 22:25:46.50 ID:4w7TNs/L 
  >>27  
  低いのは、政府と東電のやる気だな。  
 
37 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/14(木) 21:56:56.27 ID:qsWgxzDe 
  そのまま汚染水で冷却すればいいんだよw  
 
40 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/14(木) 22:03:35.53 ID:oXe031Xt 
  別に汚染水で冷却したっていいんだけど  
 
45 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/14(木) 22:08:15.20 ID:emZ5fCBR 
  >>37  
  >>40  
  それすると今でさえ近づけない汚染水なのに、さらに強化され続けて・・・  
   
 
121 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 13:46:01.23 ID:O9EvrPIo 
  >>45  
  そういう考えで濾過するんだ  
  だったら濾過装置の放射線濃度はとてつもなく高濃度  
  になるだろうから大丈夫なんだろうか?  
   
  フィルター交換時に被爆するんじゃねーのw  
 
46 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/14(木) 22:14:49.68 ID:y3Qx+qNf 
  高濃度になった濾過フィルターは  
  どうやって処理すんだろ  
   
 
186 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/16(土) 11:47:48.33 ID:ubzhA1RU 
  >>46  
  無線で動く船の船倉にフィルターをコンクリ詰めしていき、沖の鳥島領海と公海の境に船ごと沈める。  
   
 
51 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/14(木) 22:37:06.15 ID:y3y51ptu 
  放射性物質取り除かないでそのまま冷却水に使えないの?  
 
57 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/14(木) 22:52:20.68 ID:rokXK4QS 
  >>51  
  どっちみち塩とかミネラルは取り除かないとだめだから、その過程で放射性物質もほとんどが取れると思われる  
 
53 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/14(木) 22:46:12.46 ID:J99B0GTf 
  取水口付近とか全部堤防で塞げw  
   
 
60 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/14(木) 23:09:44.22 ID:J99B0GTf 
  検討してる間に追い込まれるぞ。  
 
64 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/14(木) 23:25:18.46 ID:2xRUhMe6 
  この期に及んでもカネをケチってる感じがしてスゴいやなんだけど  
   
   
  賠償に比べたらどんなにカネがかかっても大したことないんじゃないの?  
 
66 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/14(木) 23:30:13.01 ID:neicCeRI 
  >>64  
  (汚染水が延々と排出される方がいいって、どういう感覚なんだろうか?)  
 
67 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/14(木) 23:32:16.33 ID:J99B0GTf 
  水棺は、もう無理でしょw  
 
68 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/14(木) 23:38:57.43 ID:4shzZLPS 
  >>67  
  余震に弱くなるしな。  
  http://harukko45.exblog.jp/14605924  
  http://t.sousk.net/post/4399761865  
  外付け冷却式の上原案を採用する模様。  
 
73 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 00:26:30.89 ID:A/twp/S8 
  超汚染水を濾過するフィルターは・・・・あっという間に超高カウント・・・  
   
  フィルターを交換して保管するロボットが必要になるな。  
   
   
 
271 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/25(月) 19:46:57.70 ID:41AaXYWO 
  >>73  
  オリエント工業も入れてやって  
 
77 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 01:11:03.67 ID:lWQqwMYl 
  >>1  
  ドライアイスでも上からぶっ掛けたらどうよ?  
  液チでもいいけどw  
  仮に熱で気化したとしても放射能を含んだりはしないような?  
 
78 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 01:15:21.42 ID:dMwodYpi 
  >>77  
  氷を作るとき、最後に残ってる液と  
  溶かすとき最初に溶け出す液は不純物の濃度が高い  
  コレ使って作業を省力化できないかな  
  という意見ですか  
 
79 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 01:24:19.93 ID:lWQqwMYl 
  >>78  
  いや、どっちかと言うと、重要なのは熱交換であって  
  水を流すのは目的ではなく、その手段の一つなわけだから、  
  水より効率的に熱を奪える物があれば、それを利用出来ないかなと…  
   
  熱の交換のみなら放射能関係ないし…。  
  なんか上手い方法があるような気がするんだけど  
   
  まぁ、作業場の線量がアレじゃ、上から水ぶっ掛けるくらいしか  
  手は無いのかもだけど…  
 
83 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 02:13:08.35 ID:Un6/FHJo 
  >>77  
  熱容量と潜熱で水に勝る物質はない。  
  温度イメージだけで液体窒素だのドライアイスだのヘリウムだの言うのはバカの証拠  
 
86 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 06:39:04.19 ID:FCfsYMMQ 
  >>1  
  可能なら、政府関係者が言及する前に専門家が実行に移すだろうに。  
 
91 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 09:02:03.01 ID:06sJzR1F 
  >>86  
  そうなんだよな  
  布で覆う案もあったけど、素人考えでしかなかった  
  専門家の意見が聞きたい  
 
95 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 09:11:55.92 ID:ot0dY2ws 
  >「汚染水から放射能と海水を取り除き、これを冷却に使えないか」  
   
  こんなことできんの?  
  これできるならこんな苦労してなくね?  
  まさかこれから開発とか流暢なことやるわけじゃないよな?  
 
148 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 21:04:46.03 ID:mU7ImJQ+ 
  >>95  
  ×流暢  
  ○悠長  
 
100 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 09:49:48.31 ID:JEx59VwJ 
  ろ過装置作って稼動させたはいいがフイルターが放射化され誰も近づけず交換ができませんでした、ってオチになりそう  
 
187 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/16(土) 12:12:45.55 ID:ubzhA1RU 
  >>100  
  「援竜」とかいうガンタンクみたいな遠隔操作のできる災害用ロボットがあるらしい。  
  その腕を改修して汚染フィルター交換作業用に特化させる。  
   
 
101 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 09:57:17.85 ID:K5nyGHdH 
  液体窒素やドライアイスの話は水の変わりに燃料棒を冷やすのではなく、  
  壊れている熱交換器の代わりに、使用済み燃料プールの温度を一時的に  
  下げるための意見じゃないのか?  
   
