【宇宙】惑星上の生命を焼く“悪夢”のフレア 太陽系外惑星の多くは生命にとり危険な恒星を周回


 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1295965292/ 
 
1 名前:星降るφ ★[] 投稿日:2011/01/25(火) 23:21:32 ID:??? 
  惑星上の生命を焼く“悪夢”のフレア  
  Richard A. Lovett in Seattle, Washington for National Geographic News  
  January 25, 2011  
   
   地球に似た惑星から生命体を見つけようとする科学者は、暑すぎも寒すぎもしない  
  「ゴルディロックス・ゾーン」内の惑星を特に追い求めてきた。ゴルディロックス・  
  ゾーンは、液体の水に適する条件が整った恒星の周りの領域を指し、「ハビタブル  
  ゾーン」(生命居住可能領域)とほぼ同じ意味で使われることが多い。ところが最新の  
  研究によると、太陽系外にある既知の惑星の多くはゾーン内外を問わず、生命にとって  
  あまりに危険な恒星を周回している可能性があるという。  
   
   人間でいえば“中年”にあたる恒星の近くを木星サイズの惑星が周回すると、恒星は  
  突然“若者”の荒々しさを取り戻す場合がある。若返った恒星では巨大フレアが発生し、  
  本来なら生命が居住できる惑星に危険な放射線や焼け付くような熱風、オゾン層を  
  破壊する紫外線を浴びせる。  
   
   関連研究でも、年老いた薄暗い恒星が近い位置で対になると、同様の現象が起きる  
  という結果が示された。巨大フレアが発生すると、恒星の明るさが最大10%、急激に  
  増すという。  
   
   多くの場合、誕生から間もない恒星は非常に速く回転し、強力な磁場を作り出す。  
  恒星の表面にさまざまな力が働き、磁力線が絡み合うことで、フレアなどの爆発が起きる。  
  その端的な例がこいぬ座の赤色矮星YZ CMiで、誕生から推定で数億年しかたっていない。  
  一方、我が太陽は45億歳の“中年”である。  
   
   YZ CMiの自転周期は2.8日で、太陽の10倍弱のスピードに相当する。ワシントン大学の  
  大学院生アダム・コワルスキー氏によると、驚くほど激しいフレアが発生しても不思議  
  ではない速度だという。  
   
   実際、コワルスキー氏は2009年、巨大フレアによってYZ CMiの紫外線放射量が200倍  
  以上に増大する様子を観測した。恒星のゴルディロックス・ゾーン内を周回する地球型  
  惑星のオゾン層が完全に破壊されてしまう放射量だ。  
   
   ワシントン州シアトルで1月9~13日に開催されたアメリカ天文学会の会合で、「悪夢の  
  ようなフレアだった」とコワルスキー氏は振り返った。  
   
   恒星は時とともに自転速度を緩め、その荒々しさは弱まっていく。例えば、太陽には  
  いまだ活動周期があり、フレアによって人工衛星の障害や電力網の混乱を引き起こすこと  
  もあるが、YZ CMiほどの規模ではない。  
   
   ところが、ペンシルバニア州のビラノバ大学に所属する天文学者エドワード・ギナン氏は  
  最近、太陽とほぼ同じ年齢の恒星で、X線の巨大フレアや大きな黒点、強力なコロナ質量  
  放出を確認した。  
   
   K型主系列星(KV、橙色矮星)HD 189733は太陽の80%程度の大きさだが、2倍速い12日  
  で自転。その活動レベルは6億歳くらいに相当する。  
   
   異常なほど活動的なこの星は、離れた位置に穏やかな伴星を持つ。こちらは誕生から  
  45億年は経っていると推定される。2つの星はほぼ間違いなく同じ時期に形成されたはずで、  
  活動度の違いは不可解だとギナン氏は話す。  
   
  (>>2以降に続く)  
   
  ▽記事引用元  ナショナルジオグラフィック ニュース  
  http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110125001&expand#title  
   
  ▽画像  恒星の前を通過する「ホット・ジュピター」(想像図)  
  http://www.nationalgeographic.co.jp/news/bigphotos/images/massive-stellar-flares_31333_big.jpg
 
  Image courtesy C. Carreau, ESA  
 
  

2 名前:星降るφ ★[] 投稿日:2011/01/25(火) 23:22:16 ID:??? 
  (>>1の続き)  
   
