2011年06月

2011年06月22日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1308363130/ 
 
1 名前:宇宙三銃士スターボーφ ★[] 投稿日:2011/06/18(土) 11:12:10.87 ID:??? 
   ロケット打ち上げに関係する自治体や商工関係者らでつくる県(記者注:鹿児島県)宇宙開発促進協議会  
  (会長=伊藤知事)の総会が16日、鹿児島市のホテルで開かれ、宇宙航空研究開発機構の担当者が、  
  2013年度に内之浦宇宙空間観測所(肝付町)から打ち上げる予定の「イプシロン」ロケットの開発状況を説明した。  
   
   イプシロンは、小惑星探査機「はやぶさ」などを搭載したM5の後継となる固体燃料ロケットで、全長24メートル、  
  重さ90トンの3段式。1段目のエンジンは、国産主力のH2Aの補助ロケット(SRB―A)を活用、2、3段目は  
  M5のエンジンを改良する。  
   
   総会で説明に立った同機構プロジェクトマネジャーの森田泰弘さん(53)は、衛星打ち上げ能力は1・2トンで  
  M5の3分の2になるが、費用は38億円と半分に抑えられるメリットを強調。打ち上げ方式を抜本的に変更、  
  管制作業も少人数でできるようにすると説明した。  
   
   森田さんは「固体ロケットの『聖地』である内之浦から新しいロケットを飛ばせるのはうれしい」と喜び、  
  「発射場設備の見直しや新技術の導入で、打ち上げ機会を増やしたい」と話した。  
   
   協議会は、全国で唯一、2か所のロケット発射場を持つ鹿児島で、宇宙機構の事業への協力のあり方を  
  話し合うのが目的。この日は、毎年実施している政府への要望事項について協議した。  
   
   在日米軍の空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の移転候補地として検討されている西之表市・馬毛島について、  
  協議会としては引き続き、宇宙往還機の着陸場建設を求めていくことで合意した。  
   
  (2011年6月18日 読売新聞)  
  http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news/20110618-OYT8T00090.htm  
 

【宇宙産業】新ロケット「イプシロン」開発状況説明[06/18]
10:04|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年06月21日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1308577255/ 
 
1 名前:依頼スレ22@細胞の塊φ ★[] 投稿日:2011/06/20(月) 22:40:55.59 ID:??? 
  【ハンブルク(ドイツ北部)=三好範英】  
   当地で開催中のスーパーコンピューター(スパコン)の国際会議で20日、計算速度を競う世界ランキング「TOP500」が発表され、理化学研究所と富士通が共同開発中の「京」が、1秒当たり8162兆回の計算能力を示して第1位となった。  
   
   日本のスパコンが首位に立ったのは、2004年6月の「地球シミュレータ」(NEC製)以来、7年ぶり。  
   
   「京」は、総予算約1120億円の国家プロジェクト。09年秋の事業仕分けで、いったんは事実上の凍結判定を下されたが、復活した。   
   800台以上のコンピューターのラックをつなぎ、12年6月までに毎秒1京(1兆の1万倍)回の計算達成を目指す。  
   現時点では672台のラックで構成。  
   前回、中国勢として初の1位になった「天河1A」を大きく引き離した。  
   
  (2011年6月20日21時56分 読売新聞)  
  http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110620-OYT1T00914.htm  
   
  *依頼スレ22  
 

【スパコン】日本勢、意地の世界一奪還…スパコン「京」
13:40|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年06月20日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1308449533/ 
 
1 名前:なうなう@うんこなうρ ★[] 投稿日:2011/06/19(日) 11:12:13.22 ID:??? 
  日本原子力研究開発機構は、高速増殖炉「もんじゅ」(敦賀市)で原子炉容器内に落下した  
  ままになっている燃料交換用の炉内中継装置本体を23日にも引き抜く方針を固めた。  
   
  炉内中継装置は直径46センチ、長さ12メートル、重さ3・3トンの円筒形。中央が直径  
  約40センチの空洞になっており、燃料交換の際に空洞を燃料棒が通る仕組み。昨年8月に落下し、  
  接合部が変形したため引き抜けない状態が続いている。  
   