  潜熱とか熱容量関係ないと思うが  
   
 
107 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 11:14:32.63 ID:9dcmn7nD 
  >>101  
  政府はアメリカのご機嫌を気にしてかいらないつってごねてるよ  
 
102 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 10:00:33.44 ID:pCwm8Wo9 
  なんで浄水場では逆浸透膜とやらを使わないの  
  コストカッター?  
 
103 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 10:29:24.47 ID:buXn+Q7F 
  >>102  
  用途が違う。  
  淡水を飲める水にするには逆浸透膜は効率悪すぎるし、結果コストがすごいかかるのも確か  
  海水淡水化プラントや、なるべく純水に近い水を使わざるを得ない場合に使うのが普通。  
   
   
   
 
108 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 11:31:10.10 ID:RwILMbaM 
  「源泉掛け流し」から「循環」に切り替えるわけだな  
 
110 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 11:36:10.08 ID:3fotvryI 
  >>108  
  当然、消毒(除染)工程が入るわけだ。  
 
111 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 12:15:51.76 ID:o72YKzQz 
  大気に流す、海水などに薄めて捨てるのでは、環境を悪化させるから、  
  分離濃縮して小体積小容量にしてかためて、封印して永久保管する  
  というのが、地球規模ではより安全なのだが、その作業現場は  
  高放射線、高放射能を扱うことになることと、何万年、何十万年の  
  保管は人類にとってはまだ経験がない。地球の地質的な規模の年数  
  の間には地殻変動や造山運動、天変地異などがあって、安全と思われた  
  保管手段も、安全ではなくなる可能性がある。それこそ海から何千メートル  
  の高さに保管しないと、平地では海に水没するかもしれない。  
  また、地下に埋めても、密閉が敗れて地下水や大気中に出てくる  
  可能性もある。宇宙に打ち上げて捨てるにしても、失敗すれば大惨事だ。  
 
113 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 12:41:50.12 ID:dMwodYpi 
  >>111  
  核種分離できれば大半の高レベル放射性廃棄物は500年の隔離で済む  
  分離された残りは1000万年待たないといけないので  
  中性子ぶつけて砕いてもっとマシな核種にしようというのが研究中  
  500年だと、さすがに海に沈むとか、火山が出来るというのは予測できそうな気がするが  
 
115 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 12:51:24.67 ID:myDSi59a 
  原子炉内で循環させる水からわざわざ放射能を除去する意味有るの?  
  そのまま熱だけ取ってまた循環させるだけで良くないか?  
   
 
123 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 13:54:39.21 ID:Un6/FHJo 
  >>115  
  循環冷却設備の保守管理が格段に楽になる  
 
120 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 13:43:43.27 ID:O9EvrPIo 
  汚染水のままでいいんじゃないの?  
   
  水を綺麗にしたところで、燃料棒が露出してるんだから  
  再び汚染されるんでしょw  
 
122 名前:名無しのひみつ[age] 投稿日:2011/04/15(金) 13:47:29.99 ID:gjUSbxqS 
  何か方法は有るらしいぞ  
  ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110415-00000023-mai-soci  
   
  他にも何か手があるかも知れん  
 
125 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 14:49:06.87 ID:lWQqwMYl 
  ここまで読んだが、やっぱ水ぶっ掛けるしか無いのな。  
  水ぶっ掛け作戦は一応セオリー通りの正しい選択って訳か…  
 
131 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 16:08:13.34 ID:+Iq2rblD 
  通常の一次ろ過して、大きな不純物を漉しとり(活性炭をつめた汚水槽で充分)  
  それをさらに、純水製造機にかければいいだけ。  
   
  数ヶ月かかる、ってなににそんなにかかるんだ?  
  純水製造機は中古で充分。  
  どうせまた原子炉の中に突っ込むか、外から掛けるんだから。  
  二週間でできるだろ。  
   
 
136 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 17:15:44.44 ID:vRcOazEN 
  >>131  
  高濃度の汚染水が残るわけだが、それをどうするかだな。  
 
138 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 17:23:21.39 ID:FdpZFK/G 
  汚染取り除かないでそのまま冷却用に循環させるだけにはいかんの?  
 
139 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 17:30:02.74 ID:FThfxClF 
  >>138  
  一次冷却水というのは、そういうもんだ  
   
  ゴミくらいは取り除くけど  
 
140 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 17:51:45.51 ID:oi41V9XN 
  >>138  
  この話の「汚染水」は海水由来の塩水だからまずいんじゃね?  
   
 
141 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 19:46:19.15 ID:tdb+0WGL 
  >>1  
  イオン交換樹脂か?  
 