   ギナン氏によると、HD 189733が危険なまでの若さを保っているのは、木星サイズの  
  惑星が螺旋を描きながらゆっくり近づいているためだという。この「ホット・ジュピター」  
  は主星との距離が非常に近いため、2.2日で周回してしまう。その過程で、惑星の磁場と  
  主星の磁場が押し合って角運動量が変わり、主星の自転が速くなるとギナン氏は説明する。  
   
   HD 189733系に岩石でできた地球型惑星が含まれているかはわかっていない。いずれに  
  せよ、ホット・ジュピターがHD 189733の若さを保っているため、たとえほかの惑星に  
  生命が存在しても、破滅の運命にある可能性が高い。  
   
   今回の発見は、生命が居住可能な天体を探す試みそのものに打撃を与えるかもしれない。  
  現時点で確認されている太陽系外惑星は500を超えるが、その多くがホット・ジュピター  
  である。しかも、コンピューターモデルでは、ホット・ジュピターが存在する恒星系の  
  3分の1以上に地球型惑星も含まれているというデータが出ている。  
   
  「ホット・ジュピターを持つ恒星系をほかにも調べてみたが、多くの主星は自転周期が  
  速く若く見える」とギナン氏は述べている。  
   
  (記事ここまで)  
 
3 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 23:27:23 ID:yEVu1Ku6 
  >>1  
  >人間でいえば“中年”にあたる恒星の近くを木星サイズの惑星が周回すると、恒星は  
  >突然“若者”の荒々しさを取り戻す場合がある。  
   
  満員電車で女子中学生にもたれ掛かられたら、そうなるな。  
 
5 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/25(火) 23:32:29 ID:TBlnWOZP 
  >>3  
  放射線やら先走り汁やら、ぶっかけたりするんですね。  
 
31 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 09:24:36 ID:6CcJoPZy 
  >>3>>5  
   
  アンカ間違った  
 
4 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 23:27:49 ID:5GOv0MkP 
  なんとなく無常の月を思いだした  
 
30 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 09:23:36 ID:6CcJoPZy 
  >>3-4  
  おまえらww  
 
18 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 02:38:34 ID:07XztQz4 
  >>4  
  ニーヴンだっけ。嫌な事件だったねw  
 
8 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/25(火) 23:59:47 ID:sI86hlgG 
  宇宙は広いんだから知的生命体はいるっていう人いるけど  
  地球みたいな環境が揃うのもまた恐ろしく低い確率だよねって言いたい  
 
32 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 11:02:08 ID:40DPkzFH 
  >>8  
  無限に近い領域では確率の低さなど意味は無い  
 
14 名前:名無しの秘密[sage;] 投稿日:2011/01/26(水) 00:21:57 ID:wX+rRmaJ 
  >>1  
   この小悪好ー氏って、あの人間嫌ーの?       
 
15 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 00:48:25 ID:CKtySbRm 
  大丈夫、もし大気層を吹っ飛ばす程度の放射線が地球に降り注いだらみんな一緒に朽ち果てるから。  
  全員揃って楽に死ねるよ。リアルなリセットボタンだな。多分再起動しないけど。  
   
  それにしてもこういうのを聞くといよいよ「人間原理」を信じざるを得なくなりそうだ。  
 
34 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 11:14:45 ID:piSLyf1z 
  >>15  
   
  人間原理ってのは結果論をねじ曲げて「神の恩寵」をサイエンスっぽい言葉に  
  翻訳しただけの疑似科学だ。  
  宗教みたいなもんだから信じたいって言うなら止めはしないけどね。  
 
66 名前:15[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 20:22:29 ID:CKtySbRm 
  んで>>15の俺はどうリアクションを返せばいいんかね?  
   
  「所詮観測なんて距離に応じて時間が経過してるんだから過去の情報に過ぎない、事象の地平の向こうなんぞどう足掻いても思考実験だ」  
  「エネルギーポテンシャルの不均衡があれば生命みたいなもんはできる鴨試練が自己複製と自己増殖まで至るかが問題、知性を獲得するまでは更に越えられない壁がある」  
   
  どっちがいいと思う?  
 
