2011年10月

2011年10月20日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1318779481/ 
 
1 名前: ◆EVZZPPyfU6 @ウェザーρ ★[sage] 投稿日:2011/10/17(月) 00:38:01.90 ID:??? 
  ☆円周率で10兆桁達成 自作パソコンで長野の男性☆  
  2011.10.16 20:48  
   
  長野県飯田市の会社員、近藤茂さん(56)が16日、自宅のパソコンで円周率を小数点以下  
  10兆桁まで計算し、昨年8月に自ら立てたギネス世界記録の同5兆桁を更新した。  
   
  48テラバイトのハードディスク(HDD)を搭載した自作パソコンで、昨年10月に計算を開始。  
  HDDの故障や停電で約10回も中断し、2日間再開できないこともあった。東日本大震災の影響で  
  計画停電がうわさされたときは自家発電を覚悟した。  
   
  パソコンの熱で40度近くに上昇する部屋で、妻幸子さん(54)は「洗濯物を室内に干すと早く乾いて助かったけど、  
  電気代が月3万円もかかるのはつらかった」と苦笑いした。  
   
  「頭の片隅から円周率が離れない日は、もう終わった」とほっとした様子の近藤さん。ギネス申請  
  手続きには千ユーロ(約11万円)かかるため、今回の記録をどうするか夫婦で相談中だ。  
  倍の20兆桁に挑戦するつもりだが「少し休憩だな」と笑った。  
   
  ▽ソース:MSN産経  
  http://sankei.jp.msn.com/science/news/111016/scn11101620490002-n1.htm  
  ▽画像:自作のパソコン(左下)で円周率を小数点以下10兆桁まで計算し、自身の持つギネス世界記録  
  5兆桁を更新した近藤茂さん(左)。右は妻の幸子さん=16日夜、長野県飯田市  
  http://sankei.jp.msn.com/images/news/111016/scn11101620490002-p1.jpg
 
 

【円周率】長野の会社員、円周率10兆桁達成…自作パソコンで自己の持つ世界記録5兆桁を更新
05:58|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年10月19日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1317994879/ 
 
1 名前:一般人φ ★[] 投稿日:2011/10/07(金) 22:41:19.96 ID:??? 
   新燃岳の噴火活動について、鹿児島大の井村隆介准教授(火山地質学)は6日、宮崎県都城市の都城西高で  
  講演し、地下のマグマだまりへのマグマの供給が続き、あと2か月ほどで今年1月26、27日と同規模の  
  噴火が起きた状態になる可能性があると指摘した。  
   
   
   井村准教授によると、全地球測位システム(GPS)による観測で、新燃岳を挟んで設置された鹿児島県  
  霧島市と宮崎県えびの市の観測点の距離が、1月の噴火後から9月末までに約2・5センチ膨張したという。  
  2009年12月から今年1月26日の噴火までに約4センチ膨張したが、噴火後に約3センチ収縮していた。  
   
   井村准教授は「マグマの供給は09年12月から衰えず、あと2か月で1月の噴火レベル近くに戻ると、  
  当時のような爆発的噴火が想定される。噴火が終息しているとは思わず、油断しないで」と話した。  
   
   また、1月26、27日の噴火による火山灰などの噴出量が、桜島の昨年1年間の爆発的噴火  
  (計896回)の10倍だったことも紹介し、警戒を促した。  
   
  ▽記事引用元 読売新聞(2011年10月7日09時50分)  
  http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111007-OYT1T00213.htm  
 

【火山】新燃岳、「あと2か月ほどで爆発的噴火の可能性」…鹿児島大准教授
04:12|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年10月18日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1314907110/ 
 
1 名前:うんこなうρ ★[] 投稿日:2011/09/02(金) 04:58:30.17 ID:??? 
  2011年8月24日、青森市の下水処理施設「八重田浄化センター」に勤務する職員2人が、  
  下水の水質検査時に発生する廃液から精製される「銀」を私的に現金化していたことが分かった。  
  この職員は、銀を回収業者に売却し、約14万3000円を受け取っていた。  
  受けっとった現金は親睦会費に充てていたという。  
   
  下水の水質検査時には、試薬として硝酸銀が混ぜられる。この廃水に食塩を加えるだけで、  
  塩化銀を作ることができる。この塩化銀をバケツにためて、一定量が溜まると業者に売却していたとのことである。  
   