157 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 22:20:46.57 ID:/klLgEZM 
  >>120  
  >>138  
  やっぱ汚染水のまま循環させると、だんだん濃ゆくなって、  
  しまいには核燃料だか水だかわからん状態になると予想。  
 
143 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 20:28:51.85 ID:iUiZuPXZ 
  閉鎖系(循環系)の冷却システム構築しない限り  
  ぶっかけた水は下から漏れるか大気に蒸散していくかしかないわけで、  
  汚染水を延々海に垂れ流すつもりでなければ  
  数ヶ月~数年のスパンで炉を冷やす為には絶対必要なんだけどね。  
   
  放射性物質は完全には取り除かなくていいんだし、  
  海水起因の物質だけ除去するプラントなら割と簡単に作れるだろ。  
 
144 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 20:50:11.00 ID:iykQhS8Q 
  >>143  
  >海水起因の物質だけ除去するプラントなら割と簡単に作れるだろ。   
   
  なんで、汚染水が海に流れていくまで、回収待たなきゃいけないんだよ  
   
  海水が混ざると量が増えて、結局は海に捨てなきゃいけなくなるんだから、トレンチ  
  あたりで拾えばいいじゃないか  
 
149 名前:名無しのひみつ[age] 投稿日:2011/04/15(金) 21:08:36.01 ID:gjUSbxqS 
  >>144  
  海水で冷やしてたからそれが溜まっている  
 
151 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 21:20:01.87 ID:iykQhS8Q 
  >>149  
  >海水で冷やしてたからそれが溜まっている   
   
  既に薄まってるし、なるべく漏れてる場所に近い部分で回収すれば、関係ないんじゃね  
   
  塩回収するってことは、ついでにヨウ素、セシウム、ストロンチウムのイオンも全部回収し  
  ちゃうことになるけど、そんなことは第二段、第三段でやればいいこと  
 
153 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 21:26:22.83 ID:gjUSbxqS 
  >>151  
  6万トンもあるからなぁ  
  塩入の状態でセシウム等を取り除く技を開発しなきゃ  
 
155 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 21:55:56.75 ID:iykQhS8Q 
  >>153  
  ゼオライト入りの土嚢でいいか  
   
  100kgの土嚢たった10袋で、海の中でも2号機からの放射性物質を吸着できるという、  
  優れものwwwww  
   
   
 
163 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 23:19:41.50 ID:gIaUcXk6 
  >>153  
  ここで言ってるのは、塩ごと濾して淡水にし、冷却水として利用するって事だろ。  
  セシウムがナトリウムよりも小さいとは思えないから、中空子膜で結構濾過できるのではないか?  
  で中空子膜をガラスで包んで地下に捨てる。  
 
147 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 20:54:59.42 ID:pCwBe1wA 
  >>143  
  一時期海水で冷却してたじゃん。  
  あの海水が、まだ汚染水の中にあるという事じゃね?  
 
156 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 22:03:34.62 ID:gjUSbxqS 
  マジに言うなら、海へ出て行った放射性物質は生き物で回収するしか無いんじゃ無いかと思う  
 
162 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/15(金) 23:17:39.06 ID:ZQ6jr7d0 
  いずれにせよ、放射線が強すぎて、肝心な場所に近づけない。  
  つまりは、冷却システムの修理も、再構築も不可能。  
   
  結局、十余年かけて放水を続けることしかできない。  
  深刻な事態に一喜一憂しながら。  
   
  そして、日本はゆっくりと死んでいく。  
  政治的に、経済的に、そして生物的に。  
   
  こんな絶望的なことしか思い浮かばない凡人の俺を、誰か論破して下さい。  
  不安と悲しみで、日々、きついです。  
 
188 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/16(土) 15:15:51.32 ID:WgohK5ld 
  >>162  
  残念だが、有効な対策がない。  
   
  今日の学者連の声明でも、  
  「原子炉及び使用済み核燃料プール内の燃料の冷却を  
   安定させ、大量の放射能を閉じ込めること。これを達成することは極めて困難である」  
  としている。  
   
  冷却システムの回復について考案せず、枝葉のことを語り合っていても意味はない。  
  空論である。  
 
191 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/16(土) 18:47:58.47 ID:lgvkgtbD 
  >>188  
  >今日の学者連の声明でも、   
  >「原子炉及び使用済み核燃料プール内の燃料の冷却を   
  > 安定させ、大量の放射能を閉じ込めること。これを達成することは極めて困難である」   
  >としている。   
   
  それどころか、再臨界の可能性まで認めてないか?  
   
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110416-00000003-jct-soci  
  「特に懸念されることは溶融炉心が圧力容器を溶かし、格納容器に移り、大量の水素ガス  
  の火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除  
  できないことである」  
   
  だいぶ冷えてきてるのに圧力容器が融けるって、再臨界しかなくない?  
 
215 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/18(月) 10:30:39.01 ID:0xcv2Yvu 
  >>191  
  責任逃れの為の手のひら返しだろ。  
  日本のマスコミなどによく見られる。  
   
  日本人のお家芸だね。  
 
164 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 23:38:21.69 ID:ZLJldSXw 
  道路の補修と違いすぎると思うけど外国で話題になるような  
  崩落した道路が数日で元通りの日本だから  
  これが解決する年数も外国の前例が基準だから結構大幅に早まるのが日本だと思うな  
 
165 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/15(金) 23:58:29.42 ID:LefF1Wgo 
  >>164  
  同意、というかそうなるように期待したい  
   
  プラントは各専門技術が高度に組み合った装置だから、  
  各専門職が専門内容に集中出来る環境が整ってくれば  
  可能だと思う  
   
  状態が大分落ち着いて来たみたいで、このまま各専門間  
  で現在のプラント状態の理解が大体一致できるまでにな  
  れば行けると思う  
   
  個人的には水素爆発までは、ともかく、その後はよくここまで  
  持って来られたなと思ってる。ここまで来たんだから、頑張れ!  
  と思うよ  
 
168 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/16(土) 00:21:16.25 ID:u9aSCeoV 
  注水した分丸ごと増える高濃度汚染水を除染できると思ってるのかい  
  「ひとつ例として、そういう事も考えられる(わきゃねーだろ、バーカ)」と  
  原子力危険不安院にすらバカにされた政府が無ければ  
  応援する価値があるけど、屑を邪魔しかしない今の連中では  
  高濃度汚染水の海洋投棄を決めるのはスッカラ缶しかいない  
  決断し責任負うのがこいつの仕事  
 