19 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 02:42:22 ID:Fh4TjjSe 
  向こうでは、「冷たすぎる星に生命が誕生するわけがない」として、太陽系では水星がもっとも有力な  
  有生命惑星であると見なされるのであった。  
 
21 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 03:19:35 ID:jmnIQIxN 
  >>19  
  それはあるかもね。  
  生命にとって安全危険といってもそれは地球の生命の基準だしね。  
  地球外生命体にとっては地球は劣悪な環境なのかもしれない。  
   
  危険で不安定な元素である酸素をメイン燃料にしてる地球生命の方が異常なんじゃないかって気がする。  
  発火するし、酸化するし、酸素はマジで危ない元素。  
 
27 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 08:33:44 ID:SGC423Ob 
  >>21  
  まぁ宇宙人からみたら酸素マジ猛毒って思うかもな  
 
93 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/29(土) 20:20:57 ID:t6Fv9iuq 
  >>21  
  酸素がない環境が生物の起源だし、種もおそらく多いけど、  
   
  酸素が使えないと、代謝速度が早くできないから、空飛んだりとか  
  知的活動をさせたりするのは無理っぽ。  
 
26 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 07:57:33 ID:qWfSINzm 
  宇宙もしくはそれを含む構造体にとって生命はイレギュラーな存在、なのかも。  
  だとしたら寂しいね。我々は何処へ行くのか。人生の目標以前に種としての目標が無い。  
   
  >>19,21  
  クレメントの「アイスワールド」では地球は「水が液体の状態で存在し、硫黄も凍てつく極寒の惑星」だった  
 
28 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 09:19:08 ID:ljX7YvFl 
  地球で最初の生命体は煮えた硫化水素の中で生まれたんだそうだ  
 
36 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 11:48:46 ID:m/pKqhux 
  こういうの見るたびに思うんだけど  
  生命がいる環境を地球の基準で探すのってどうなの?  
  地球みたいな環境じゃなきゃ絶対に生命って生まれないの?  
 
37 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 11:59:16 ID:40DPkzFH 
  >>36  
  そんな事無いと思うんだが・・・  
  なんで水(血液をなす為の液体?)がないと駄目なのか意味不  
 
38 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 12:01:16 ID:piSLyf1z 
  >>36  
   
  例えば有機物が分解するような高温でも何らかの物質を代謝し繁殖する「何か」が  
  存在するとして、人類はそれを生命として認識できるんだろうか?って問題だね。  
   
 
39 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 12:05:02 ID:m/pKqhux 
  >>37-38  
  だよなぁ、もっと柔軟に生命を定義して探してほしいと思う。  
  力もってそうな学者でさえ地球の生命基準で探してるんだもの。  
 
41 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 12:33:35 ID:VXcFeg7u 
  >>37-39  
  地球外生命ネタではよくお前らみたいな書き込みを見るが、ナンセンス。  
  地球タイプの生命化学サイクル以外で、  
  SFじゃなくて科学的に説得力のあるモデルも実例もない以上、  
  生命探求を地球タイプあるいはそれに類似したもの  
  に絞るのは当然のこと。  
 
42 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 12:44:14 ID:FKwlVL1/ 
  >>41の指摘通り  
  地球タイプの生命モデル以外の生命モデルが発見されてない限り  
  地球タイプ以外の生命モデルを思考しろっていうのは無茶な話さ  
 
43 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 12:55:26 ID:m/pKqhux 
  >>41-42  
  なるほどなぁ、確かに納得するわW池上かおまえらW  
  でもほらやっぱりさぁ、地球代表で捜索してるわけだし、  
  全然地球と違う生命体の発見に期待しちゃうんだよなぁ~。  
  無理な話なのかなぁ…  
 
46 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 13:48:32 ID:piSLyf1z 
  >>41  
  > 地球外生命ネタではよくお前らみたいな書き込みを見るが、ナンセンス。  
   
  なんで具体例を想像しただけで言葉狩りされにゃならんの?  
  頭おかしいんとちがう?  
 