  原子力機構は当日、専用器具を使って装置と原子炉容器上ぶたの一部「スリーブ」(重さ3・6トン)ごと  
  引き抜く計画。引き抜き後順調に作業が進めば今秋にも復旧し、今年度中に40%出力試験を行う考え。  
   
  関係者によると、週明けにじゃばら式の専用器具を設置。23日午前9時ごろには、本体引き抜き作業に着手する。  
  全体の作業終了は深夜になるという。当日は経済産業省原子力安全・保安院が立ち入り検査を行う。  
   
  http://sankei.jp.msn.com/region/news/110618/fki11061802510001-n1.htm  
 

【事故】もんじゅの原子炉容器に落下した中継装置本体を23日に回収「予定」 原子力安全・保安院が立ち入り検査
14:18|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年06月19日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1307452685/ 
 
1 名前:● ◆SWAKITIxxM @すわきちφφ ★[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 22:18:05.35 ID:??? BE:2013396487-2BP(1056) 
   波長が世界最短の「エックス線自由電子レーザー」(XFEL)を発生させることに、  
  理化学研究所と高輝度光科学研究センターが7日、成功した。  
  XFELは、波長が短く物質の細かい構造まで識別できるエックス線と、  
  波の山がそろっていて非常に明るいレーザーの両方の長所を持ち「夢の光」とも言われる。  
   
   理研によると、XFELは加速させた電子を利用し、特殊な装置で発生させる。  
  兵庫県佐用町の専用施設「サクラ」で発生したXFELの波長は  
  0・12ナノメートル(ナノは10億分の1)で、米国施設の0・15ナノメートルを抜いた。  
   
   XFELを使えば、原子の動きや物質が化学反応する様子も観察が可能。  
  創薬やナノテクノロジーの発展につながる可能性がある。  
  理研の田中均XFEL研究開発部門長は  
  「本格運用に向け波長0・06ナノメートルも実現したい」としている。  
   
  msn.(産経ニュース)  
  http://sankei.jp.msn.com/science/news/110607/scn11060721430000-n1.htm  
  http://www.riken.go.jp/r-world/research/results/2011/110607/image/00.jpg
 
   
  理研>プレスリリース  
  「夢の光」をついに実現  
  -X線自由電子レーザー施設 SACLA (サクラ)がX線レーザーの発振に成功―  
  http://www.riken.go.jp/r-world/research/results/2011/110607/index.html  
 

【レーザー】世界最短波長のレーザー 「夢の光」発生に成功…理研
12:04|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年06月18日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1306332272/ 
 
1 名前:依頼195@白夜φ ★[] 投稿日:2011/05/25(水) 23:04:32.39 ID:??? 
  宇宙から反物質が消えた謎探る-東北大、岐阜・神岡町で実験開始  
  掲載日 2011年05月25日  
   
  宇宙から反物質が消えた謎を探る―。  
  東北大学は24日、ビッグバン後の創生期の宇宙で反物質が減少し、物質だけが残った  
  とされるメカニズムを探るプロジェクト「ニュートリノを伴わない二重ベータ崩壊の探索」を  
  開始したと発表した。  
     
  東北大チームは8月半ばから岐阜県神岡町のニュートリノ実験施設「カムランド」で  
  データ取りに入る予定。素粒子の一つであるニュートリノは、電荷がゼロで物質との  
  相互作用がほとんどないため、検出が極めて難しい。実験では400キログラムもの  
  キセノン同位体入りの液体シンチレーター(放射線が当たると蛍光を発生する物質)を、  
  直径3・16メートルのナイロン製バルーンに詰めてカムランドに設置する。  
  24日にバルーン製作を開始した。  
     
  「仏伊などで実施された同様のプロジェクトの4倍以上」(東北大ニュートリノ科学研究センター)  
  という世界最高の検出感度で理論実証に臨む。  
  ___________________  
   
  ▽記事引用元 日刊工業新聞  
  http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720110525eaah.html  
   