169 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/16(土) 00:57:48.92 ID:drsNqvlj 
  http://www.jogmec.go.jp/jogmec_activities/stockpiling_oil/base_oil/base_oil_04.html  
  これに入れようよー、とか言ったら三国の漁師にボコられるだろうが  
  結構手頃な大きさ。  
 
170 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/16(土) 07:33:09.97 ID:lgvkgtbD 
  >>169  
  もんじゅのために、とっておけ  
 
171 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/16(土) 09:09:52.19 ID:CRI0pb29 
  40万トン級のタンカーを数隻買えば、すぐに容量を確保できそうだが?  
 
178 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/16(土) 10:27:39.82 ID:uPM9X5Wx 
  >>171  
  スケジュールの空いたタンカーがないんだと。  
  みんなフルで稼動してるから、手配できないらしい。  
  時間的に、今から作るわけにもいかないし。  
  貯水タンクを作って設置するほうが時間的に早いそうだ。  
   
  所詮、思い付きって事。  
 
179 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/16(土) 10:34:14.80 ID:U/5gySfO 
  >>178  
  別に日本のじゃなくても良いだろ  
  乗員は海自か国内従事者から抽出、沖合いまでは艀で輸送  
  ほら出来た  
 
172 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/16(土) 09:52:55.36 ID:u9aSCeoV 
  ナニその付け焼刃  
  民主党政権の連中と変わらんバカ発想  
  んなでかいタンカーはすぐには建造できないぞ  
 
175 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/16(土) 10:06:15.43 ID:U/5gySfO 
  >>172  
  四十万トンはともかく、タンカーなんぞ幾らでも用意できるって事だろ。  
  何故しない?ってな  
  船員の安全確保ができないって?  
  んなもん、幾らでも対策可能  
  言い訳にすらならん  
 
173 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/16(土) 09:58:05.92 ID:U/5gySfO 
  東電や政府が故意に長期化させてるようにしか見えんのよな  
   
  なんでも良いから試せよって  
  わざわざアレバ発注したりしなくても、膜処理で海水ごと放射性物質は濾しとれるのは明らかなのに何故実行しないの?  
  今更、資材が汚染されることを躊躇してるのか?  
  んなもん限界まで使い潰して、次を使え  
 
176 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/16(土) 10:19:20.27 ID:u9aSCeoV 
  単純明快  
  水かけさせてる連中もそれくらいでは足りない  
  1年も2年?3年も続ければ無理とわかってるからやらないだけだろ  
  努力賞狙いには金かかりすぎると銭の亡者は判断してる  
 
177 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/16(土) 10:23:06.42 ID:U/5gySfO 
  >>176  
  タンカーは一時しのぎだろ  
  水処理か冷却系の復旧をするまでの  
   
 
180 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/16(土) 10:42:32.59 ID:u9aSCeoV 
  取れる手段は全部用意しろと言うのは賛成だが  
  ヘリからのションベンや届かない暴徒鎮圧用放水車みたいに  
  下調べなしにやると無駄だよ  
 
181 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/16(土) 10:51:12.43 ID:U/5gySfO 
  >>180  
  ヘリからの放水はチェルノブイリをマネしたかったんじゃないかな  
  警察のは連絡ミスで成功してるよ  
 
192 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/16(土) 20:14:45.70 ID:x7Y9YTfv 
  どうだろうねえ。  
  再臨界するほど集積したら、その崩壊熱だけでも  
  充分鋼鉄くらい溶かせるような気もするし。  
 
195 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/16(土) 23:08:58.63 ID:B6T/1lCC 
  >>192  
  福島第一の欠陥設計って圧力容器の底がドーム状になってて燃料が崩壊した場合集積しやすいってのじゃ無かったっけ。  
  まぁホウ酸水も入れているし、たまたま間に水が適当な容積で入るように崩壊燃料が集まるのは考えにくいが  
  絶対ないかというと「無いとは言えない罠」  
 
196 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/17(日) 01:25:21.04 ID:BbpsU4zF 
  「学者声明」は内容的に古新聞という感じで少し悲観的すぎると思うが  
  なにしろ初めての経験だから、何が起こっているのか正確にはよく分って  
  いないと思う  
   
  手探りでジリジリやって行くしかないだろう。一挙解決みたいな夢を見ず、  
  粘り強く一歩一歩進んで行ければよいと思う  
 
202 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/17(日) 03:07:23.51 ID:R3fxVh4O 
  >>196  
  フランスとアメリカはすぐに飛んできたはず。菅が糞プライドを捨てれば良かっただけ  
 
198 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/17(日) 02:19:20.90 ID:N+HJPbYc 
  東電と自民党はマジでふざけんな  
  最悪の二人三脚だな  
  24ヶ月ってなんだ麻生 お前は日本から消えろ  
   