47 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 13:48:37 ID:QBHMeEuj 
  >>41  
  計算機上のシミュレーションで、ある程度の複雑性をもつ自己増殖系って探せないのかな  
  まだまだ計算機パワーが足りないか  
   
 
65 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 20:10:04 ID:4IYsHKyJ 
  34 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 11:14:45 ID:piSLyf1z [1/3]  
  >>15  
   
  人間原理ってのは結果論をねじ曲げて「神の恩寵」をサイエンスっぽい言葉に  
  翻訳しただけの疑似科学だ。  
  宗教みたいなもんだから信じたいって言うなら止めはしないけどね。  
   
  38 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 12:01:16 ID:piSLyf1z [2/3]  
  >>36  
   
  例えば有機物が分解するような高温でも何らかの物質を代謝し繁殖する「何か」が  
  存在するとして、人類はそれを生命として認識できるんだろうか?って問題だね。  
   
   
  46 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 13:48:32 ID:piSLyf1z [3/3]  
  >>41  
  > 地球外生命ネタではよくお前らみたいな書き込みを見るが、ナンセンス。  
   
  なんで具体例を想像しただけで言葉狩りされにゃならんの?  
  頭おかしいんとちがう?  
   
 
82 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/28(金) 15:25:55 ID:D43PSElv 
  >>39  
  その解釈を広げちゃうと火星や木星だって「生命」なのかもしれない  
  ただ人類が解釈する「生命」とはかけ離れちゃってるからそう認識しないだけで  
   
  結局は人類が定義する「生命」に当てはまる物を見つけないと意味がないんだよ  
  だから最低限水を必要として生きる生命を探す事になる  
 
48 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 13:53:25 ID:40DPkzFH 
  入力する情報自体把握して無いだろw  
  地球モデルしか想定してないのなら・・・  
 
49 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 13:55:24 ID:m/pKqhux 
  そうだ、宇宙、いこう  
 
50 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 13:57:28 ID:ljX7YvFl 
  だからヒ素使った生命がいるかもしれないで大騒ぎになるのか  
   
  http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1291316989/  
 
55 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 14:42:11 ID:pH9oF9LH 
  つーか地球型の惑星が言葉通り星の数ほどあるんだから、そちらから調べるのは極自然じゃねーの。  
 
57 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 15:41:23 ID:x0hUnsAS 
  >>55  
  >地球型の惑星が言葉通り星の数ほどある  
   
  今までに検出された地球型惑星は数えるほどしか無いぞ?  
   
   
 
56 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 15:01:52 ID:m/pKqhux 
  近くに火星っていう住めそうな星あるんだから  
  そこに先客いないかどうかは確定させてほしいな  
 
58 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 15:48:49 ID:40DPkzFH 
  自分の目の前しか探してないんだから当然であるw  
 
60 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 16:08:14 ID:Qil9G5nj 
  周囲ちょっと調べてどんどん太陽系ライクな恒星系が発見されている。  
  おそらく一定範囲内には今発見済みの地球型惑星の数十倍、数百倍はあるであろうにも関わらず、  
  文明発祥と思われる電波源がいまだ発見されていない。  
  逆に地球人類が宇宙唯一の知的生命って説がどんどん補強されていると思うわ・・  
 
83 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/28(金) 15:31:53 ID:D43PSElv 
  >>60  
  それは自分の部屋を回し見て「俺以外に誰もいない。ということはこの地球上には  
  俺以外の人間は存在してないな」って言っているようなもんだよw  
   
   
 
61 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 16:10:51 ID:40DPkzFH 
  そうか、俺ら1人1人がギリシャ神話の神のような存在なんだな そう考えると胸熱だな  
 
62 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 16:50:09 ID:Exgz0Kmx 
  人間の科学程度で認識できる電波等は到達距離が短くて地球に届かなく  
  実は別レベルの電波はあふれるほど充満しているのかもしれない  
  ってさっきから夢見過ぎか  
 
63 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 16:54:46 ID:ljX7YvFl 
  宇宙人の超文明は光より速い手段で通信してるので  
  現代地球人にはわからないのさ・・・なんちゃって  
 
64 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/26(水) 17:08:28 ID:m/pKqhux 
  >>61-63  
  おまいらイイヨイイヨー  
  宇宙はそれくらいファンタジックじゃなきゃぁ  
 
70 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/27(木) 16:23:23 ID:eIyye7MR 
  >>60>>62>>63  
  マジレスで悪いんだけど、例えば半径数100光年の範囲内にあるどこかの惑星上に知的生命体が住んでいたとしても。電波を使えるところまで技術が進んでいない可能性は否定できないよ。  
  我々の電波利用にしても、マルコーニが無線機を発明してから100年と少ししか経っていないんだし。  
  地球外知的生命=超文明の持ち主とは限らないと思う。  
 
69 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/27(木) 11:52:22 ID:O82Wi0ZL 
  より地球に近い系外惑星が見つかっているさなか、  
  ちょっと残念なニュースだなぁと思った。  
  地球外生命体がいないという可能性がより高くなるニュースというのは  
 