  青森市の調査に対し職員は、ゴミの有効活用のようなものである、という認識でいたとのことである。  
  同市としては経理上の問題として、職員を処分する方針だという。また、売却益の返還については検討中とのことだ。  
  職員によると、受け取った現金は、親睦会費として、お茶代や検査時の備品購入などに充てていたという。  
   
  下水からは「リン」などの有用な資源が採取できることが分かっており、自治体では実用化に向け研究を進めている。  
  今回は、試薬の銀を回収するということを私的に行ったということである。  
  きちんと報告をして、業務の上で行っていたならば何も問題は無かったのだろう。  
   
  http://water-news.info/1868.html  
  http://farm4.static.flickr.com/3305/3498221509_3a1d5cd734_o.jpg
 
   
  関連  
  東京都 下水から資源採取へ。下水汚泥からリン成分抽出実用化の検討へ  
  http://water-news.info/1132.html  
  銀精製売却、職員2人を懲戒処分 保護費放置も発覚  
  http://mainichi.jp/area/aomori/news/20110827ddlk02010052000c.html  
 

【化学】下水処理施設職員、水質検査の廃液から塩化銀を精製し現金化
03:15|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年10月17日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1318351262/ 
 
1 名前:白夜φ ★[] 投稿日:2011/10/12(水) 01:41:02.04 ID:??? 
  人類は今も進化中、小さな進化は数世代で顕在化 カナダ研究  
  2011年10月11日 15:11 発信地:オタワ/カナダ  
   
  【10月11日 AFP】人類が今も進化を続けていることを示す貴重な証拠がカナダ・セントローレンス海路  
  (Saint Lawrence Seaway)のクードル島(Ile aux Coudres)の教会名簿の中に発見されたとする論文が、  
  11日の米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に掲載された。  
   
  クードル島はケベック市(Quebec City)の80キロ北東にある。  
  1720年から1773年の間に30家族がこの島に定住して以来、人口は1950年代までに1585人に達した。  
   
  ケベック大(University of Quebec)の研究チームは、誕生日、婚姻、死亡などの詳細が記録された  
  教会名簿を調査し、1799年から1940年までの140年間に平均初産年齢が26歳から22歳になったことを  
  見出した。  
   
  ■初産年齢の低下  
   
  女性の初産年齢は、遺伝性が高い特徴の1つだ。  
  出産のタイミングは社会階級、学歴、宗教に関連していることが知られているが、この島の  
  住民はこれらの点を含めて極めて均質性が高い。このことが、クードル島を統計分析に  
  理想的な場所にしている。  
   
  環境・社会的要因を差し引いたのち、研究チームはこの世代間の平均初産年齢の変化が  
  「主に遺伝子レベルで発生した」と結論付けた。  
   
  論文は次のように述べている。  
  「現生人類は文化的・技術的進歩が自然選択を無効にしたため進化を止めたと言われるが、  
  今回の研究は人類がいまだに進化を続けているという考えを後押しするもの。人類の小さな  
  進化がわずか数世代で顕在化することも示している」  
   
  ■自然選択と初産年齢  
   
  論文は、工業化されていない別の島社会での研究を指摘している。  
  その研究によると、自然選択は家族を増やして健康を増進するよう、初産年齢を下げる方向に働いた。  
   
  研究グループは、初産年齢の低下は、19~20世紀の西洋社会で栄養が改善されたことや、  
  女性の栄養状態が良くなって成長が速まり、早く子どもを産める体になったことに適応した  
  可能性があるとしている。  
   
  しかし、初産年齢の低下により新生児や児童の生存率が上がるはずだが、実際の生存率は  
  140年間ほぼ変わっていないという。(c)AFP/Michel Comte  
  _________________  
   
  ▽記事引用元 AFPBBNews  
  http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2834214/7907420?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics  
   
  ▽関連  
  PNAS  
  Evidence for evolution in response to natural selection in a contemporary human population  
  http://www.pnas.org/content/early/2011/09/28/1104210108.abstract  
 

【研究】人類は今も進化中、小さな進化は数世代で顕在化 カナダ研究
02:58|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年10月16日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1318423277/ 
 
1 名前:チリ人φ ★[] 投稿日:2011/10/12(水) 21:41:17.75 ID:??? 
  震災想定できず「地震学の敗北」 問い直す日本地震学会始まる  
   