  ★自民党、米NRCによる日本の原発の冷却機能についての警鐘を無視  
  ttp://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=a.lK3UI3LjpM  
  ★自民党、IAEAからの日本の古い原発耐震指針への警告を無視  
  ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110316/dst11031622470108-n1.htm  
  ★自民党、野党の「福島原発の耐震安全性総点検等を求める申し入れ」を却下  
  ttp://www.jcp-fukushima-pref.jp/seisaku/2007/20070724_02.html  
  ★自民党、国会で原子力発電所の津波対策を約束するも放置  
  ttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-03-01/2010030101_05_1.html  
  ★自民党、東京電力からの献金と引換えに原発の緩い耐震設計を認可  
  ttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-09-16/2007091615_01_0.html  
  ★自民党、福島原発の定期検査の間隔を13ヶ月から24ヶ月に延長  
  ttp://www.47news.jp/localnews/hukushima/2008/12/post_2422.html  
   
 
199 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/17(日) 02:45:58.43 ID:MysmrgU+ 
  >>198  
  自民党はクソだが、だからって民主党の罪が消えるわけじゃないぞ。  
 
201 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/17(日) 03:03:40.10 ID:MysmrgU+ 
  放射能と塩分、の間違いだろうね。  
 
204 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/17(日) 03:15:30.26 ID:MysmrgU+ 
  ったく、クソ自民とウンコ民主しか選択肢がないのか、この国の政治家は。  
  あとは泡沫団体かカルト宗教団体しかないってんだから国民は救われないな。  
 
205 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/17(日) 03:21:44.05 ID:0w9PJzcA 
  >>1  
  助けて、ドラえも~ん  
 
210 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/18(月) 06:29:25.19 ID:mENxqYdG 
  東電は本当に馬鹿だ、無駄にプールを作るとか。  
   
  たとえ低温になっても水に核燃料が溶け出す、その水が漏れて汚染が確実に広がる、  
  今でも原子炉建屋からは水が漏れている、だから水が漏れないプールは作れない、  
  むしろ無駄に冷やそうとして注水するから汚染が広まる。  
   
  原子炉を冷やさず核燃料が高温になっても外部に漏れ出なければ問題は無い、  
  原子炉は乾燥させて放置するのが正解だ、またそれが一番安く一番安全になる。  
 
213 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/18(月) 07:49:46.08 ID:mENxqYdG 
  玄人でなくても、燃料棒が健全なら冷やして燃料棒に封印された  
  核物質が外に漏れないように冷やすのは理解できる。  
   
  しかし、今も、玄人が崩壊した核燃料に無駄に注水して冷やせと言うのが判らない。  
   
  もちろん、冷やして何の弊害も無いのであれば理解できるが、実際には注水した  
  水に核燃料が溶け、しかも水は原子炉建屋から何処かに流れだし、結局は海に  
  流れて海を汚染している、それは最悪の事態で絶対に容認できない。  
   
  そもそも、燃料棒が崩壊した後は、水を注入して冷やすと状況は悪化する、  
  水素爆発や水蒸気爆発は水があるからこそ起きる、再臨界も水があるほうが  
  起き易い、それに核燃料が水に溶けて周囲を汚染する。  
   
  水を注入せず放置しても、メルトダウンが起きて核燃料が格納容器や建屋の  
  床に落ちて固まるだけ、それで安定して再臨界もしなくなる。  
   
  1号機はまだメルトダウンしていないので圧力容器の底に核燃料が溜まっている、  
  1号機も水を絶って積極的にメルトダウンさせた方が再臨界もしなくなり安全になる。  
 
214 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/18(月) 10:03:52.78 ID:0bpCpz+3 
  >>213  
  >もちろん、冷やして何の弊害も無いのであれば理解できるが、実際には注水した   
  >水に核燃料が溶け、しかも水は原子炉建屋から何処かに流れだし、結局は海に   
  >流れて海を汚染している、それは最悪の事態で絶対に容認できない。   
   
  最悪の事態は、放射性物質が蒸気となって飛散すること  
   
  これだけ冷やしてるのに2、3号機でもまだ水温は100度越えてるんだから、冷やさないと  
  そうなる可能性は高い  
   
 
216 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/18(月) 11:15:57.66 ID:mENxqYdG 
  高温の核燃料から直接空中に飛散する量よりも、一旦水に核燃料が溶け  
  水が蒸発する際に空中に核燃料が飛散する量のほうが多い。  
   
  実際に、爆発後の3号機は核燃料が最も高温で外気に晒されていたが、  
  3号機から漏れてきた核燃料の量は多くなかった、むしろ水を注入し  
  火災になってから増えている。  
   
  それに、水で冷やすと水が漏れて海に流れ出す量は膨大だ、  
  今後も何年もそれを続けるつもりだろうか、おそらく、  
  何処かで水で冷やすのを諦める時がくる、早く諦めるか  
  未練がましく続けて汚染を拡大するかの違いだ。  
   
  平時の核燃料の管理なら百℃という温度に意味がある、しかし今は非常時、  
  核燃料の温度が何度であれ構わない、問題は温度ではなく漏れる量にある、  
  核燃料は放置して高温でも飛散する量は増えない、むしろ水で冷やしても  
  得は無く害なら幾らでも見つけられる、冷す作業だけでも困難だし、  
  巨額な費用が必要になる、水は汚染されて取り扱いは極めて困難になる。  
   
  官邸が海水を大量に注入して冷せと言った当たりから判断が完全に狂っている、  
  狂った判断で突き進んで収拾が付かない、そして今も判断は正常に戻らない、  
  無駄な作業が延々と続く、東電の計画の無意味さにそれが現れている。  
 
218 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/18(月) 12:12:18.89 ID:0bpCpz+3 
  >>216  
  >高温の核燃料から直接空中に飛散する量よりも、一旦水に核燃料が溶け   
  >水が蒸発する際に空中に核燃料が飛散する量のほうが多い。   
   