  ▽関連  
  東北大学  
  2011年5月24日 11:30 | プレスリリース  
  東北大学、宇宙から"反物質"が消えた謎を探る  
  http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2011/05/press20110524-01.html  
  詳細(プレスリリース本文)pdf  
  http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20110524_1.pdf  
   
  #ご依頼いただきました。  
 

【物理】宇宙から反物質が消えた謎探る-東北大、岐阜・神岡町で実験開始
15:08|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年06月17日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1308141205/ 
 
1 名前:星降るφ ★[] 投稿日:2011/06/15(水) 21:33:25.05 ID:??? 
  太陽が極小期に突入する3つの証拠  
  Victoria Jaggard  
  for National Geographic News  
  June 15, 2011  
   
   太陽の内部、表面、上層大気を調べた3つの研究が、次の太陽周期は大幅に遅れるという予測を  
  出した。さらに、まったく訪れない可能性もあるという。通常であれば、次の周期は2020年前後  
  に始まる。  
   
   各研究のデータを総合すると、太陽活動が異常なほど低下する「極小期」に間もなく突入する  
  可能性がある。1645~1715年のマウンダー極小期以来の活動低下になるかもしれない。  
   
  ◆黒点が力を失う  
   
   太陽の表面に見える暗い低温の点「黒点」は、磁場の活動が激しい領域を示している。地球が  
  すっぽり入るほど大きな黒点も存在する。  
   
   何世紀も前から、太陽磁場の強弱の判断に利用されてきた。1800年代には、黒点が約11年で  
  増減を繰り返す周期的変化が確認された。現在は24期にあたり、2013年ごろに太陽活動が最大  
  になる見込みだ。  
   
   アメリカ国立太陽天文台(NSO)のマット・ペン氏らは最近、アリゾナ州キットピークにある  
  マクマス・ピアス望遠鏡で、13年以上続けられた黒点の観測データを分析した。その結果、右肩  
  下がりで減少を続けている傾向が明らかになり、さらに続けば25期に入っても磁場活動は黒点を  
  生み出すほど強くならないだろうとペン氏らは考えている。  
   
  「黒点はどんどん明るくなっている」とペン氏は述べる。「データから判断して、24期の太陽  
  活動は23期の半分の強さになるだろう。次の周期では、黒点が姿を消すかもしれない」。  
   
  ◆太陽の“ジェット気流”、コロナの磁気現象も不活発  
   
   同じくNSOのフランク・ヒル氏らは、日震学の手法で太陽周期を観測している。この手法では、  
  太陽内部の音波が引き起こす表面の振動から内部構造を推測する。  
   
   ヒル氏らは特に、太陽の表面下に隠れた“ジェット気流”、いわゆるねじり振動を追跡している。  
  この流れる物質の帯は両極付近で発生し、赤道に向かって移動する。磁場を生み出す役割の一端  
  を担うと考えられている。  
   
   黒点は表面下の帯の進路に沿って発生する傾向があり、帯が赤道に近づくと太陽活動が激しく  
  なることが多い。そのため、太陽周期の有効な指標となり得る。「24期のねじり振動は1997年  
  に発生した」とヒル氏は話す。「よって、2008~2009年には25期の流れが発生しているはずだ  
  が、いまだ確認されていない」。  
   
   ヒル氏によると、データを見る限り、25期の始まりは2年ほど遅れた2022年になる可能性が  
  あるという。さらに、25期が始まらない可能性さえある。  
   
   NSOで太陽の薄い上層大気「コロナ」の研究を率いるアメリカ空軍のリチャード・アルトロック  
  氏も、コロナの磁気現象が明らかに変化していることを確認した。  
   
  (>>2以降に続く)  
   
  ▽記事引用元  ナショナルジオグラフィック ニュース  
  http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110615001&expand#title  
   
  ▽画像  非常に穏やかな太陽の表面(2009年撮影)。衛星写真からは、活発な領域がほとんど見られない  
  http://www.nationalgeographic.co.jp/news/bigphotos/images/sun-headed-hibernation_36542_big.jpg
 