  東日本大震災以降初めてとなる日本地震学会の秋季大会が12日、静岡市内で始まった。主なテーマは  
  大震災や東海・東南海・南海地震など巨大地震の解明。最終日の特別シンポジウムでは、大震災を想定  
  できなかったことについて「地震学の敗北」と異例の自己批判をし、防災に寄与する研究の方向性などを  
  模索する。15日まで。  
   
  大会では、東日本大震災のこれまでの分析などをもとに、マグニチュード(M)9の巨大地震と今回の大津波が  
  どのように発生したのかなどについて、9つのセッションに分かれ、研究発表が行われる。  
   
  最終日の15日は、静岡大学で、特別シンポジウム「地震学の今を問う」を開催。地震学について、「東日本  
  大震災の発生の可能性を事前に指摘することすらできなかったことは大きな敗北」と位置づけ、「何が  
  いけなかったのか」などについて議論を呼びかけ、日本の地震予知体制を強く批判している東京大学・ロバート・  
  ゲラー教授による特別講演「地震科学と災害対策・リセットの時期」なども行われる。  
   
  同学会は来春までに議論の成果を提言にまとめることにしており、学会長の平原和朗・京大教授は「次の備えに  
  向けて、社会にどう貢献できるのか。議論を深めたい」と話している。  
   
  http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111012/dst11101210110007-n1.htm  
   
  関連スレ  
  【原子力】「信頼される専門家集団に」反省、自己批判も 原発事故後初の日本原子力学会  
  http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1316430260/  
 

【地震】震災想定できず「地震学の敗北」…異例の自己批判 日本地震学会が開幕
03:02|この記事のURLコメント(1)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年10月15日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1317722816/ 
 
1 名前:0 3φ ★[] 投稿日:2011/10/04(火) 19:06:56.50 ID:??? 
  スウェーデン王立アカデミーは4日、2011年のノーベル物理学賞を、宇宙の膨張を観測で突き止めた  
  ローレンス・バークレー国立研究所のソール・パールマッター氏、オーストラリア国立大学のブライアン・シュミット氏、  
  ジョンズ・ホプキンス大学のアダム・リース氏に授与すると発表した。  
   
   授賞式は12月10日にストックホルムで開く。賞金は千万クローナ(約1億千万円)。  
   
  ソース:ノーベル物理学賞にパールマッター氏ら 宇宙の膨張解明(Nikkei.com)  
  http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE2E6E2E7E78DE2E6E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2  
   
  ----------  
   
  2011年度のノーベル物理学賞は、遠方にある超新星の観測を通じて宇宙の加速膨張を発見したことにより、  
  「The Supernova Cosmology Project」のチームのSaul Perlmutterに賞の半分を、  
  「The High-z Supernova Search Team」チームのBrian P. SchmidtとAdam G. Riessのニ氏に残りの半分を授与する。  
   
  ソース:The 2011 Nobel Prize in Physics - Press Release(プレスリリース)  
  http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/physics/laureates/2011/press.html  
   
  ----------  
   
  参考:21名の新たなノーベル賞有力候補者を発表(2010年9月21日)  
  http://science.thomsonreuters.jp/press/release/2010/2010-Citation-Laureates/  
   
  ※昨年の予想が的中しました。  
 

【ノーベル賞】2011年のノーベル物理学賞は宇宙の膨張解明でパールマッター氏ら三氏に
03:48|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年10月14日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1316511825/ 
 
1 名前:宇宙三銃士スターボーφ ★[] 投稿日:2011/09/20(火) 18:43:45.29 ID:??? 
   トヨタグループの豊田中央研究所(愛知県長久手町)は20日、水と二酸化炭素(CO2)を原料にし、  
  太陽光エネルギーを利用することで有機物をつくり出す人工光合成に成功したと発表した。  
   
   豊田中央研究所によると、特別な薬品や極めて強い紫外線などを利用して成功した例はあるが、  
  植物と同様に水とCO2のみを原料として成功するのは世界初という。米国の化学誌電子版に掲載された。  
   
   CO2削減による温暖化防止や、石油に代わる新しいエネルギー源として将来、活用が期待できるという。  
  ただ、太陽光のエネルギー変換効率は0.04%と、植物の光合成に比べ約5分の1と低い。  
   
   今後は変換効率を高めるとともに、アルコールなど用途が広い有機物をつくり出し、自動車の動力源などへの  
  利用を目指すが、実用化のめどは立っていないという。  
   
   今回の技術は、水から電子を抽出し、光を吸収する半導体で太陽光を受け、抽出した電子を活性化させる。  
  さらに希少金属の一種を触媒に使って、その電子とCO2から、酢の仲間の有機物である「ギ酸」をつくるという。  
   