  そもそも量の問題じゃないことすらわからん奴の妄想は、もういいから  
   
 
219 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/18(月) 13:43:13.22 ID:mENxqYdG 
  核燃料が高温でも周囲に撒き散らなければ問題は無いはず、それに高温に  
  なっても爆発するわけでもない、なにも起きない、悪戯に恐れを抱く必要は無い。  
   
  何をそんなに恐れているのか、具体的に説明してほしい、むしろ効果も無く、  
  費用も嵩む事を無駄に繰返している現状こそ、心底から怖くなるはず、いくら  
  冷えても、核物質が水に溶けて流れ出せば、何のために冷やすのかさえ判らない。  
   
  今、緊急にすべきことは、原子炉を鉛とステンレスの板で囲うこと、それで  
  空中に核物質が拡散するのが防げる、次に、水を抜いて原子炉を乾燥させる  
  ことだ、水素爆発も水蒸気爆発も起きなくなる、再臨界もしにくくなる、  
  水に溶けて核燃料が拡散するのも防げる、核燃料の温度が何度に上がっても  
  核燃料が漏れ出さなければそれで十分、時間がたてば核燃料は自然に冷える。  
 
220 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/18(月) 14:12:09.97 ID:0bpCpz+3 
  >>219  
  >核燃料が高温でも周囲に撒き散らなければ問題は無いはず、  
   
  ふーん  
 
222 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/18(月) 17:10:30.11 ID:mENxqYdG 
  今回の事故は技術的問題以前に政治体制が招いた事故だった。  
   
  原発には各種の政府資金が提供されている、その金額が巨大で美味しいので、  
  口先だけで実際には何もしない連中が蟻のように群がった、  
  政治家は無論のこと官僚や学者や企業が群がった。  
   
  彼らが戦うべき相手は現実に起きている問題であり予想されるリスクのはずが、  
  問題を指摘する人を排除することに動き、実際に存在するリスクは無視した。  
   
  その甘い汁を吸う無能な連中が今も各組織のトップにいる、彼らが無能で誤った  
  判断を下すから、津波から原子炉を救い出すのに失敗している。  
   
  津波は大災害だが、必ずしもそれだけで原発が爆発するわけではない、  
  現地と東電と政府の判断ミスが重なって爆発した。  
 
223 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/18(月) 20:02:12.05 ID:IbbOBVV0 
  >>222  
  いやあ、実は、「全電源喪失」以前に地震と津波で配管はガタガタ  
  水はだだ漏れだったんじゃないのかな? 要するに「耐震性」そのもの  
  に問題のある原発だったと。  
 
224 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/18(月) 20:30:19.88 ID:neJ86lad 
  >>223  
  どかんといったからその辺は良く判らない  
  ただ、圧力がかなり上がった状況があったし、ベントの必要もあったから、  
  その時点までは今のような漏れ方では無かった可能性が高い  
 
228 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/18(月) 21:26:33.83 ID:0bpCpz+3 
  >>224  
  1号機に関しては、隔離時冷却系が動作しない程度のダメージは受けてたみたいだけど、  
  他は動いてたみたいだね  
 
226 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/18(月) 20:43:17.96 ID:mENxqYdG 
  配管が切れると格納容器の圧力が跳ね上がるがどの原子炉でも起きていない、  
  漏れはあっても配管は切れていない、まだ幸運の女神は見捨ててはいなかった。  
   
  燃料棒が崩壊したら水は危険物質になる、原子炉から水を排除した方が安全だ、  
  馬鹿が水を注げ、水では不足だ海水だというから事故は拡大した、  
  そして今もなお水で冷やせとか言って、収拾がつかない原因になっている。  
 
227 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/18(月) 20:57:06.79 ID:i9zRokY0 
  >>226  
  水入れないでどうやって冷やすの?  
  それとも冷やすの諦めて、地球の裏側に突き抜けるのでも待つのか?w  
 
229 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/18(月) 21:54:37.52 ID:neJ86lad 
  緊急時にはとにかく大量の水を突っ込むしかない  
  だいぶ冷えてきたので、今後は少しずつ注入する水を減らすはずだ  
 
230 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/18(月) 22:00:17.36 ID:mENxqYdG 
  冷やさなくても最悪は建屋の底に核燃料は落ちて固まる、さらにその下に溶けて  
  行くという専門家はさすがにいない、逆に地球の裏側まで抜けるのならその穴を  
  埋めるだけで済むのだからむしろ楽だ。  
   
  事故が軽微なら冷やす意義もある、しかしとんでもない危険な今のレベルでは  
  冷やすだけでも巨大な危険を覚悟しなければならない、冷やす事のメリットが  
  僅かならむしろ放置した方が安全になる。  
   
  酸化ウランが主な核燃料は2700℃にならないと溶けない、いくら核物質でも  
  この高温は簡単には維持できる温度ではない、普通は上昇しても1000℃台に  
  とどまる、その温度なら酸化ウランが空気中に拡散する量は極僅かだ、  
  むしろ温度が低くても核燃料が水に溶け出す量ははるかに多い。  
   
  核燃料の汚染が広まるのを防ぐのに、水で冷やす必要は無いし冷やしても無駄、  
  冷やす努力は報われずむしろ危険が増す、それが結論だ、何度も言っているのに  
  みんなが無視する、逆になぜ汚染が広まるのに敢えて水で冷やす必要があるのか、  
  そのメリットは何なのか、その理由を教えてほしいくらいだ。  
 
235 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/18(月) 23:37:54.86 ID:i9zRokY0 
  >>230  
  >酸化ウランが主な核燃料は2700℃にならないと溶けない、いくら核物質でも  
  >この高温は簡単には維持できる温度ではない  
  維持できるも何も、熱の逃げ場が無い状態で加熱しつづければいずれ到達するだろ。  
  そして到達してるから溶け落ちてるんじゃないの?  
  逆に聞くが、「維持できない」のなら、どこかに熱が逃げているはずだが、それはどこだ?  
 