73 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/27(木) 19:22:20 ID:2/+4F56E 
  >>69  
  現代の技術では、ホットジュピターを手掛かりに地球型惑星を見つけているのでは?  
  まあ宇宙人なんていない方が、環境の良い惑星を取り放題で良いとは思うけど。  
 
71 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/27(木) 17:02:26 ID:ceNn2Orv 
  そもそも、地球生命とは根本的に異なる感覚器官を持ってるなら、文明が進んでも遠距離通信に電磁波なんか  
  使わない可能性の方が高いな。  
  代わりに、地球生命が絶対に理解できないような何かを使うだろうし。  
 
72 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/27(木) 18:57:13 ID:dfs/Z/Gm 
  >>71  
   
  地球人だって電波を直接知覚してるわけじゃないんだけど?  
 
76 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/27(木) 21:03:17 ID:ceNn2Orv 
  >>72  
  一部の波長は「可視光」として知覚できるでしょ  
 
79 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/28(金) 00:31:16 ID:vNyPcr4h 
  >>71  
  ニュートリノとかの粒子1粒に膨大な情報を付加して情報を伝達してるとか  
  ・・・いや、よくわからず適当な妄想で言ってみてるだけだけど  
   
  もしかしたら「地球って電波垂れ流ししてる野蛮な星でしょ!だっせー!」  
  とか言われてる可能性もあるw  
 
80 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/28(金) 04:03:10 ID:gRLtluGU 
  >>71  
  まあ少なくとも地球でいう可視光を使って物体を認識してはいないだろうな  
  そこらへんがほとんどのSFの宇宙人たちと違うところだ  
 
75 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/27(木) 20:22:06 ID:2LhIM8Ud 
  25万年後には地球の潮汐力の影響で月が崩壊する(ロシュの限界  
  月が無くなれば生物学的影響は甚大  
   
  太陽そのものは10億年後だかに肥大化が始まりまず水星を呑みこむ  
 
78 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/27(木) 23:20:52 ID:+hpWlqdy 
  >>73  
  トランジット観測ならホットジュピターじゃなくても見つけられるし、  
  画像解析技術の進歩で直接撮像も不可能じゃなくなってきている。  
   
  >>75  
  月はむしろ地球から遠ざかりつつあるし、太陽が主系列星段階を  
  終えるまではあと50億年くらいあるんだが。  
   
 
81 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/28(金) 14:29:47 ID:Fug0/83W 
  >>78  
  わずか10年弱でそこまで進歩してんのかぁ  
 
90 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/29(土) 19:44:54 ID:gGSFOucP 
  >>78  
  つttp://wiredvision.jp/news/200906/2009060423.html  
 
91 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/29(土) 19:56:19 ID:gGSFOucP 
  >78  
  月は地球との潮汐力の影響で角運動量を失う分、遠心力が勝って年間3.8㎝ずつ遠ざかる  
  だが、やがて角運動量が引力に負けて地球に接近を開始する  
  そしてロシュの限界内であぼーんすると言われている  
  つhttp://moonstation.jp/ja/qanda/F318  
 
77 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/27(木) 21:52:58 ID:t7+fv1BA 
  >>75  
  え?  
 
94 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2011/01/29(土) 20:21:31 ID:HLVg9AQF 
  太陽は、危険な恒星ではないと安心してるみたいだが、既に地球温暖化して  
  いる訳で、危険になっているんだがな。  
  地球以外の太陽系内の惑星も温暖化して、太陽からの放射が強くなっている  
  この頃、いつ無限のリヴァイアスのようになるか分からないんだがw  
 
95 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/29(土) 20:33:29 ID:AMeGoGKy 
  >>91  
  >>94  
  え?  
 
98 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/30(日) 11:47:43 ID:GYJQnAiO 
  宇宙に知的生命を探すくらいなら、地球上の動物を遺伝子改造して、知的生命にしてしまえばいいじゃないか。  
   
   
 
99 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2011/01/30(日) 16:21:40 ID:s5xSK6Zj 
  >>98  
  ジョファーに怒られるよう(´・ω・`)  
 



19:03|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

トラックバックURL

コメントする

名前:
 
 
記事検索
最新コメント
プロフィール

とある科学の最新情...

QRコード
QRコード