  毎日新聞 2011年9月20日 18時18分  
  http://mainichi.jp/select/biz/news/20110921k0000m020022000c.html  
  プレス記事  
  http://www.tytlabs.co.jp/japanese/news/press/20110920_press.pdf  
  関連スレ 【エネルギー】光吸収100倍以上の低コスト太陽電池を開発 さらに、生活排熱で発電も? 2013年の実用化目指す/岡山大  
  http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1316440135/  
  【エネルギー】砂から太陽電池、砂漠で発電 東大などが新エネ構想  
  http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1314434743/  
 

【エネルギー】人工光合成:水とCO2のみを原料で成功 世界初、豊田中央研究所[09/20]
08:06|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年10月13日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1317948694/ 
 
1 名前:依頼25-234@白夜φ ★[] 投稿日:2011/10/07(金) 09:51:34.03 ID:??? 
  カラスは数が分かります 人と同じ思考の可能性 宇都宮大グループ解明  
  2011.10.3 15:02 [生物]  
   
  カラスの生態に関する研究を続けている宇都宮大農学部の杉田昭栄教授(動物形態学)らの  
  グループが、餌を使った実験でカラスが数を認識できることを解明したことが3日、分かった。  
  同日までに動物行動学の国際誌に掲載された。  
   
  杉田教授によると、カラスの数の認識力を解明したのは世界初で、  
  「数について人間と同じような思考を持っている可能性がある」と指摘している。  
   
  実験はハシブトガラス8羽で実施。  
  縦2.5メートル、横2.5メートル、高さ1.9メートルのケージ内に同じ容器を2つ用意し、  
  ふたに同じ模様のマーク2個と5個を描いた。  
  5個の方だけに餌を入れてふたを破って食べられるようにし、餌の取得率が70%を超えるまで訓練した。  
  この条件でマークについて(1)場所を一定にしない(2)異なる図形にする(3)総面積を均等にする  
  -の3種類で20パターンずつ実験。マークの形、面積、位置などで判断していないことを裏付けた。  
  ___________  
   
  ▽記事引用元 産経ニュース  
  http://sankei.jp.msn.com/science/news/111003/scn11100315030003-n1.htm  
   
  実験で、マークの数が多い方を選ぶカラス(宇都宮大農学部の杉田昭栄教授提供)  
  http://sankei.jp.msn.com/images/news/111003/scn11100315030003-p1.jpg
 
   
  (動画)47NEWS  
  カラスは数が分かります Crows can recognize numbers  
  http://www.47news.jp/movie/general_topics/post_5411/  
   
  *ご依頼いただきました。  
 

【生物】カラスは数が分かります 人と同じ思考の可能性 宇都宮大グループ解明
04:08|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年10月12日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1314278576/ 
 
1 名前:星降るφ ★[] 投稿日:2011/08/25(木) 22:22:56.94 ID:??? 
  冥王星はやはり惑星? 議論が再燃  
  Victoria Jaggard  
  for National Geographic News  
  August 25, 2011  
   
   冥王星が公式に準惑星へ格下げされてから5年が経過した。しかし、「惑星」の定義に関する議論は  
  いまだ収まることがない。  
   
   アメリカ、メリーランド州にあるNASAゴダード宇宙飛行センターの惑星科学者マーク・クチナー  
  (Marc Kuchner)氏は、「言葉の意味をめぐる議論にすぎないのかもしれないが、細心の注意を払う  
  必要がある。これは惑星の定義が変更されたときの教訓だ」と話す。  
   
  「決定が下された後、世界中の天文学者があらゆる人から大小の苦情を受けた。惑星はとても私的な  
  存在だ。われわれは地球、月、そしてほかの惑星を自分の“故郷”の一部ととらえている。だからこそ  
  冥王星の一件で大きな動揺が起きたのだろう」。  
   
   また2006年の決定以降、天文学者たちは数々の科学進歩を成し遂げ、この問題はさらに複雑な様相を  
  呈している。具体的には、恒星を周回しない惑星の発見や、太陽系の誕生からの変遷に関する新たな  
  モデルなどである。  
   
   そして2012年、国際天文学連合(IAU)の総会が中国、北京で開催される。IAUは惑星の定義に関する  
  投票を呼び掛けた組織で、現在も多くの専門家が2006年の第26回総会決議5Aを見直すべきか見極めよう  
  としている。  
   