  Image courtesy STEREO/NASA  
 

【宇宙】太陽が極小期に突入する可能性 1645~1715年のマウンダー極小期以来の活動低下か
14:54|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年06月16日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1306955616/ 
 
1 名前:TOY_BOx@みそしるφ ★[] 投稿日:2011/06/02(木) 04:13:36.15 ID:??? 
  ◇あなたは大丈夫?「乳児期に固い食べ物を」 学生124人調査  
   
  鶴見大短期大学部(横浜市鶴見区)の後藤仁敏教授と田中宣子講師が、女子学生124人の  
  歯型を調べた結果、若い女性のかむ力が弱くなり、親知らず(第3大臼歯)の退化が  
  進んでいることが分かった。  
   
  後藤教授は「乳児期にもっと固い食べ物をかむ習慣が必要」と指摘する。  
   
  対象は歯科衛生科で学ぶ学生で、18~20歳。咋春、上下のあごの石こう模型を採取し、歯の特徴を調べた。  
   
  歯数は24~32本で平均28・2本。基本の32本は6人だった。上あごの親知らずの欠如が82・2%。  
  その前の第2大臼歯も退化が進み、三角形に変形傾向が見られる。第1大臼歯への影響も出ている。  
  下あごの親知らずの欠如は71・8%だった。  
   
  後藤教授は「人類の歯の退化予測」を新人・現代人段階(抜歯も含め32本)と  
  未来型現代人段階(28本)に分類。  
  調査では未来型が57・3%で、新人・現代人は12・1%、中間(29~31本)が24・2%だった。  
   
  05年から女子学生の歯の調査を続ける後藤教授は「若い女性は、かむ力が年々弱くなっている。  
  歯の退化を防ぐのは、人類史的な重要課題」。田中講師も「ソフトな食品が人気だが、乳児期に  
  しっかりかむ習慣が大切。今年も歯型を調べ、データを積み上げたい」と意欲を示した。  
   
   
  「乳児期にもっと固い食べ物を」と呼び掛ける鶴見大短期大学部の後藤仁敏教授(右)と田中宣子講師  
   http://mainichi.jp/select/science/news/images/20110601mog00m040018000p_size5.jpg
 
  ▽記事引用元 : 毎日新聞 2011年6月1日  
   http://mainichi.jp/select/science/news/20110601mog00m040017000c.html  
  関連スレ  
  【歯学】親知らず、抜かずに切って後遺症知らず 根を残す治療法を数年前から実施/愛知学院大グループ調査 2010/06/01  
  http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1275324925/  
 

【歯学】若い女性の歯退化:鶴見大教授ら学生調査、7~8割が親知らず欠如
10:33|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年06月15日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1307297424/ 
 
1 名前:TOY_BOx@みそしるφ ★[] 投稿日:2011/06/06(月) 03:10:24.02 ID:??? 
  理化学研究所と東大などの国際研究チームは、反物質の一つ「反水素原子」を、  
  1000秒以上真空中に閉じ込めて捕捉することに成功し、5日付の英科学誌  
  ネイチャー・フィジックス電子版に発表した。  
   
  これまでの最長は同チームが昨年11月に発表した0.1秒程度。  
  捕捉時間を1万倍以上延ばしたことで精密観測が可能になり、通常の物質との  
  違いを調べることができる。  
   
  反物質は、現在の宇宙を構成する通常の物質とは正反対の性質を持ち、物質と  
  出会うと光を出して消滅してしまう。宇宙誕生時には通常の物質と同様に  
  生成されたはずで、現在の宇宙に物質しか存在しない理由を解き明かすには、  
  両者の違い(対称性の破れ)を調べることが手掛かりになる。  
   
  理研基幹研究所の山崎泰規上席研究員らは、昨年11月の発表でも用いた  
  装置を使い、磁場などの制御方法を調整することで、生成した反水素原子を  
  1000秒以上の間、強い磁場に閉じ込めることに成功した。  
  これだけの時間があれば、レーザーを使って原子のエネルギー状態を調べるには  
  十分だといい、すでに分かっている水素原子の観測結果と詳細に比較することで、  
  物質と反物質との違いを見いだせる可能性があるという。  
   