237 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/19(火) 07:57:55.26 ID:xH+yY0I7 
  >>235  
  >逆に聞くが、「維持できない」のなら、どこかに熱が逃げているはずだが、それはどこだ?   
   
  230には答えられないようだが、福島では水に逃げてるよなwwwww  
 
243 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/19(火) 14:26:25.64 ID:sHwOEBlf 
  >>237  
  だがしかし、>>230は「水を入れるな」といっているわけで。  
  水じゃなきゃ、一体どこに逃げるんだろうな?  
 
239 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/19(火) 08:36:50.01 ID:Hrm8qBYA 
  >>235  
  圧力容器の厚みから計算すると、700℃くらいの温度差で熱は逃げるようだよ  
 
242 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/19(火) 10:25:06.59 ID:xH+yY0I7 
  >>239  
  その、式も示してない計算とやらが正しいとしても、圧力容器からの熱はどうやって逃が  
  すの?  
   
  水?  
 
253 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/20(水) 06:09:19.65 ID:ipU/oQFQ 
  >>242  
  既に1号は2MW台だから、  
  格納容器の上に、プールの底蓋があるから、これを爆破して  
  格納容器+プールに水を満たしてやれば、 プールの表面積で冷却出来るレベル。  
   
  プールの表面からの汚染物質の飛散を止めるには、表面に水に浮いて燃えない液体、たとえばシリコンオイルを浮かべる。  
  風が吹かないと熱伝達が少し足りないので、シリコンオイル表面に送風機で風をあてて冷やしてやる  
 
244 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/19(火) 17:29:10.63 ID:wETy1v/w 
  >>230  
  >酸化ウランが主な核燃料は2700℃にならないと溶けない、いくら核物質でも   
  >この高温は簡単には維持できる温度ではない、普通は上昇しても1000℃台に   
   
  あの保安院ですら、溶融を認めてるというのに、、、  
   
  それとも、放っておいても発熱は続くってことが、理解  
 
246 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/19(火) 21:10:16.92 ID:dSPFimtl 
  >>244  
  メルトダウンにも段階があって、  
  今の福島第一原発の状態というのは溶けているわけじゃ無いよ  
  燃料棒が一部壊れて粉のようなモノになり、溜まっている状態  
 
231 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/18(月) 22:10:10.47 ID:neJ86lad 
  しかし、何万トンもある水を一気に抜くことは不可能だぞ  
 
248 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/19(火) 22:47:40.58 ID:0w45yP/3 
  発想が小学生と同等なオッサン達  
 
251 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/20(水) 02:23:18.55 ID:5QONd4JO 
  >>248  
  それを言ったらロボットもロケットも小学生並みの発想だけどなw  
 
249 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/19(火) 23:05:44.47 ID:HRB/K+fU 
  http://atmc.jp/plant/fuel/?n=1 公表されたデータの要約があり、少し修正する。  
   
  1号機は、圧力容器の底は健全、格納容器は一応健全漏れはある、燃料棒は崩壊。  
  2号機は、圧力容器の底が抜け、格納容器は破損全て漏れる、燃料棒は溶解し固まった。  
  3号機は、圧力容器の底が抜け、格納容器は一応健全漏れはある、燃料棒は溶解し固まった。  
  4号機は、使用済み核燃料が溶解し固まった、プールは健全漏れは少ない。  
  ただし、2号機と3号機のメルトダウンは公式には認められていない。  
   
  対策としては、原子炉を覆って空気経由の汚染ルートを絶ち、4号機以外は  
  注水を止め原子炉を乾燥させて水経由の汚染ルートを絶つ。  
   
  1号機は水を抜いて積極的にメルトダウンさせた方が安全だ、圧力容器内の核燃料は  
  再臨界の危険が残る、水蒸気爆発や水素爆発の危険もある、格納容器の底は厚く、  
  メルトダウンは格納容器の底で止まる。  
   
  原子炉に溜まった水は、津波と注水して漏れた水の混合物、量が多いので抜く  
  のにも時間が掛かる、2号機は漏れが多く溜まった水の放射線量が各段に多い、  
  格納容器の水を先に抜けば、核燃料周辺は乾燥して汚染の拡大は止まる。  
   
  東電の立場は、まだメルトダウンせず圧力容器は健全で、それなら水の循環で  
  冷却が可能という事だろう、格納容器に水を貯めるのも可能と判断している、  
  そして基本的に冷やさないと核燃料は危険と思い込んでいる。  
   
  汚染を止めるのが最優先なら、注水を止める以外にないがまだ諦めていない、  
  安定までの作業は困難で時間も掛かりすぎる、今後の数10年に渡る長期間の  
  維持も考えていない、それに最後は注水を止めて原子炉を乾燥させる事になる、  
  それなら、注水を諦め原子炉を乾燥させる方が容易で時間も掛からない。  
 
250 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/20(水) 01:57:19.67 ID:Lphludvb 
  >>249  
  崩壊熱というものがあってだな。  
  冷やさないといずれ超高温になるし、それで圧力容器や格納容器がぶっ壊れて放射性物質がどばどば洩れる危険があるわけだ。  
  それから再臨界はむしろ圧力容器から出ちゃった方がやばいんだが。制御棒から離れちゃうわけでな。  
 