  ◆準惑星の誕生  
   
   格下げの最大のきっかけは2005年、カリフォルニア工科大学の天文学者マイク・ブラウン氏が、  
  冥王星の属するカイパーベルトで冥王星より大きな天体を発見したことだった。「2003 UB313」という  
  仮称が付けられ、第10の惑星になる可能性も考えられた。  
   
   IAUは委員会を招集、惑星の正式な定義を決めることにした。そして2006年、チェコのプラハでIAUの  
  総会が開催され、惑星の定義の草案が投票にかけられた。内容は以下の通り。  
   
  a) 太陽を周回している。  
   
  b) 自身の重力によって内部からの力を上回り、静水圧平衡(ほぼ球形)を保つだけの質量を持つ。  
   
  c) 周回軌道の付近からほかの天体を一掃している。  
   
   投票の結果、冥王星とケレス、2003 UB313を準惑星と呼ぶことに決定した。また、準惑星は惑星の  
  下位に属する存在ではなく、太陽系の天体の新たなカテゴリーとされた。2003 UB313は後に「エリス」と  
  命名されている。  
   
  ◆周回軌道の付近とは?  
   
   IAUの決定で最も賛否が分かれるのは、周回軌道の付近からほかの天体を一掃しているかどうかだろう。  
   
   カリフォルニア工科大学の大学院生としてブラウン氏の指導を受けたクチナー氏は、この定義は特に  
  主観的だと感じている。  
   
  (>>2以降に続く)  
   
  ▽記事引用元  ナショナルジオグラフィック ニュース  
  http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110825003&expand#title  
   
  ▽画像  http://www.nationalgeographic.co.jp/news/bigphotos/images/five-years-after-pluto-demotion_39481_big.jpg
 
  冥王星と最大の衛星カロン。手前は別の衛星  
  Illustration courtesy G. Bacon, STScI/ESA/NASA  
 

【宇宙】冥王星はやはり惑星? 「惑星」の定義に関する議論が再燃
05:19|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年10月11日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1316175237/ 
 
1 名前:チリ人φ ★[] 投稿日:2011/09/16(金) 21:13:57.63 ID:??? 
  禁煙に成功した男性は、喫煙を再開してしまった男性と比べ、「性的健康」が改善する可能性が高いことが、  
  米国の研究で明らかになった。研究チームは調査はまだ最終段階ではないとした上で、禁煙を先延ばし  
  している男性の背中を押すきっかけになればと期待を寄せている。  
   
  研究論文を執筆したVAボストン・ヘルスケア・システムのクリストファー・ハート氏はロイター・ヘルスに対し、  
  「(研究結果が)すべての男性にあてはまるかはわからない」と述べる一方、研究を公表した目的は「男性が  
  禁煙に踏み切るきっかけを作る」ことと語った。論文は泌尿器学の学術誌「British Journal of Urology  
  International(原題)」に掲載された。  
   
  ハート氏と共同執筆者であるテキサス大学オースティン校のシンディ・メストン氏は、自己申告で性的不全では  
  ないとした男性65人を、ニコチンパッチを用いた8週間の禁煙プログラムに参加させた。プログラムの開始前と  
  プログラムの途中、プログラムの数週間後に分けて、研究室で性的描写が露骨な映画を鑑賞させ、反応を  
  調べた。  
   
  男性は映画を見ている間、どのような性的興奮を感じたかを記録。また、測定器により性器の大きさの変化も  
  記録した。これとは別に、研究室の外での性的な関心や満足度についての質問調査も行った。  
   
  調査が終わる段階で、少なくとも1週間禁煙している男性は20人。残りの45人は喫煙を続けていた。禁煙を  
  継続している男性は、喫煙を続けている男性よりも、性器の太さで増大が見られたほか、性交の準備が整う  
  までの時間も短かった。  
   
  ただ、禁煙を継続している男性は「実生活」での性生活が改善したとは報告しておらず、研究室で確認された  
  効果が実生活に波及するには時間が掛かる可能性があることも分かったという。  
   
  ソース  
  http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-23218920110915  
   
 

【性科学】禁煙した男性、「性的健康」改善する可能性 性器の太さ増大、性交の準備が整うまでの時間も短く
05:03|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
記事検索
最新コメント
プロフィール

とある科学の最新情...

QRコード
QRコード