  ▽記事引用元 : (2011/06/06-02:16) 時事通信  
   http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011060600018  
  Nature Physics  
   http://www.nature.com/nphys/index.html  
  関連スレ  
  【物理】「反物質」閉じ込めに成功 理研参加の国際チーム 2010/11/18  
  http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1290017958/  
 

【物理】反水素原子を長時間捕捉=1000秒以上、精密観測可能に-理研など国際チーム
10:49|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年06月14日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1307808157/ 
 
1 名前:白夜φ ★[] 投稿日:2011/06/12(日) 01:02:37.20 ID:??? 
  ◇牛から人間の母乳=クローン乳牛が誕生-アルゼンチン  
   
  【ブエノスアイレス9日AFP時事】アルゼンチンの国立農業先端技術研究所は9日、  
  ヒトの遺伝子を移植した、人間の母乳と同様の乳を出すクローン乳牛を世界で初めて  
  作ったと発表した。(写真は、ジャージー種の乳牛)  
  http://www.jiji.com/news/afpnj/photos/AFP027128_00.pre.jpg
 
   
  「ロシータISA」と名付けられたこのジャージー種のクローン牛は、  
  人間の母乳に存在するタンパク質を含んだ遺伝子を組み込んだ最初の牛だという。  
  4月6日に誕生したが、普通のジャージー種の子供に比べて  
  約2倍の45キロ以上もの体重があったため、帝王切開で取り出された。  
  成長すれば、人間の母乳に似た乳を出すという。  
     
  研究責任者は、「我々の目的は、2種のヒトの遺伝子、すなわち幼児に対して抗菌および  
  抗ウイルス作用のあるタンパク質のラクトフェリンと、同じく抗菌作用のあるリゾチームの  
  遺伝子を加えることによって、牛乳の栄養価値を高めることだった」と述べている。  
  〔AFP=時事〕(2011/06/10-11:05)  
  _________________  
   
  ▽記事引用元 時事ドットコム  
  http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_cul&p=027128_00&k=20110610027128a  
 

【生物】牛から人間の母乳 ヒトの遺伝子を移植したクローン乳牛が誕生/アルゼンチン
14:05|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年06月13日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1307535173/ 
 
1 名前:23-289@一般人φ ★[] 投稿日:2011/06/08(水) 21:12:53.22 ID:??? 
   【ワシントン=山田哲朗】米航空宇宙局(NASA)は7日、国際宇宙ステーション(ISS)と  
  ドッキングしたスペースシャトル「エンデバー」を、ロシアの宇宙船ソユーズから初めて撮影した写真を公開した。  
   
   これまでは撮影機会がなく、シャトルは7月に退役するため、最初で最後の“ツーショット”だ。  
   
   ソユーズは5月23日、地球に帰還する宇宙飛行士3人を乗せてISSを離れた。ソユーズは180メートルの  
  距離で回転し、宇宙飛行士が窓からデジタルカメラとビデオで撮影した。  
   
  ▽画像 国際宇宙ステーションとドッキングしたスペースシャトル=NASA提供  
  http://www.yomiuri.co.jp/photo/20110608-386192-1-L.jpg
 
   
  ▽記事引用元  読売新聞(2011年6月8日11時10分 )  
  http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110608-OYT1T00404.htm  
   
  ▽NASA Image of the Day Gallery  
  http://www.nasa.gov/multimedia/imagegallery/image_feature_1969.html  
   
  ▽関連スレ  
  【宇宙開発】エンデバーが任務終え帰還 米シャトル、残るは1回  
  http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1306937516/  
   
  依頼がありました。  
  http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1302789490/289  
   
   
   
 

【宇宙開発】シャトルとISS、最初で最後の2ショット写真
11:09|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)科学ニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
記事検索
最新コメント
プロフィール

とある科学の最新情...

QRコード
QRコード