254 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/20(水) 08:00:57.88 ID:ViMVjdU7 
  爆発直後の高温で危険な時期でも核燃料の飛散する量は多くなかった、その後  
  注水してから飛散する量が大幅に増えた、おそらく今も注水は逆効果。  
   
  【問題】注水して飛散量が増えた理由を説明せよ。  
   
  【回答例1】低温でも一旦水に溶け水蒸気に乗って拡散する方がはるかに多い。  
  【回答例2】そんなはずはない、嘘だ。  
  【回答例3】注水して核燃料が高温になった。  
  【回答例4】注水して核燃料が粉々になった。  
  【回答例5】温度はゆっくりと上昇する、注水するころに高温になった。  
  【回答250】注水しないと崩壊熱で超高温になり容器がぶっ壊れどばどば漏れる、  
  再臨界もする(データを大本営が捏造している、絶対に正しい)。  
 
255 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/20(水) 15:51:58.57 ID:Lphludvb 
  >>254  
  頭悪いな。  
  「危険」って言葉は「今すぐ害がある」ってだけじゃなくて「『いずれ』害が出る」って意味もある。  
  その時点で害が無く(少なく)ても、放置しておくとヤバイことになるってわけだ。  
 
256 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/20(水) 15:56:36.77 ID:Lphludvb 
  >>254  
  それから「爆発直後」って何の話だ?  
  水素爆発なら建て屋が吹っ飛んだ話で、原子炉本体の温度とはあまり関係ない。  
 
257 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/20(水) 16:11:30.23 ID:9AiBy5Gq 
  >>1  
  土壌改良ならゼオライトとアイスプラントで可能、  
  ただし金属ミネラルをほとんど吸い上げるから  
  『豊かな土』ではなくなる。除染後に豊かな土に  
  改良するのに必要なコストを考えると、  
  農業は汚染されていない土地に委譲して  
  汚染地は工業都市や学研都市にするか  
  新幹線を引っ張って首都圏のベッドタウンにでも  
  したほうがマシだろう。  
 
261 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/21(木) 17:01:21.56 ID:+HwptvjK 
  浄化できるんだったらわざわざ循環して冷却水にせず  
  そのまま海に流せばええやん  
 
262 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/21(木) 17:43:01.82 ID:yZRJqnON 
  >>261  
  で 新たに冷却水として海水を汲めと?  
 
263 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/24(日) 03:52:54.03 ID:cRMUxJBM 
  日本にはこんな技術もあります・・。  
   
  「ミネラル」を使って「放射性セシウムを可視化」して除去する  
   実験の報告です。  
   
  http://bikou2.p-kit.com/page0004.html の下部の  
  ビデオをどうぞ。  
   
  「放射性セシウム」って浄水器で除去出来るんですネ。  
 
266 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/25(月) 14:29:15.40 ID:n5wEltAp 
  >>263  
  コレって災害用の泥水を浄化するツールでしょ  
  グリーンベレーとかNASAが使ってるやつ  
 
268 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/25(月) 15:17:27.49 ID:GU51Wtou 
  汚染水から放射能を除く→現代技術ではできないだろ。何考えているんだか...放射能をなめすぎ。  
   
  福島1原発1、2、3号機は低温停止できていないので、低温停止まで水で冷やさないと再臨界する。  
  でも圧力容器から水が漏れるため、格納容器に水が溢れ、「水棺」状態になってしまう。  
  格納容器は水圧を考慮していないので、「水棺」だと水圧で崩壊する恐れがあるし、小さな余震で破壊される可能性がある。  
  1号機は圧力容器の保持に問題があるので、「水棺」になってしまうと、圧力容器が傾き、注水できなくなり、再臨界する可能性もある。  
   
  いずれが起きても、高濃度放射能で人が近づけなくなり、福島1原発2号機、3号機等々が注水できなくなり再臨界して蒸気爆発してしまう。  
   
  今や最悪の状況。  
 
274 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/04/26(火) 22:47:59.18 ID:IEWXDc8/ 
  >>268  
  水圧って高々高さ18m程度だろ  
  それに耐えられないタンクって何?  
  重さにに耐えられないってのなら分かるけど  
 
275 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/27(水) 21:52:51.90 ID:9ApXT0KR 
  >>274  
  32m  
 
277 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/29(金) 07:03:54.47 ID:NzwiBZVD 
  格納容器を水で満たすのは効果が不明、水位が上がれば漏れる量も増える。  
   
  次善の策は、格納容器の水を吸引して圧力容器に注水するような循環系を作る、  
  格納容器の水位が下がり水の漏れる量は減らせる。  
   
  最善は、原子炉を覆う囲いを先に作り原子炉から水を抜いてしまう、  
  圧力容器のメルトダウンは容認する、空中に拡散した核物質は囲いで閉じ込める。  
   
  もう一つ、鉛を投入して容積を増やして平均温度が下げられる、  
  溶けた鉛の上に二酸化ウランが浮かんで圧力容器や格納容器の底が保護される、  
  鉛を投入すると1号機の圧力容器のメルトダウンも避けられる可能性が有る、  
  今では熱量は1MW以下に低くなっている、水で冷さなくても千℃以下に  
  収まり圧力容器や格納容器は持つはず。  
 
279 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/04/29(金) 21:15:55.41 ID:4+px7OH4 
  >>277  
  鉛のほうが放射性物質より生物に悪影響がありそうだが?  
  ロシアが言ってたスズの方がいいんじゃないか?  
 



21:36|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

トラックバックURL

コメントする

名前:
 
 
記事検索
最新コメント
プロフィール

とある科学の最新情...

QRコード
QRコード